デトロイトでおすすめのお出かけスポットは?昼間も夜も楽しめるデトロイトでの遊び方

1308

View

時折アメリカに来たばかりの日本人から「週末は何をしているんですか?」と聞かれることがあります。私は在米経験が長いために、なぜそんなことを聞くのかなと思っていたのですが、考えてみればアメリカでは一般的にキャバクラもパチンコもありませんし、日本から来たばかりだとどう週末を過ごしていいのか分からないのかもしれません。今回は私が考えるデトロイト近郊の週末の過ごした方について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Restaurant Weekを利用する

レストランの写真です

これは別にデトロイト近郊に限らず全米の主要都市で行われているイベントですが、アメリカの街では自治体が主導してレストランで特別メニューを格安で提供している週があります。これを「Restaurant Week」といい、期間中はコース料理が$25から$35程度で楽しめます。デトロイト周辺でも毎年行われており、Troyのように年2回行なっている街もあります。まず探し方ですが、Googleで、「Detroit Restaurant Week 2016」と検索し、情報収集をします。例えば、5月にはGross Pointeというデトロイト近郊の高級住宅地でRestaurant Weekが行われます

まだサイトでは参加レストランの一覧が公表されていませんが、公表されたらYelpとGoogleでレストランのCross Referenceを行い、参加レストランの中で最も高級なレストランを選ぶのがお得です。なぜなら、Restaurant Weekは普段あまり足を運べないような高級レストランが格安でコース料理を提供してくれるイベントなので、普段から行けるような大衆料理店ではコスト的なメリットはあまりないからです。興味のあるレストランに目星をつけたら予約してみましょう。Restaurant week中は大変混雑するので、一週間以上前から予約しておきたいものです。

Detroitの美術館、博物館、劇場へ行く

ミュージアムの写真です

デトロイトは実は美術館、博物館、劇場がかなりそろっています。日本の方にデトロイト近郊に住んでいるというと、ものすごく殺伐とした環境に身をおいているように思われますが、デトロイト中心地の一部の場所を避ければ、そこまで危険というわけでもありません。美術館博物館の類はすでに、日本語の書籍やサイトで紹介されているので、ここでは割愛したいと思います。私がお勧めするのは、劇やミュージカルです。Detroit Opera Houseではバレエやオペラもやっておりますし、実際私は先週末、balletのSleeping Beautyを観てきたばかりです。先月、私の日本人の友人の後輩がアメリカに訪ねてきたので、私は一計を案じ、ロボコップのミュージカルに連れて行きました。すでにご存知かと思いますが、 ロボコップはデトロイトが舞台のSF映画です。このロボコップをミュジーカルにしたのがROBOCOP! The Musicalです。

残念ながら3月で公演を終えてしまったのですが、私の友人たちが毎年公演をしております。私がこの劇を日本から来たばかり人に勧めたのは理由があります。ひとつはコメディでありながら、ロボコップのオリジナルストーリーを忠実に再現していること。ミュージカルゆえにロボコップを始め登場人物が皆、歌い出すのですが、ラップや会話部分もあり、バラエティに富んだ英語表現が出てくること。このことによって、ロボコップを観たことがあれば英語初心者でもストーリーが追いやすく、なおかつ多彩な英語表現を学ぶ機会になりえます。狭い舞台の上でいかにロボコップの世界を再現するかが見もののミュージカルなのですが、アイディアとギャグで切り抜ける演出に劇場は爆笑に包まれておりました。

スポンサーリンク

アメリカに広がるセクシー飲み屋ビジネスを楽しむ

Hootersの写真です
flickr

在米経験の長い私でもちょっと驚くビジネスに、アメリカの「セクシー飲み屋ビジネス」があります。別に風俗のことではなく、アメリカでは胸を強調したコスチュームを着た女性を売りにしたビジネスが結構多いのです。日本にもHootersはありますが、Tild KiltTwin Peaksといった似たような系列の飲み屋がたくさんあります。どれも似たりよったりのコンセプトで、胸を強調したコスチュームを着たお姉さんがスポーツ観戦をする男たちにビールを振る舞ってくれるだけで、健全な飲み屋です。こういったお店にはかならずトラブルを防ぐための腕っぷしの強い兄ちゃんが常時控えておりますので、日本のおさわりバーの感覚でウェイトレスに接すると必ずつまみ出されます。さらにこのコンセプトは、Lady Jane's HaircutsHAIR MECHANIXなどの美容室にまで進出しているようです。

