「醤油」「マヨネーズ」は中国語で?身近な調味料の中国語12選

1222

View

中華料理でも、醤油、酒、ごま油など、日本でも身近な調味料がよく使われます。中国語で調味料は「调料」。すべてが漢字をそのままにしてOKなわけではないので、よく使うものをチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

1.塩、コショウ

塩は「盐」です。食塩という意で「食盐」と表記されることも。コショウは「胡椒」です。

2.砂糖

砂糖は「糖」。白砂糖は「白糖」、中国では紅茶など温かいお茶と一緒に「红糖」という、茶色い(ブラウンシュガーより濃い茶色)砂糖も入れる人もいます。また、「糖」には飴という意味もあります。

3.醤油

醤油はそのまま「醤油」です。よく使われる種類に、「生抽」と「老抽」があります。「生抽」が主に味付け目的で使われるのに対し、「老抽」は色付けに使われることが多い醤油です。

4.酢

酢は「醋」。漢字がちょっと違います。中国で「醋」と言えば、一般的に黒酢を指すことが多く、白い酢は「白醋」と呼ばれます。ちなみに黒酢を直訳して「黑醋」というと、通じないこともあり、「香醋」と呼ぶのが一般的です。

5.マヨネーズ

マヨネーズは「蛋黄酱」。「蛋黄」は卵黄のことです。ちなみに卵白は「蛋白」です。

6.バター

バターは「黄油」です。有塩バター、無塩バターはそれぞれ、「有盐黄油」、「无盐黄油」と言います。「牛油」と呼ばれることもあります。(牛肉の脂肪の部分の意味で使われることもあります。)とても紛らわしいですが、「牛油果」はアボカドのことです。

スポンサーリンク

7.クリーム

クリームは「奶油」です。クリーム関連で言えば、アイスクリームは「冰淇淋」、ティラミスは「提拉米苏」です。

8.油

油はそのまま「油」です。ごま油は「胡麻油」ではなく、「芝麻油」、オリーブオイルは「橄榄油」、ラー油は「辣椒油」です。

9.酒

料理酒のことは「料酒」と言います。紹興酒は「绍兴酒」で、料理にも使われます。赤ワインは「红酒」、白ワインは「白葡萄酒」です。中国で「白酒」というと、中国の、強くて(40度ぐらいのものもある)、透明な穀物酒のことを指します。

10.ナンプラー

ナンプラーは「鱼酱」です。

11.オイスターソース

オイスターソースも中華ではよく使います。「蚝油」と呼ばれます。

12. 豆板醤

豆板醤はちょっと漢字が変わって、「豆瓣酱」です。ちなみに、コチュジャンことは「韩国辣椒酱」と呼ばれます。

まとめ

漢字を見たらそのままわかるというものも多かったのではないでしょうか?現地のスーパーに行く機会があれば、ぜひ見てみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3010 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4234 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1102 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1678 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

AAAAAA
AAAAAA

日本の高校を卒業後、中国上海に3年半本科留学、その後イギリスに大学院留学し、現在大学で心理言語学の研究をしています。