英語レベルから垣間見える富裕層のタイ人と努力を重ねる一般家庭のタイ人

3647

View

m-louis .®

世界中の国から観光客が訪れるタイ。中でもバンコクや南部リゾートには多くの観光客や在住外国人がいます。とは言え、実際のところタイ人はあまり英語が得意とは言えません。ここではタイで英語が「話せる」というのはどのような人達なのか、そして英語を「達者」に話すタイ人は、実は要注意であるというケースについて説明しておきたいと思います

スポンサーリンク

まさにネイティヴレベル。本当に英語が流暢なタイ人とは?

観光大国であるタイは多くの外国人が買い物に訪れ、屋台や小さな露天でも英語でやり取りをしています。しかし、タイ人の英語が流暢かと言えばそれは別の話。学校で習う英語というのは、最低限の英単語が理解できると言ったレベルですし、全てのタイ人が義務教育を修了している訳でもありません。中には英語の読み書きができない人も少なくありません。

タイで英語が流暢に「話せる」と言うレベルの人達は、子供の頃からインターナショナルスクールや私立学校などで、質の高い教育を受けていたり、海外に留学をしていたり、ハッキリ言えば裕福な家庭に育った人達です。そういった人達はとにかく英語教育には熱心です。

もともと外国人の多いタイでは英語が必要な場面が日本よりもずっと多く、英語や日本語を話せることで倍近い額の給与が貰える仕事に就ける為、外国語はとにかく重要なポイントになります。加えてタイでは外国人との間に生まれたハーフが実に多くいます。そういった場合、学校はもちろん、家庭での会話も英語がメインであったりと、幼い頃から英語に対する教育が徹底されています。

接客用に英会話を学ぶ一般タイ人

外国人が普段タイ人と英語で接する機会というのは、飲食店やホテルのような場所になるかと思います。彼らの中にはペラペラと英語を話す店員もいます。しかしこういった店員の多くが地方出身者や、タイ近隣国の国籍者(特に多いのがミャンマー人)になります。では彼らはどうやって英語を学んできたのでしょうか。

タイでは大企業のレストランや星付きの高級ホテルだと、定期的に英語の講師を呼んで英会話トレーニングを行う会社が多いのです。外国人を迎える仕事では、そうやって接客に必要な英語を習得する手助けをしています。しかし年齢を重ねてから外国語を習得しようとすると、日本人でも「日本語英語」の発音になるように、殆どのタイ人も「タイ語英語」になってしまいがちなのです。

つまり彼らの英語を聞いていれば、どのタイミングで英語を習得してきたか、すなわち家柄まで推測出来ると言っても過言ではありません。やはり幼い頃から自然に英語に囲まれたタイ人と、大人になってから英語を学んだタイ人では、レベルが根本的に違うとすぐに分かるからです。

スポンサーリンク

タイで本当に英語が話せる人は忙しい

要するにタイで流暢な英語が話せる人は、所謂「エリート」と呼ばれる人達。当然そういった人達は忙しく働いているので、観光客や留学生の皆様が出会う機会はあまりないと言えるでしょう。

しかし街を歩いていると自称「エリート」で、日本の一流企業と接点がある、などと英語で話しかけてくる人達がいます。彼らは観光客や在住外国人に対して「この辺りで〇〇というお店を知りませんか?」などから始まり「もしかして日本人ですか?英語が上手ですね」と相手を褒め「今日は休みだけど、日本の企業で働いているんです」「来月日本に遊びに行くんだ。タイを案内するから代わりに日本のことを教えてよ」などと言い、強引に観光案内をしたり、親しくなろうとしてきます。お判りかもしれませんが、こういった場合は99%、外国人をターゲットにした「詐欺師」です。

もちろん話しかけられたほうも怪しいと思うのですが、達者な英語に話し上手で次第に気を許してしまい、最後にはあの手この手で金銭を巻き上げられてしまいます。恐らく引っかかってしまう人の中には「こんなに英語が話せるんだから、本当にちゃんとした仕事に就いているのだろう」と思ってしまうのかもしれません。

しかしよく考えてみて下さい。もしも英語がネイティヴレベルで一流企業に勤めているとしたら、貴重な休日にわざわざ知らない外国人を見つけて、話しかけたりするのでしょうか?そのようなタイ人はハイソな人達ばかりなので、暑い観光地を歩いて回ったりなどもしません。いろいろ考えてみればおかしいと気がつくのに、英語でペラペラと話しかけられてあっさり騙される人も少なくないのです。

せっかく来た外国で嫌な思いをしないために

確かにタイ人はフレンドリーで優しい人達が多いのも事実です。日本人よりも外国人慣れしているのもあり、困っている外国人に尋ねられれば、英語が苦手でも親切に教えてくれる人も多くいます。しかし、それは相手に求められてする親切であり、わざわざ外国人を見つけて親しくなったり、親切にしようと話題を作るような人たちではありません。

もし街を歩いていて、急に話しかけてくる人に出会ったらまず怪しいと思った方が良いでしょう。こういった場合、全てにおいて自己防衛、自己責任が重要になります。タイ人と親しくなるのは良いことです。しかし見ず知らずの人に急に話しかけられれば、例え同じタイ人同士であったとしても相手を警戒します。

せっかく海外に来たのに騙されて、その国が嫌いになったというのもよく聞く話です。しかし騙す人間がいるのはタイに限ったことではありません。世界中どこにでも、同じ日本人同士でさえもいるのが事実なのです。

留学生の皆様も自分の身は自分で守るということを忘れずに、是非タイで楽しい新生活をスタートして欲しいと思います。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3010 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4234 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1102 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1678 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Namyam
Namyam

タイ在住。タイの南部からバンコクに引っ越してきました。お寺巡りとプラクルアン集めが趣味。休暇はタイの南の島でシュノーケリングするのがお決まりの過ごし方。