カナダのホームステイって実際どうなの?ホームステイのメリット・デメリットとは

1304

View

カナダ留学では大学の寮の他にホームステイも一般的な滞在方法です。今回はそんなカナダでのホームステイのメリット・デメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

ホームステイとは

ホームステイとは留学先、ワーキングホリデー先でその国の一般家庭に滞在し、生活体験をする滞在スタイルです。カナダの場合、代々カナダで暮らすカナダ人の家庭と移民の家庭などホストファミリーの持つ文化背景は多様で、様々な文化体験ができます。

ホームステイのメリット

1.英語を話す機会が多い

もちろんホストファミリーとのコミュニケーションはすべて英語。たどたどしい英語を話してもホストファミリーは意味をくみ取って親切に話を聞いてくれます。お願いをすれば学校の宿題を添削して文法のミスを指摘してくれることも。授業ではなく日常生活では間違いを気にすることなく気軽に英会話の練習ができることもホームステイのメリットの1つ。

2.食事がでる

食事の有無を選べる場合もありますが、ホームステイ費用には基本的に食事代も含まれています。ホームステイ先によって朝はセルフ、昼は前日の夜ご飯をタッパーに詰めて持って行く、夜はホストファミリーが振る舞って一緒に1日の出来事を話しながら食べる、といったように食事の心配をすることなく過ごせます。親御さんも安心できるでしょう。

3.文化体験ができる

ホストファミリーと生活を共にすることで日常生活からカナダ、そしてホストファミリーのバックグラウンドにある国の文化を体験できます。私が滞在したホストファミリーはインドからの移民で、カナダの文化だけではなくインドの衣類、食、考え方からインドの文化にも触れることができました。多様な文化に触れられるのも多民族国家であるカナダのホームステイの魅力です。

スポンサーリンク

ホームステイのデメリット

1.時間に制約がかかる

ホストファミリーによってはシャワーや帰宅の時間が細かく決まっていることも。私のホームステイ先では、シャワーは早朝を避けて22時まで、帰宅時間はSNSで連絡することが決められていました。門限があると夜に友達と出かけづらくなるかもしれません。

2.当たり外れがある

カナダでは多くの家庭がホストファミリーとして留学生を受け入れています。中にはお金目的で受け入れている、英語が満足に話せない、ほとんど交流してくれない家庭もあります。また食事が日本人の口に合わないことも…

3.学校から遠いこともある

ほとんどのホームステイ先では学校まで公共交通機関に乗る必要があります。私が留学した大学では、45分圏内の地域にある家と定められていたため比較的近い家庭でしたが、慣れないバスに乗って通学するのは大変でした。

まとめ

いかがでしたか?カナダでのホームステイは英語力を伸ばし、様々な文化に触れるにはもってこいの滞在方法です。長期間ホームステイするのはちょっと…という方もまずは短期から経験してみるのはどうでしょうか?

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Aya
Aya

田舎から東京に出てきた大学生。8月から1年間スウェーデンへ留学予定。ヨーロッパを鉄道で旅するのが夢。