お花見でアルコール禁止?カナダのアルコール事情

1641

View

留学で友人を作る方法の一つが飲み会の場に行くことだと思います。お酒は万国共通のコミュニケーションツールですが、カナダでは日本と比べて、アルコールに関して厳しい法律があります。ここでは気になるカナダのアルコール事情を紹介します。

スポンサーリンク

飲酒は何歳から?

アルバータ州、ケベック州、マニトバ州、アイランド州では18歳から飲酒可能ですが、留学先として人気なバンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州、トロントのあるオンタリオ州では19歳からです。

簡単にアルコールが買えない

日本ではコンビニエンスストアや自動販売機などでいつでも簡単にアルコールを購入できますが、カナダではライセンスを取得したリカーストアのみでしかアルコールを買うことができません。また、多くのリカーストアは19時頃には閉店するので、お酒好きの方はストックしているアルコールが少なくなってきたら早いうちにリカーストアに走ってください。

レストランやパブ、ナイトクラブも全て夜中の2時には閉店します。リカーストアやパブに行く際にはID、もしくはパスポートを持って行くことを忘れずに。日本人は若く見られる傾向があり、多くの確率で身分証明書の提示が求められます。

スポンサーリンク

公共の場での飲酒禁止

カナダでは公共の場での飲酒が禁止されていて、見つかると罰金です。ビール片手に夜桜を見る、ビール片手に海を眺める、などできません。よく海外ドラマや映画などで、お酒を茶色い紙袋に包んだまま飲んでいるのを目にしませんか?それにはこういった理由があるからです。また実際にビールなどをジュースのペットボトルに移して、ビーチで飲んでいる人たちもよく見かけました。

私も一度リカーストアからそのままビーチに向かい、友人たちとビールを楽しんでいたのですが見つかってしまいました。罰金は免れたのですが、残っていたビール全てその場で捨てる羽目になりました。気を付けてください。

飲酒運転はオーケー?

カナダでは運転できる許容範囲の血中アルコール濃度基準値が日本と比べると高いです。日本は0.3mg/ml以上ですが、カナダは0.8mg/ml以上という規定があります。カナディアンの目安は「1時間に1杯くらいなら大丈夫」なようです。しかし、日本人の半数はアルコール低濃度時の分解産物である「ALDH1」が少ないか欠けているという事実があるので、飲んだら乗らないを徹底するべきでしょう。

運転免許証の種類によって一切の飲酒が認められません。留学生やワーキングホリデーの方が持つ日本の免許証から書き換えたものは、一切の飲酒は認められていません。また車内にアルコールの空き缶などがあるだけで罰せられるようです。

最後に

留学生活を楽しむために友達と楽しく飲むことも大事です。しかし、気が付かないうちに違反していた、とならないためにカナダに留学する前に、アルコール事情については頭に入れておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

みお
みお

旅行とダイビングが好きな大学生です。長期休みには基本ぷら〜っと一人でどこかに行きます。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)