留学成功の近道は外国人の気持ちを知ること?オランダ人が日本で感じる習慣の違い3選

614

View

外国人に日本人はどう思われているのでしょうか?それを知ることは自分を客観的に見れるという意味で、留学にも役立ちます。今回はオランダ人へのインタビューを記事にしました。オランダ人が日本で暮らすと、文化や習慣の違いや慣れてないことが色々あるようです。オランダ人が思う、日本で慣れないこと3選です。

スポンサーリンク

1.答えがYES/NOじゃない

When I ask a yes no question, often the answer is not yes or no. But Japanese people can understand each other.

YES/NOの質問でどちらでもない返事が来ると混乱するようです。例えば、彼女が日本人に「今度の金曜にカラオケに行こうよ」と聞いた時、返事がが「ちょっとあれかな」などだとイエスかノーかわからないそうです。そして、その返答の意味が日本人的にはNOだと知ると「Why Japanese people!!」となるようです。

また、シンプルにNOと答えてしまうと失礼になるのでは、といつも心配していると言っていました。

答えがYES/NOじゃない時の外国人
厚切りジェイソン

2.柔軟性に欠ける

官僚主義的というのでしょうか。日本人は一回決まったことを思い切って変えることが苦手だとオランダ人は感じるようです。ルールがあると、それから外れることができない。例えば、行きたくない飲み会に行く、などの行動は理解に苦しむようです。

スポンサーリンク

3.気配りができる

日本人は礼儀正しい。周囲の人間の気持ちをとても気にする、といい意味で感じるようです。電車やバスを待っている時に自然と列ができることや、ぶつかった時にすぐに謝ることはオランダ人にとって驚きのようです。

ガリガリ君が数十年ぶりに値上げした際に謝罪会見を開きましたが、オランダでは決してあり得ないと言っていました。

YouTube

最後に

外国人が日本に来てどう思うかは、これから留学する日本人にとって、とても有益な情報です。自分が留学先でどう見られるか想像できるし、外国人の習慣を事前に知れるからです。日本人の良さを出しつつ、外国の習慣を学ぶことであなたの留学はもっと充実したものになるでしょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

れいたろう
れいたろう

高校時代にアメリカに1年留学。都内の某国立大生。2か月かけてヨーロッパ横断経験あり。2016年9月からロシアに1年間留学予定。