命かげろうのアイコンです

命かげろう

初めまして!日本の大学を卒業した後、米国の大学院に留学し漂流し続けること10数年。今年で米国生活16年目になります。お笑い好きの40男が加齢臭を漂わしながら、ミシガン州デトロイト近郊から海外生活と留学の知恵や経験をお届けします。

  • 記事作成数:61
  • 閲覧数:260682

書いた記事/作ったまとめ

  • ITの発達によって重視される海外生活での「体験」とは?

    IT技術の発達で国境を越えてより簡単に膨大な情報が入ってくるようになった現代社会では、留学の意義は薄れているのでしょうか。私はなぜ海外生活を続けているのか、留学を重視するしないの境界線はどこにあるのか。それは「体験」かもしれません。

    命かげろう 1979 view
  • 海外生活での成長とは?海外留学や習いごとをするときにうまくやるコツ

    海外生活がうまくいかないことやストレスなどから、同じ国籍者同士で固まってしまうなど、殻に閉じこもってしまい結局何も得るものもないまま帰国をされてしまう方もいらっしゃいます。今回は、なぜそのようなことになるのかについて、アメリカ人の友人の話から得た考察と、そのようなことにならないよう、海外留学や習いごとをするときにうまくやるコツをお伝えします。

    命かげろう 2416 view
  • ヘイトクライムとは?海外で人種差別や偏見に巻き込まれそうになった場合の対処法

    アメリカにやってきて早17年、今までそれほど人種差別や偏見を意識せずに、生活をしてくることができました。現代のアメリカでは、人種偏見的な意見や表現には大変敏感でして、表立って自分の人種を避難されたり、他人を肌の色で区別することは厳禁となっております。しかしヘイトクライムと分類される犯罪が消滅していない以上、私たちの心に偏見の芽は消えていないといっていいのかもしれません。本稿ではヘイトクライムについて、私の考えを述べていきたいと思います。

    命かげろう 3545 view
  • 海外生活で実感する個人主義の浸透と発展

    先日、アメリカ在住の筆者が日本へ一時帰国をした際、酒の場での「イッキ」コールがなくなっていることに驚き、そのことから日本社会における個人主義の浸透について考えるようになりました。今回は個人主義の浸透と発展について筆者の考えをまとめてみました。

    命かげろう 3229 view
  • デトロイトでおすすめのお出かけスポットは?昼間も夜も楽しめるデトロイトでの遊び方

    時折アメリカに来たばかりの日本人から「週末は何をしているんですか?」と聞かれることがあります。私は在米経験が長いために、なぜそんなことを聞くのかなと思っていたのですが、考えてみればアメリカでは一般的にキャバクラもパチンコもありませんし、日本から来たばかりだとどう週末を過ごしていいのか分からないのかもしれません。今回は私が考えるデトロイト近郊の週末の過ごした方について書いていきたいと思います。

    命かげろう 1330 view
  • 英語の上達と日本語の特徴は関係している!日本人が英語を話せるようになる方法とは?

    アメリカに来て17年になりますが、その間、数多くの方にお会いしてきました。私より英語が流暢な方もいらっしゃれば、私より在米経験が長いのに、まるで昨日渡米してきたかのような印象を与える方もいらっしゃいます。英語力の上達度は個人によってバラバで、米国に来たからといって一様に皆上達するとは言えないようです。その中でも特に苦労されているのが、必死に英語を勉強しているのに、英語がいつまで経ってもうまくならない方でしょう。そんな方たちはちょっとした傾向があるのです。

    命かげろう 3398 view
  • 【寄稿】1年間記事を寄稿し続けた私が語る「THE RYUGAKU」の意義とは?

    私はこのサイトに寄稿するようになって早一年が過ぎました。ほぼ週一ペースで書いておりますが、沢山の読者の方に私の文章を読んでいただき、感謝の思いでいっぱいであります。私が留学をした17年前は、インターネットの黎明期であり、サイトで留学の情報を得るという行為は新しいモノでした。他のライターの書かれた文章を読んでいると、自分が留学をした際にもこういった情報が提供されていたら、自分の留学はどんな展開になったのだろうと夢想しています。今回はそんなTHE RYUGAKUの意義について書いてみたいと思います。

    命かげろう 1498 view
  • ユダヤ人の友人との一晩

    「ユダヤ人」と呼ばれる種類の人間がいることは日本でもよく知られております。アメリカに住んでいると、仲良くなった友人に「私はユダヤ系よ」という人が出てきます。ナチスドイツのユダヤ人迫害はよく知られるところですが、その根本に潜む原因は何でしょうか。私は何度も宗教に関して書いてきていますが、キリスト教はユダヤ教から派生していますから、キリスト教徒の多い西洋社会でユダヤ人は尊敬されてもいいはずです。それがなぜ、迫害の対象になるのか。私はユダヤ系の人に会うにつれ、沸々と疑問が湧いてきました。

    命かげろう 3025 view
  • 外国でこそ大人は若者に耳を傾けるべき

    「やっぱり、いわれるとその場で平気と取り繕っていても、結構傷つくから。」と彼女はうつむきました。ここはデトロイト近郊の小洒落たカフェ。私は若い同僚とランチを食べています。私の会社には何人か若い社員が日本から研修目的で送られてくるのですが、往々にして年上のマネージャーたちの説教の対象になるのを見てきました。ただ、彼女の話を聞いてみると、仕事とは直接関係のない、人格否定的な内容もかなり含まれており、私は少々驚きました。彼女の話を聞きながら、私は若い頃の自分を思い出しておりました。

