国際関係学発祥の地「イギリス」で学ぶーーロンドン大学の留学経験者インタビュー

1027

View

「Youは何しにイギリスへ!?」なぜイギリスに留学したのか、ロンドン大学キングスカレッジ留学者にお話をお聞きしました。

スポンサーリンク

今回の留学経験者インタビューは、イギリス・ロンドン大学に留学している「サイェド明花(さいぇどじゃすみん)」さん。現在、ロンドン大学キングスカレッジでファンデーションコースに通い、国際関係について学んでいて、今年の夏から1年生になります。そんなサイェドさんのイギリス留学について3回に分けてご紹介します。

第1回となる今回は、「イギリス留学」について伺いました。

留学のきっかけはボランティアで出会ったアメリカ人

ーー まず、留学を決断された理由を教えてください。

高1の頃、東北の被災地にボランティアに行ったんですけど、その時アメリカの留学生と一緒になったんです。その人の日本人とは違う考え方に触れて、海外へ行く意欲が湧き始めました。そして高校2年生の頃に留学を決意しました。

ーー アメリカの留学生に触発されたんですね。その決断をした時、何か不安なことはありましたか?

私の性格もあるのかもしれませんが、特に不安なことはありませんでした。

ですが、実際に来てみると、驚いたことはいくつかあります。飛び級していて、自分より年下の人が多くて驚きました。日本とは違いますからね。あとは、周りの留学生はネイティブ並みに英語が話せる人が多かったり、特にヨーロッパの人は歴史について詳しかったので、自分は少し不利だと感じました。

ーー お金の面ではどうでしたか?

日本にいた時に、バイトを3、4個掛け持ちして留学費用を貯金していました。せっかく留学に向けてバイトをするので、英語を使うバイトを選んでいました。築地の場外市場で外国人観光客にアイスを売ったりしていましたね。

ーー 計画的に準備されていたんですね。それでも、日本でやっておけばよかったと思うことはありますか?

大学が授業で使う文献のリストをウェブサイトにアップしているのですが、留学前にその本を読んでおけば良かったと思いますね。授業はもちろん英語ですし、歴史について深く掘り下げるので、今大学で学んでいる国際関係学の本を一冊でも読んでいれば授業をより深く理解できたのではないかと思います。

国際関係学発祥の地イギリスで学びたい

ロンドン大学のチャペル

ーー アメリカ人留学生に触発されて留学を決意したとのことですが、なぜ留学先はイギリスだったんですか?

まずアメリカは銃が怖いというのがあったので選びませんでした。一方、イギリスは日本とよく似てると思ったので留学先に決めました。どちらも島国だし、お茶文化もあり、魚を食べる食習慣があります。列に並ぶのもいとわないですし。駅でぶつかりそうになった時とか、日本人以上に謝りますよ。

それに、イギリスは留学生が多くて色んな国の人がいます。まあ一番大きな理由は、学びたかった国際関係論の発祥の地であるということです。

ーー 日本とそんなに似ているとは意外でした。逆に、違うと感じるのはどういう点がありますか?

日本と違うのは、移民が多いので外国人に対して配慮があるということですね。すぐ助けてくれる印象があります。一度、セルフレジの使い方が分からなくて困っていた時に、近くにいた人に聞いたら優しく教えてくれました。

それに関連した話でいうと、日本人に比較的優しいです。そのセルフレジの時も、私が日本人だと知ったらニコっとして教えてくれたんです。特に同世代の子には日本好きが多くて、アニメ、漫画に詳しいです。アニメや漫画も翻訳ではなく日本語で読みたいらしくて、ちょくちょく聞かれるので教えてあげます。

スポンサーリンク

日本の歴史を学んでおくべき

ーー やっぱり日本のアニメと漫画はイギリスでも人気なんですね。そういった日本文化は日本にいるとき親しんでおいたほうがいいと思いますか?

思いますね。私はアニメや漫画とあまり接してこなかったので、こっちでアニメと漫画の質問に答えられないことがよくあります。そういうのを読んでおけばよかったなと今は思います。

あと日本の文化だけでなく、歴史についてしっかり学んでおくべきだと思います。中国人や韓国人と接するうえでも、日本の歴史について理解を深めておくことが必須です。イギリス人の先生が授業で日本の韓国併合についてやったとき、当然日本人の意見を聞かれますし答えられないとまずいですから。特にイギリス、フランス、ドイツなどのヨーロッパの学生は授業中かなり激しい議論をします。彼らはとても歴史に関心があり、詳しいので、アジア人はただ見ているだけということもあります。

まとめ

今回は「イギリス留学」についてお聞きしました。イギリスは日本と似ている部分が多いみたいです。日本人も留学生活を送りやすいかもしれません。それに、やはり漫画、アニメなどの日本文化はイギリスでも人気みたいで、見ておく価値ありですね!

さて、次回は「ロンドン大学」と「国際関係学」についてお聞きします。

今回紹介したロンドン大学キングスカレッジの口コミ

キングス・カレッジ・ロンドンのロゴです
名称King's College London(キングス・カレッジ・ロンドン)
国・都市イギリス / イングランド / ロンドン
学校形態大学大学院
住所Stamford St, London SE1 8WA イギリス
電話番号+44 20 7836 5454
公式サイトhttp://www.kcl.ac.uk/index.aspx
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/10377/

インタビュアー

保坂福斗(ほさかふくと) / 早稲田大学一年 / アブログインターン生

関連記事

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • 体験談
  • 国際関係学
  • King's College London

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/