「Good luck!」もNG?教養がある人が口にしない英語表現<後編>

6108

View

前回に引き続き、とある記事で紹介されていた「スマートな人が決して口にしないフレーズ」の残り4つを、筆者の説明も加えながらご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに

先日お届けした「you look tired」はNG?教養がある人が口にしない英語表現<前編>は、お役にたてましたでしょうか?今回の後編では「幸運を!」よりも、より気持ちが伝わる相手へのエールの送り方などをお伝えします。

As I said before.(前にも言ったように)

誰だって時間が経てばさまざまなことを忘れてしまうものです。それを何かにつけて「前にも言ったように」と繰り返す人がいます。これを会話や返事の冒頭につけることは、あなたの考えに関心を持って話を聞こうとしている相手に対して、きつすぎる表現になりかねません。

「また言わなきゃいけないの?記憶力大丈夫?」と相手を侮辱しているような印象を与えてしまうことすらあります。その上、このような話し方をする人は「私はあなたよりも優れている」と、過剰な自意識を持った印象を周りに与えてしまうようです。

あなたが何度も同じことを繰り返し伝えているのに、相手がそれを気にしてなく、すぐに忘れてしまうと感じた場合は、苛立つのは当然です。ですが、「前にも言ったように」ではなく、どうしたら相手にその事柄に興味をもってもらえ、簡潔ながらも強く印象づけることができるか、話し方を考えてみましょう。

Good luck!(幸運を!)

これはポジティブな表現で決して失礼ではありません。ですが前回の記事に引き続き「教養ある人が話すべきフレーズではない」リストに「微妙ではあるが」と、挙げられていました。

テストや面接の前に「幸運を!」「上手くいくといいね!」と相手を励ますのは良いことに間違いはありません、ですがもっと素敵な伝え方があります。「Good luck!」は下手すると、その人物が成功するには幸運が必要だということをほのめかすことになりかねません。

そこで、代わりに「I know you have what it takes.(君には才能・能力があるよ)」という言葉をかけてみてはいかがでしょうか?

「あなたにはその試験や面接にパスするのに充分なスキルがあるんだから。」こう伝えたほうが、ただでさえ神経質になっている相手に、ただ幸運を祈るよりも勇気と自信を与えることができるかもしれません。

何人からも言われる「幸運を!」より、相手の心にはあなたの言葉が心強く残るのでは、と思います。

スポンサーリンク

It’s up to you.(あなたに任せるよ) / Whatever you want.(あなたがしたいようにすれば良いよ)

あなたがどんなに相手からの質問に無関心でも「あなたに任せるよ」もしくは「あなたがしたいようにすれば良いよ」などと答えるのは、優しいようで相手の相談に興味がないように聞こえてしまうかもしれません。

もしあなたがその質問に無関心、もしくは知識がなく答えようがなくても「あまり解らないから私だけの意見だけど、これはこの点が良いように思えるな、でももう1つの案も悪くない、君はどう思う?」など、会話に参加しましょう。

「こっちにしなよ。」と決めなくてもいいですから、相談に乗る姿勢を見せたほうが、ただ投げ出し相手に任せるより、「きちんと一緒に考えてくれてるんだな。」という印象を与えるかと思います。

Well, at least I’ve never〜(少なくとも自分は決して〜していない)

あなたがミスを犯したとします。自らのミスを認めないで、謝る前に早口で「少なくとも、私は誰かさんがしたような酷い間違いは決して犯したことがないもの。」などと、自分のことを棚にあげ、他人の過去の失敗をネタしたら皆はどう思うでしょうか。残念ですが、イギリスにはこう言って決して謝らない人も少なくないのです。

自分のミスをうやむやにし、ごまかすような発言は余計にジタバタと必死で滑稽にうつります。スマートなあなたが使うものではありません。自分のミスはきちんと認め「ごめんなさい。」そう謝罪する勇気を持ちましょう。その方がずっとその場を和ませ、問題もより早く解決することでしょう。

まとめ

いかがでしたか?前回の記事とあわせてお役に立てましたら幸いです。
皆様の留学生活を心より応援しています!

Have a lovely day!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3036 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4242 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1191 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1679 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

モモグラモ
モモグラモ

イギリスのロンドンはウィンブルドンに住んで9年目です。元ハリーポッターに出演していた夫(南アとオランダのダブル国籍です)と二人暮らしです。私がいっぱい涙が出るくらい恥ずかしい思いをしつつ経験してきた生活の知恵、英語の言い回し、イギリスの穴場やこぼれ話をお届けできたら嬉しいです。またBAFTAの試写会でのセレブリティーの写真もご紹介できたらと思います。