    命かげろう 1969 view
  • アメリカン・コメディの定番「Standup Comedy」を学び始めて

    私は趣味でコメディをやっております。英語でのコメディですから、日本の漫才と違い、フォーマットはすべてアメリカのコメディでのスタイルになります。今まで、Improvisationと呼ばれる即興喜劇をやっていたのですが、今年からはちょっと趣向を変え、Standup Comedyの授業を受講し始めました。理由は、私をよく知るインストラクターの方が、私にこのスタイルをやってみたらどうかと持ちかけてきたことです。当初は営業理由で持ちかけてきたのかなとも思いましたが、物は試し、ちょっと試してみました。

    命かげろう 1975 view
  • アメリカ在住経験から見える宗教の衝突の原因について

    私は以前から宗教に関して関心を持ち続けてまいりました。べつに私個人は特定の宗教を信仰しているわけでもありませんが、宗教の社会に与える影響には大変興味がございます。先日、日本に帰国している際、「なぜ、一神教であるユダヤ教、キリスト教、イスラム教は互いにいがみ合うのか」という質問を受けました。その場は酒の席でしたので、すぐに話題はべつのことに移ってしまいましたが、この間、この質問に関して思い起こさせるようなことが起きました。そのことについて書いていきましょう。

    命かげろう 2107 view
  • 言葉はできなくても海外で生活はできる?海外生活で必要な語学力について

    私が年末年始の休みを利用して日本に一時帰国している間、日本で古い友人と会食する機会がありました。そこでひとりの友人より、現在仕事の都合で海外で一年間研修を受けることを検討しているが、一体どのくらいの語学力があればいいのか、という質問を受けたのですが、これが回答に難しい質問でした。「英語なんてぶっつけでできるよ」という人もいれば、語学力不足で敢え無く退学していった留学生も数多くおります。そこで今回は在米経験17年の私が考える海外生活で必要な語学力について述べます。

    命かげろう 2335 view
  • 留学のための小さなコツ〜その2 トラブル発生編〜

    先日、日本の企業から英語研修でやってきた社員の方から、留学のコツについて尋ねられたので、私が留学時代に実践していた工夫についてお話します。今回は「留学のための小さなコツ〜その1 学習編〜」の続編です。

    命かげろう 1868 view
  • 留学のための小さなコツ〜その1 学習編〜

    どの日本の大手企業でも同じかもしれませんが、若手の社員を海外に送り出す「研修制度」というものが盛んなようです。私の務める会社の親会社でもひっきりなしに毎年、アメリカに「英語研修」という名目で若手の社員が送り込まれてきます。先日研修でやってきた社員の方から、留学のコツについて尋ねられたので、今回は私が留学時代に実践していた工夫についてお話します。

    命かげろう 1636 view
  • 私の一時帰国記 〜狂言から見るアメリカと日本の「笑い」のセンスの違いについて〜

    私はクリスマス休暇を利用し、日本に一時帰国をしました。二週間の滞在は友人や家族と過ごすのに忙しく、また東京の町並みが変わったことに驚く日々でした。しかし、今回の日本の滞在で特筆すべきトピックのひとつに、日本の伝統芸能である『狂言』を観たことがあります。今回はその体験をもとに、アメリカ生活を経て気付いた『笑い』の文化の違いについて挙げてみたいと思います。

    命かげろう 2170 view
  • 車をメンテナンスに出すだけの予定が…理解不能なオバちゃんとのエピソード

    アメリカには車検という制度はないので、自己責任で車をメンテナンスする必要があります。先日、私が愛車のメンテナンスに出した時に、素敵な?出会いがあったエピソードについて書きます。

    命かげろう 2239 view
  • なぜ日本は自殺大国になったのか?場の倫理を重んじる日本人

    前回の記事『「だって英語ができないから」は思考停止のサイン?英語の公用語化に対する私見』で、「自殺」が私の留学に影響していると書きました。今回は、なぜ日本が自殺大国になったのか、私の自殺論について書いてみたいと思います。

    命かげろう 5382 view
  • 「だって英語ができないから」は思考停止のサイン?英語の公用語化に対する私見

    先日は「Thanksgiving」というアメリカの祝日でした。この日はアメリカ人は一般的に、家族で「Thanksgiving dinner」と呼ばれる夕食を楽しみます。私はいつもこの日になると、10年ほど前の思い出が心に蘇ります。この思い出は、昨今の英語公用語化に対して考える契機になりました。

    命かげろう 3367 view
  • 肉食文化はキリスト教の影響?アメリカの食の背景を探る

    海外生活における楽しみの一つは、やはり現地の食べ物ではないでしょうか。かくいう私もアメリカ生活の大きな楽しみの一つに、いろいろな種類のレストランでの食事が挙げられます。アメリカは移民で成り立つ移民大国なので、実に様々な種類のレストランが立ち並び、食品が手に入ります。今回はアメリカの食に関して、話していきましょう。

    命かげろう 3179 view
  • アラブ系住民の巨大なコミュニティの町「ディアボーン」

    最近、宗教の話題が続いておりますが、今回で一区切り、最後にイスラム圏の話で終わりにしたいと思います。世界の三大宗教はキリスト教、イスラム教、仏教とすると、二番目のイスラム教は私にとって縁遠い存在でして、私の回りに信者はおりません。今回、アメリカ国内で中近東の人が多く住んでいるミシガン州Dearborn(ディアボーン)という街に行ってまいりましたので、その時の体験をお話ししたいと思います。

    命かげろう 2795 view