Lady Jane’s Haircutsでは入り口前にパソコンが置いてあり、そこでサインインをしてお気に入りのヘアスタイリストの子を指名でき、まさに日本のキャバクラの感覚です。Hair Mechanixでは、入店したお客さんに缶ビールが一本無料で振る舞われるなど日本では考えられないサービスあり、私は驚きました。アメリカでは酒類をお客さんに出すお店はliquor licenseという酒類を販売するための許可証を持っていないといけません。床屋はレストランとは違いますし、無料でビールを出しているから問題ないのかもしれませんが、実態はどうなっているのかちょっと不思議です。

私はアメリカに来た日本人男性すべての方に実践していただきたいと思っているのですが、こういったアメリカンな飲み屋でウェイトレスの女のコに声をかけて欲しいのです。理由は、意外と飲み屋でのフランクな会話は敷居が高く、良い意味での刺激になるからです。日本でもおそらく合コンは一番会話のスキルが要求されるイベントかと思いますが、「自分が英語ができる!」と思っている日本人の方はぜひアメリカの飲み屋で腕試しをして欲しいものです。うまくいけばそのウェイトレスは自分のテーブルに座って話をしてくれますが、おそらく会話は5分ともたないと思います。こういった挫折感がかえって英語の勉強に自分を駆り立てる要因になるので、私は日本から来た男性をわざと積極的に連れて行くようにしています。

まとめ

今回はデトロイトの楽しみ方についてちょっと書いてみました。アメリカは意外と田舎なので、初めて来た方には遊び方が分からないようです。日本と違い、キャバクラやパチンコはありませんが、探せば遊ぶ場所はたくさんあります。ただし言葉ができないと楽しめない場合が多いので、どうしても英語力は必要ですね。これがアメリカを楽しめるかどうかのカギになることは間違いないでしょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学が高校生に与える影響とは?高校生で留学を経験する意味

    大学で留学をすればいい、または留学は必要ないと考えている人が少なくない世の中で、高校生で体験した留学は人生において大きな意味をなすのは間違えないだろう。ここでは、高校時代に留学を経験した著者の立場から高校生で留学を経験する良さを紹介したいと思う。

    smile_haruka 3433 view
  • 海外でミシュラン獲得!世界で活躍する2名の日本人シェフ

    海外でミシュランの星を獲得したレストランの中には、日本人シェフが経営する店も多数あります。その中から2名の日本人シェフをピックアップしてご紹介します。

    ケン 3910 view
  • 英語作家を目指してイギリスへーーグリニッジ大学の留学経験者インタビュー

    「書くことが好き」「ライティングを学びたい」という方もいるのではないでしょうか。日本語で書くのもいいですが、英語で書く方法もあります。今回は、グリニッジ大学でクリエイティブ・ライティングを学んでいる佐藤さんにインタビューをしました。

    運営チーム 768 view
  • 痛みをスペイン語で説明できる?病気や怪我に関するスペイン語フレーズ28選

    スペイン語圏へ行くことは、英語圏へ行くことより言葉の関係で勇気がいるかもしれません。でも、病状をスペイン語で表現できる術を知っていれば、だいぶ安心できるのではないでしょうか。今回は、病気や怪我に関するスペイン語での言い表し方をご紹介したいと思います。

    トキワガシ 3866 view
  • 魅力あふれるオーストラリア留学!アナタに合う都市はどれ?

    治安も良く、教育大国としての信頼もあるオーストラリアは、近年留学先としての関心が高まっています。比較的近く、時差も2時間以内、日本文化に親しむ国民も多いということで、どんどん身近な国になっています。ですがひと口にオーストラリアと言っても、いくつか主要都市が存在し、どこにいけばいいのかわからない!という方もいるかもしれません。今回はあなたに合った都市を見つけられるよう、各都市の特徴をご紹介します。

    運営チーム 826 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 留学生活
  • Tild Kilt
  • Lady Jane's Haircuts
  • Gross Pointe
  • 娯楽
  • Hooters
  • Twin Peaks
  • Restaurant Week
  • HAIR MECHANIX
  • ROBOCOP! The Musical

この記事を書いた人

命かげろう
命かげろう

初めまして!日本の大学を卒業した後、米国の大学院に留学し漂流し続けること10数年。今年で米国生活16年目になります。お笑い好きの40男が加齢臭を漂わしながら、ミシガン州デトロイト近郊から海外生活と留学の知恵や経験をお届けします。