留学先で恋に落ちたら?外国人と付き合うときの5つの壁と乗り越え方

1250

View

留学中に素敵な恋人ができる人もいるかもしれません。実際に、筆者はフランス人の今の夫が留学中に知り合いました。日本人同士のカップルより難しいことが起きるのがインターナショナルカップル。長続きするために大切なことをお伝えします。

スポンサーリンク

1.言葉の壁

インターナショナルカップルにとって言葉の違いは、とても大きな問題です。私の夫は幸いにも日本語が流暢ですが、筆者が出会った日仏カップルは、相手が日本語を話さないので、フランス語や英語のみで会話をしており、言葉が相手に伝わらないこともあって、苦労していると話していました。

筆者自身は逆パターンで、筆者がなかなかフランス語が上達しなかった時期に、夫のフランストレーションが溜まってしまったことが何度もありました。

今は、日本語だけではなく、フランス語と英語でも会話をするようになり、お互いに相手の言葉を知ることの大切さを知りました。相手の母国語を理解することは、カップルが長続きする秘訣だと思います。

2.文化の壁

以前出会ったフランス人と留学中の日本人のカップルは、片方が相手の文化をあまり知ろうとしていない感じでしたが、やっぱり別れてしまいました。付き合いが長くなると、始めは気にならなかった文化の違いが出てきます。普段から、お互いに自分の文化を紹介することや、違いを受け入れる柔軟な姿勢が大事だと思います。

フランスと日本の場合、約9000キロも離れているので相手を知れば知るほど、誤解されていることも多いことに気がつきます。できれば、一度はお互いの国を行き来してみると、お互いの文化をもっと深く理解できると思います。

3.食べ物の壁

インターナショナルカップルは食べ物の違いも問題になります。筆者の場合は、フランス人が好物のウサギの肉やチーズがダメで、夫は納豆と梅干しがダメと、お互いの国の名物の味が分からないという問題がよく起きます。嫌いな物は、お互いに相手の前でなるべく食べないよう気を遣っています。

また、お互いの国の料理方法が違うということもあります。その場合は、お互いに教え合い、一緒に作ってみることをおすすめします。日本の料理とフランスの料理のコラボレーションなど、新しい料理も発見できますよ。

スポンサーリンク

4.趣味の壁(インドア派とアウトドア派)

インドア派とアウトドア派という問題は、付き合いが長くなればなるほど問題になります。フランスには大自然が多いので、フランス人はアウトドア派の人が多いです。日本は買い物の国なので、休日はショッピングを楽しむという感覚がありますが、フランスでは休日はお店が休みなので、買い物が趣味ではない人も多いです。そのため、日本人に多い都会派やインドア派は戸惑ってしまうかもしれません。

相手の趣味に誘われたら、まずは一緒にトライしてみることをおすすめします。日本では人目を気にしてしまうことでも、フランスではその心配もなく、楽しめることもあります。無理に相手に合わせる必要はありませんが、お互いが楽しめる共通な趣味の時間を作ることも長続きのコツだと思います。

5.距離の壁(遠距離恋愛)

インターナショナルなカップルが遠距離恋愛をすると、本当に人生で縁のある人なのかどうかが、はっきり分かれます。

筆者自身は、夫の留学形態がダブルディグリー(複数の国内外の大学で単位を与えるシステム)だったので頻繁にフランスと日本の大学院を往復したり、時には別な外国の学会に何ヶ月も行ってしまうことがありました。また、東日本大震災の際には、フランス政府の通達でフランスに帰国しなければならないということもありました。そのため、離れている時期が多かったです。

大震災のときは、もうダメになるかと覚悟を決めたこともありました。ところが、夫が連絡をマメにする真面目なタイプだったので長続きしました。お互いに連絡をきちんとすることが、「相手を思いやる気持ち」の絆になると思いました。

相手が離れているときは、自分の国で自分の生活を一生懸命がんばることが相手に依存しないでいられる長続きの秘訣だと思います。もし、関係が続かない場合、フランス人は別れがあっさりしている人が多いので「来る者は拒まず、去る者は追わず」と、きっぱりあきらめた方が良いでしよう。

どんな状況でも、一人でも大丈夫な自分を作る時間が、インターナショナルな遠距離恋愛を乗り越える秘訣だと思います。

まとめ

フランスの大学生も、外国人の留学生とカップルの人がたくさんいますが、国が違うと大変だという話をしていました。お互いの努力が必要ですが、国の違いや距離の問題は乗り越えられます。

留学中に素敵な人に出会ったら、頑張ってみてください。もしかしたら、未来を約束する関係に発展するかもしれませんから。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 恋愛
  • カップル

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/