ドイツのレストランで注文する方法&簡単なドイツ語フレーズ9選

7748

View

ドイツの大きな街では英語が通じるところが多く、英語メニューのあるレストランもとても多いです。とはいえ、せっかく留学に来たのならドイツ語で注文したいですよね。今回は、入店からお会計までの流れに沿って、レストランで使える初級者向けのフレーズをご紹介します。

スポンサーリンク

まずは挨拶

レストランでは必ず、自分から店員さんに挨拶をしましょう!「Hallo!(ハロー)」は時間にかかわらず使える万能な挨拶です。ドイツ南部に多いビアホールでは、店員さんは席まで案内してくれません。空いている席を自分で探して座ります。

ビアホールでは相席するのが普通。長テーブルの片方の端にだけ人が座っていて反対の端が空いていれば、チャンスです。相席可能か聞いてみましょう!

1.ここ空いていますか?

「ここ空いていますか?」はドイツ語で「Ist hier frei?(イスト・ヒア・フライ?)」と言います。

2.はい / いいえ

「はい / いいえ」はドイツ語で「Ja(ヤー) / Nein(ナイン)」と言います。

相席を認めてもらえたら、お礼を言うのもお忘れなく!

3.ありがとうございます

「ありがとうございます!」はドイツ語で「Danke schön!(ダンケ・シェーン)」と言います。

飲み物を先に注文

注文はとりあえず飲み物だけ先に聞かれるので、メニューを貰ったらまず飲み物を決めましょう。一番カンタンな注文方法は、「数+欲しい物の名前+bitte(英語のpleaseの役割)」と言うことです!

4.ビールを1杯ください

「ビールを1杯ください」はドイツ語で「Ein Bier bitte(アイン・ビア・ビッテ)」と言います。2杯欲しい時は「Zwei Bier bitte(ツヴァイ・ビア・ビッテ)」です。

5.水の瓶を1本ください

「水の瓶を1本ください」はドイツ語で「Eine Flasche Wasser bitte(アイネ・フラシェ・ワッサー・ビッテ)」と言いいます。日本と違いお水は有料で、注文しないと貰えないので注意しましょう。

10までの数字

  • 1 ⇒ Ein(アイン)
  • 2 ⇒ Zwei(ツヴァイ)
  • 3 ⇒ Drei(ドライ)
  • 4 ⇒ Vier(フィア)
  • 5 ⇒ Fünf(フンフ)
  • 6 ⇒ Sechs(ゼックス)
  • 7 ⇒ Sieben(ツィーブン)
  • 8 ⇒ Acht(アクト)
  • 9 ⇒ Neun(ノイン)
  • 10 ⇒ Zhen(ツェーン)

いよいよ料理を注文する

飲み物が運ばれてきたら、料理を注文します。飲み物と同様に「数+欲しい物の名前+bitte」と言えば簡単です。

スポンサーリンク

料理が来てから

料理を食べはじめて少しすると、ウェイターさんが必ず「いかがですか?」と感想を聞きに来ます。美味しければ「Sehr gut(ゼア グット)= very good」と笑顔で答えましょう。お願いしたいことは遠慮なく伝えて構いません。飲み物の追加注文もこの際にするとスマートです。

6.塩を持ってきていただけませんか?

「塩を持ってきていただけませんか?」はドイツ語で「Könnten Sie bitte das Salz mitbringen?(クンテン・ズィー・ビッテ・ダス・ザルツ・ミットブリンゲン?)」と言います。胡椒が欲しい場合は「das Saltz」を「der Pffefer(デア・プフェファー)」と言い換えます。

お会計

お会計をお願いする時は「Zahlen bitte(ツァーレン・ビッテ)」と言います。義務ではありませんが、サービスに満足したら10%程度のチップをつけましょう。チップ込みの金額を出して、お釣りはいらないと言うとスマートです。希望額ちょうど支払えない場合は、希望額の数字を言いながらお金を差し出せば大丈夫です。

7.お釣りは結構です

「お釣りは結構です」はドイツ語で「Stimmt so(シュティムツ・ソー)」と言います。

8.15ユーロどうぞ

「15ユーロどうぞ」はドイツ語で「15 Euro bitte(フンフツェン・オイロ・ビッテ)」と言います。

レストランを出る

お釣りを貰ったら、お礼を言って帰りましょう。

9.とても美味しかったです。ありがとうございました

「とても美味しかったです。ありがとうございました。」はドイツ語で「Es hat sehr gut geshmeckt. Vielen Dank.(エス ハット・ゼア・グット・ゲシュメクト・フィーレン・ダンク)」と言います。

まとめ

いかがでしたか?日本とは着席や注文の流れも少し異なりますが、いくつかのフレーズを覚えてしまえば、ドイツ語での注文も難しくはありません。ドイツのレストランに入ったら、是非ドイツ語で注文してみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

hana
hana

ミュンヘン生活2年目、海外生活11年目の日英バイリンガル。ただいまドイツ語勉強中です。海外生活を自分らしく・ハッピーに楽しむコツ、そしてミュンヘンのお役立ち情報をお届けします!

http://hanamlife.blog.fc2.com/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)