アメリカ人に通じなかった!和製英語だった食品名7選

7050

View

アメリカで生活をして、今まで英語名だと思って使っていた名前が和製英語で、通じなかった食品名を紹介します。

スポンサーリンク

1.フライドポテト

アメリカ・カナダでは、フライドポテトは英語で「French fries(フレンチフライズ)」です。私は未だに間違えてしまい、間違えるたびに不思議な顔をされます。

2.キャンディ

キャンディは英語で「Hard Candy(ハードキャンディ)」です。アメリカでキャンディというと、チョコレートかグミなのか伝わらないので気をつけましょう。

3.パクチー

パクチーは英語で「Cilantro(サランチョロ)」です。料理が得意だったり好きな方は知ってそうですね。アメリカ人にとってサランチョロといえばメキシカンフードだそうです。私たち日本人からしたらタイフードですよね?

4.バジルソース

バジルソースは英語で「Pesto(ペスト)」です。バジルソースでも伝わらないことはないですが、アメリカ人はペストと呼んでいます。購入する際も名前を覚えておかないと見つかりません。

スポンサーリンク

5.ジュース

ジュースは英語で「Soft drink(ソフトドリンク)」です。アメリカでJuiceと言うと、100%果汁ジュースのことになります。100%果汁以外の飲み物はSoft drinkです。

6.アメリカンドッグ

アメリカンドッグは英語で「Corn dog(コーンドッグ)」です。トウモロコシの粉であるコーンミールから作られているため、この名前だそうです。

7.ホットケーキ

ホットケーキは英語で「Pancake(パンケーキ)」です。日本でパンケーキというと、生クリームがたっぷり乗ったブルーベリーが添えてあるようなのを想像しますが、ホットケーキのことです。

最後に

食品名ではありませんが、マクドナルドのハッピーセットは、Happy Meal(ハッピーミール)ですし、◯◯◯セットは◯◯◯コンボと言います。現地の人に、和製英語の話をすると盛り上がりますよ★

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

マルコ
マルコ

英語が全然できない状態でアメリカ生活が始まり今でも四苦八苦しています。勝手の違うアメリカで得た情報を共有できたらいいなと思っています。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)