タイの母の日のは王妃の誕生日!タイ版母の日の風習とは?

882

View

Heiko S

タイにも母の日がありますが、日本の母の日と違う点が幾つかあります。今回はそんなタイの母の日についてお伝えします。

スポンサーリンク

タイの母の日は8月12日

8月12日は現国王の妻、シリキット王妃様のお誕生日です。タイではこの日を「母の日」としております(余談ですが父の日はもちろん現プミポン国王の誕生日である12月5日です)。

バンコク市内を始め、タイの街中ではこの時期になると王妃様の写真や絵が飾られ、タイ国民は青いものを身に着けて王妃様をお祝いします。

デパートで販売される青色のTシャツ

主要デパートやショッピングセンターでは母の日コーナーなどの特設ブース設けられ、王妃様のカラーである水色のTシャツやポロシャツなど関連グッズが販売されます。

タイのデパートに特設された母の日ブース

過去には「Bike for MOM」というイベントがあり、国民が自転車に乗って街を走り抜ける行事が行われましたが、大渋滞の原因となるので、今年は開催されないみたいです。

YouTube

タイ国民が母の日に水色のシャツを着る理由

以前の記事「タイでは曜日別に色と意味がある?自分の曜日を知ってラッキーカラーを身に付けよう!」でお伝えした通り、タイでは、曜日別に色が決まっております。

タイの曜日と色

  • 日曜日:赤
  • 月曜日:黄色
  • 火曜日:ピンク
  • 水曜日:緑
  • 木曜日:オレンジ
  • 金曜日:青(水色)
  • 土曜日:紫

王妃様は1932年8月12日の金曜日生まれでなので、王妃様の旗は水色となっており、母の日も水色の洋服を来てお祝いすることになっております。

スポンサーリンク

タイで母の日にあげるプレゼントはジャスミンの花が定番

タイの母の日にプレゼントされるジャスミンの花

日本では母の日にカーネーションをプレゼントするのが一般的ですが、タイではジャスミンの花を贈ります。

タイのデパートで並ぶ母の日用プレゼント

デパートでは、このような母の日ギフトが並んでいます。

他には、お母さんを連れておいしいごはんを食べにいったりします。過去にMKのタイスキレストランでお母さん無料キャンペーンをやっているのをみました。

また、親孝行として一番疲れもたまり、汚いとされている足をやさしく洗ってあげたりもするそうです。

まとめ

いかがでしたか?この期間にタイに旅行や留学でこられている場合、自分のお母さん、そしてホームステイ先のお母さんにプレゼントをあげてみてはいかがですか?きっと喜んでくれると思いますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 8月12日
  • 水色
  • 母の日

この記事を書いた人

すだめ
すだめ

2015年4月にタイ・バンコクに仕事のため着任しました!まさかの事情によりタイで転職活動をすることになり最近やっとあたらしい職場をみつけ落ち着いたアラサー女子です。韓国、中国、フィリピンと留学し(中国とフィリピンにおいては短期)20代の最後をなぜか まったく自分の人生プランには描かれていなかった タイ バンコクでの海外生活をスタートすることになり奮闘中です。