オランダのバースデーパーティーの習慣は?オランダ流の誕生日の特徴3選

790

View

オランダでは、誕生日を迎えた人がパーティーをセッティングしたり、職場の人々にケーキなどを配ったりと、日本とは違った誕生日のお祝いの仕方があります。今回は私がオランダで誕生日パーティーに参加した際に気づいた点を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1. オランダでは家族全員にお祝いの言葉をかける

乾杯の写真です

オランダでは誕生日を迎えた本人にだけではなく、その人の家族にもおめでとうとお祝いの言葉を掛けるという習慣があります。オランダで誕生日のお祝いに招待されたら、本人だけではなく家族の方にも“Gefeliciteerd“や“Van harte gefeliciteerd"(おめでとう)と声をかけてみましょう。

きっと、とても喜ばれるはずです。

2. オランダには独特の誕生日の歌がある

女の子の写真です

お誕生日の歌といえば、“Happy Birthday to you“を誰もがまず思い浮かべることでしょう。

日本でもよく歌われていますし、全世界でも歌われています。しかし、オランダでは、オランダ独自の誕生日の歌“Lang zal ze / hij leven“を歌うのが普通です。(お誕生日を迎えた方が女性の時には“ze“、男性の時には“hij“で歌います。)

YouTube

歌の終わりに、"Hiep Hiep Hoera!"や"Hieper de piep Hoera!"の掛け声とともに、バンザイのように両手を上げます。オランダでのお誕生日パーティーに参加したら、ぜひ一緒にやってみましょう。

スポンサーリンク

3. プレゼント選びに迷ったら、本人に欲しい物を尋ねる

プレゼントの写真です

誕生日プレゼントを選ぶのは楽しいですが、何を贈ったらよいのか迷ってしまうこともあることでしょう。そういった場合は、誕生日を迎える人に何が欲しいか直接尋ねてみましょう。オランダでは、誕生日を迎える本人の希望する品物を誕生日に贈るということはよくあることです。

本人が欲しいものをプレゼントすることができるので、きっと喜ばれます。デパートや贈り物専門店だけではなく、街の書店などでもプレゼントの包装サービスを提供しています。お店の人に「贈り物用です」と声をかければ、素敵なラッピングを手早く施してくれます。

最後に

オランダでは必ずと言って良いほど家族や友人を招いてお祝いの時間を作ります。それだけ、誕生日が重要視されているということです。もし留学先で誕生日パーティーに招待されたら、ぜひ参加してみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ハウツー
  • 慣習
  • 習慣
  • 生活の知恵
  • パーティー
  • 誕生日

この記事を書いた人

Usagi
Usagi

およそ12年に渡るドイツでの会社員生活を経て、現在はオランダの田舎でパートナーとのんびり暮らしています。