【フランス】オランド政権の要、マニュエル・ヴァルス首相を知っていますか?

2514

View

Wikimedia Commons

フランスのオランド政権を支えるマニュエル・ヴァルス首相について紹介します。

スポンサーリンク

マニュエル・ヴァルス首相とは?

2015年、日本に初来日して話題だったフランスのマニュエル・ヴァルス首相は、オランド政権の舵取りをしている重要人物です。ヴァルス首相は純粋なフランス人ではなく、スペインで生まれて国籍をフランスに変えました。本当は外国人だった人です。

政治家として当確を現す前から、「朱に交わらない確固たる自分」を持った強い発言が目立つ存在で、オランド大統領は、その強気でエネルギッシュなリーダー的な素質を見抜き、首相に抜擢しました。容姿からも分かるように、キリッとした固い人物という印象がフランスでは強いです。

ヴァルス首相のオランド政権での活躍

オランド政権にて特に目立ったヴァルス首相の活躍は、マクロン大臣とのタックを組んだ斬新な経済改革案「マクロン法案」です。この法案は、改正がかなり必要かもしれません。各地でデモが勃発しているので、フランス社会で本当に実現するのか?現在はかなり不透明で、この法案が足踏みしている感じです。

フランスのテロの時期のヴァルス首相は、フランスの安全対策のため「テロとの戦争」を表明しました。フランスはオランド大統領の非常事態宣言のもと、完全ではありませんが国境を形の上で閉鎖状態にしました。その後、現在はテロの問題は静かになりましたが、テロの恐怖がいつ起きるか分からない不安があります。

ここ数年、フランスでも移民問題に惑わされるようになり、問題にならない程度の人たちを受け入れました。その後、ヴァルス首相は「フランスは移民をもう受け入れられない」と、特にドイツに厳しい態度をはっきり表明しました。

ここ最近は、ヴァルス首相も任期が最後の一年でかなりお疲れなのか、的外れな改革案を提案をしてしまいました。その内容は、「テロで問題になった犯人が二つ国籍があり、フランスの国籍を持っていればフランス国籍の方は取り上げる」というかなり?意味不明な改革案だったので、あっという間にダメになりました。

オランド政権では、あまり国の改革が大胆ではなかったので、最後に一つでも、大きな改革をしようと焦ったのが裏目に出たようでした。この失敗は、オランド政権の大失敗の一つに加わりました。

スポンサーリンク

ヴァルス首相の印象的な演説

フランスで大規模なテロ事件が起きたときにヴァルス首相が緊急演説をしました。途中「En France・・・」とヴァルス首相の演説の声が、かなり力が入りすぎて変な声に裏返り、それまでの威厳が一瞬コケてしまい、「それでホントに首相、大丈夫か?」とツッコミたくなりましたが、激怒の感情が込められた情熱的なスピーチが印象的でした。

プライベートも情熱的な離婚・再婚

ヴァルス首相は、前の奥さんとの間に4人の子供がいますが、突然、今のヴァイオリニストの奥さん(アンヌ・グラヴォアン)に出会ったことで、離婚。あっという間に再婚してしまいました。そんなスピード感のある人生の切り替えが出来る情熱的なエネルギーがあったからこそ、スペイン生まれでも、フランスの首相になれたのかもしれません。

まとめ

オランド政権は所謂「左の党」ですが、ヴァルス首相とマクロン大臣は、現実的な物の見方をするので、オランド大統領は心が大きいのか、名前の似ている自分とは考えが違う現実派の二人を上手になんとかコントロールしてきました。

お父さんはオランド大統領で、ヴァルス首相がお兄さん、マクロン大臣が弟のような感じでしようか。ときどき二人は兄弟で暴走してしまいます。

最近は、ヴァルス首相を中心に大失敗があったので、マニュエル首相はあまり表立った感じではなく、オランド大統領は、その失敗の批判に耐えました。今度は、エマニュエル大臣が自分の党からはみ出して、独立したいとパタパタ自由行動しているので、オランド大統領は、お父さんのように自由奔放な子の手を引っ張って左に引き戻すのが、最後までかなりたいへんであろうと思われる今日この頃です。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • 政治
  • マニュエル・ヴァルス

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!