ホストファミリーってどんな人?ホストファミリーのインタビュー記事を紹介!

3807

View

Language Teaching Centre

ホームステイの体験談はよく目にするけれど、ホストファミリーの体験談を見たことがある人は少ないのでは?ホストファミリーへのインタビューを掲載した語学学校のブログをご紹介します。ホストファミリーはどんな思いで留学生を受け入れているのでしょうか?

スポンサーリンク

留学の醍醐味の一つと言えば、ホームステイです。その国の文化や生活様式に直に触れることができ、現地の人との国際交流が一番手っ取り早くできる場です。四六時中英語を使うことで、英語力が飛躍的に伸びることも期待できます。

一方で、言葉の壁や生活習慣の違い、個人の性格の違いに悩まされることがあるのも、ホームステイです。

しかし、これはよく考えてみれば当然のことです。
言葉も習慣も同じ日本ですら、突然知らない家族と生活することになったら、誰でも戸惑ってしまうはずです。

言葉も習慣も文化も違う海外の家庭で生活するとなったら、一筋縄ではいかないことが起こるのは当然です。

そしてそれは、ホームステイをする留学生側だけではなく、留学生を受け入れるホストファミリーにも同じことが言えます。
様々な国から様々な性格の留学生が自分の家にやって来て、生活を共にします。そこには新鮮で楽しいこともある反面、不便なことも多いはずです。

ホストファミリーの中には、ビジネスとして割り切って留学生を受け入れている家庭もありますが、そうではなく、温かく留学生を受け入れ、新しい国での生活をアシストしてくれる家庭もあります。

ホストファミリーたちは、どんな思いで留学生を受け入れているのでしょうか?

イギリスのロンドン・ブライトン・イーストボーンに校舎がある語学学校「Language Teaching Centres (LTC)」が、ベテランホストファミリーの一人にインタビューを行い、学校ブログに掲載しているので、少しご紹介しましょう。

Christine McMahonさんへのインタビュー

Christine McMahonさん
Language Teaching Centres

(Christine McMahonさん)

LTCのホストファミリーを始めてからどれくらいになりますか?
 ――1980年代の後半からイーストボーンでLTCのホストファミリーを始めました。90年代初頭からしばらくは、留学生の受け入れを止めていましたが、2004年に再度受け入れを始めました。

ホストファミリーをしていて、一番楽しいことは何ですか?
 ――家の中に若い人がいるのは本当に楽しいです。ホームステイを終えた後も連絡を取り合っている留学生もたくさんいます。我が家で2度目のホームステイをした生徒もいます。

初めて受け入れた留学生を覚えていますか?
 ――最初の留学生は17歳のイタリア人の女の子でした。我が家の2人の子供達は、彼女が大好きになりました。当時はEメールやFacebookがなかったので、もう連絡が途絶えてしまって、本当に残念です。

受け入れをした留学生を訪ねたことはありますか?
 ――3年前に夫婦でタイを訪れ、我が家でホームステイをした子がバンコクを案内してくれました。昨年はイスタンブールを訪れた時に、過去にホームステイをした2人が私たちにトルコ流のおもてなしをしてくれました。他にも、日本、オーストリア、コロンビアからも招待を受けていますが、まだ実現していません。

新しい留学生が家にやって来た時、どんなことをしますか?
 ――我が家にやって来る留学生の中には、この留学が初めてのイギリスという留学生も結構います。初めて親元を離れてやって来た子もいます。どの留学生もとてもナーバスになっているのがすぐに分かります。
私は家の案内をし、それからwifiのパスワードを教えます。すると皆たちまち嬉しそうにするのです。だから、家族に連絡を取りなさいと話します。お母さんはきっとやきもきしているからってね。
夜は一緒に食事を取り、留学生が自分の事やその日の出来事を話せるように促します。皆シャイで、英語の会話に自信がなさそうですが、もし彼らが間違えた時は、英語を直してあげます。こうすることで、彼らは間違いから学ぶことができます。

イギリス生活を上手くやっていくために、留学生に何かアドバイスはありますか?
 ――私は、我が家へやって来た留学生にいつもしているアドバイスが一つあります。それは、「イギリスの天気の悪さに流されて積極性を失わないで!」ということです。留学生は、留学するためにたくさんのお金を費やしていますから。
留学生たちがイギリスで過ごした素晴らしい思い出と共に自国に帰国し、英語を話すことにもっと自信を持てたなら、我が家でのホームステイの役割はとても重要だったのだと思うことができます。

スポンサーリンク

おわりに

ホームステイの注意事項やホームステイを体験した留学生の感想はよく目にしますが、今回のようなホストファミリーへのインタビューは珍しいです。
下記のLTCのブログでは、インタビュー記事全文を読むことができます。英語の練習も兼ねて、ぜひ読んでみてください。

Featured Homestay: Christine McMahon

インタビューからは、Christineさんがホームステイの受け入れを楽しみ、留学生を温かく見守っている様子が伝わってきます。彼女の家庭でホームステイした留学生は、きっとたくさんの素晴らしい経験をしたに違いないと想像することができます。

冒頭に書いたように、ホームステイは楽しいことばかりではないですが、だからこそ、楽しい事も辛い事も全部含めて、他ではできない貴重な体験ができるのではないでしょうか。

ホームステイが体験できる学校は、世界中にたくさんあります。
異国の地でホームステイを体験し、新しい世界、新しい自分を見つけてみてください。生涯忘れることができない経験が待っているかもしれません。

お問合せ

下記の学校情報ページより、記事内に登場したLanguage Teaching Centres(LTC)へ直接のお問い合わせが可能です。

ランゲージ・ティーチング・センターズ・ロンドン校のロゴです
名称Language Teaching Centres London(ランゲージ・ティーチング・センターズ・ロンドン校)
国・都市イギリス / イングランド / ロンドン
学校形態語学学校
住所100 Warwick Road W5 5PT Ealing, United Kingdom
電話番号+44 20 8566 2188
公式サイトhttp://www.ltc-english.com/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/13327/
ランゲージ・ティーチング・センターズ・ブライトン校のロゴです
名称Language Teaching Centres Brighton(ランゲージ・ティーチング・センターズ・ブライトン校)
国・都市イギリス / イングランド / ブライトン
学校形態語学学校
住所55-61 Portland Road BN3 5DQ Hove
電話番号+44 1273 735975
公式サイトhttp://www.ltc-english.com/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/13328/
ランゲージ・ティーチング・センターズ・イーストボーン校のロゴです
名称Language Teaching Centres Eastbourne(ランゲージ・ティーチング・センターズ・イーストボーン校)
国・都市イギリス / イングランド / イーストボーン
学校形態語学学校
住所Compton Park Compton Place Road BN21 1EH イーストボーン
電話番号+44 1323 727755
公式サイトhttp://www.ltc-english.com/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/13329/

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • ホストファミリー
  • ホームステイ
  • 語学学校
  • ランゲージ・ティーチング・センターズ・ブライトン校
  • LTC
  • ランゲージ・ティーチング・センターズ・イーストボーン校
  • ランゲージ・ティーチング・センターズ・ロンドン校

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)