待ち時間が長~い?カナダでの薬の買い方

3195

View

病院や医療のシステムが大きく異なる日本とカナダですが、薬の買い方はそれほど違いがありません。ここでは、バンクーバー在住の私が、カナダでの薬の買い方についてお教えします。

スポンサーリンク

カナダの医療システムは?

日本では、「眼科」「内科」「消化器科」など、患者が受診する科を選べますね。カナダでは、症状に関わらず、まずファミリードクターかWalk-in Clinicで診察を受けます。詳しい科での診察が必要な場合は、紹介をしてもらった上で、改めて受診することになります。

また、外国人でも条件を満たせばMSP (Medical Services Plan)という州の保険に加入できます。

ドラッグストアで買える薬は?

チェーン店としては、「London Drugs(日本人の間では通称ロンドラ)」や「Shoppers Drug Mart(通称ショッパーズ)」などがあります。また、Price SmartSafewayなどの大型スーパーの中にも薬局があります。

一般的な風邪薬や鎮痛剤であれば、上記のお店で処方箋なしで買えます。バンクーバーであれば、正露丸、パンシロン、バファリンなどの日本の薬が日系スーパー「Fujiya」で買えます。

スポンサーリンク

処方薬の場合は?

次に、カナダでお医者さんにかかり、処方箋をもらった場合の薬の買い方について説明します。

1.処方箋を提出
お医者さんに出してもらった処方箋を、上記のドラッグストアや大型スーパーの薬局の「Prescription(処方薬)」カウンターに持って行きます。

]2.簡単な質問に回答
処方箋を提出するのが初めての場合は、生年月日や住所の確認、この薬を飲んだことがあるかなど、受付スタッフからの簡単な質問に答えます。

3.待ち時間
日本では、処方箋を提出してから、薬をもらえるまでどんなに長くても30分以内だと思いますが、カナダではかなり時間がかかります。

私は、処方料(*)の安いコストコに行っていますが、1種類の処方で1時間半近く待たされたこともあります。待ち時間は暇なので、本などを持参するか、買い物などして過ごしましょう。

*カナダでは、薬の処方にも手数料がかかります。薬局によって料金が異なり、バンクーバーではコストコが一番安いようです。

4.薬を受け取る
薬の準備ができると名前を呼ばれます。薬について何か質問がある場合は、薬剤師に相談したり、詳しい説明をしてもらえます。支払いを済ませれば、終了です。

最後にアドバイス

薬の内容物や用量については、インターネットで簡単に調べられます。私は事前に調べた情報を英訳して、お医者さんに見せています。一般的に欧米の薬は、体格の大きな欧米人向けの用量で作られているので、日本人には少々強すぎることが多いようです。普段飲み慣れた薬がある人は、日本から持参するのがよいでしょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダに留学するには?治安も良くて人気のカナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!