日本語との違いが面白い!動物の鳴き声を英語で表現すると?

5787

View

snailsareslimy

身近なようで、案外知らない、英語での動物の鳴き声の言い方。動物を見かけたとき、イギリス人パートナーに日本語での泣き声を教えると、大抵、あまりの違いにびっくりされます(そして、「その動物はそんな風には鳴いてない!」などと言われることも…)。ここでは、代表的な動物の鳴き声と、鳴き声の表現の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

代表的な動物の鳴き声

ワンワンbow wow「バウワウ」
woof woof 「ウフウフ」
ニャーmeow「ミャオ」
モーモーmoo moo「ムー」
メーメーbaa baa「バー」
ヒヒーンneigh「ネイ」
ブーブーoink oink「オィンク」
雄鶏コケコッコーcock-a-doodle-do「コッカドゥードゥルドゥー」
アヒルガーガーquack quack「クワッククワック」
ケロケロcroak croak「クロゥククロゥク」
ブーンbuzzz「ブヅー」
ライオンガオーroar「ロアー」
ポッポー(?)coo「クー」

*日本語では「パオーン」と鳴く象は、英語ではこれと言う鳴き声がありません。なぜかと聞いたら、「真似するのが難しすぎるから」と言われました…。

英語では動物は「鳴(泣)かない」?

日本語では、動物が「鳴(泣)く」と言いますが、英語では動物は「cry」しません。では、どのように表現するのかと言うと…

1.動物の声をそのまま動詞にする

A cat meows.(猫はニャーと鳴く)

動物の声をそのまま動詞します。このパターンで使える動物を覚える必要があります。(例えば「The dog bow wow-s.」とは言いません。)

スポンサーリンク

2.say / goをつけて表現する

Cows say (go) “moo moo".(牛は「モーモー」言う)

動詞の「say」や「go」を付けて泣き声を表現します。比較的どの動物にも使えます。

3.make a noise / make a sound をつけて表現する

Sheep make a noise (sound) like “baa baa.”(羊は「メーメー」という音を出す)

句動詞の「make a noise」「make a sound」などをつけて表現します。犬に関しては、単純に「A dog barks.(犬は吠える)」と言う方が自然な感じがします。

ちなみに、「sheep(羊)」は不可算名詞なので、複数形も「sheep」のままです。

まとめ

ここに挙げたのは、どのネイティブスピーカーに聞いても同じ答えが返ってくる、比較的代表的な鳴き声です。他にもたくさんある動物の鳴き声。気になる動物があったら、ぜひ調べて雑学?として知識を増やしておきましょう。言語によっても本当に全然違っていて、とても面白いです。

留学業界の裏事情を全てお教えします。

留学エージェントの勤務経験者が「留学エージェントが教えない語学学校の効果を3倍アップする方法」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学学校の効果
3倍アップ
留学業界の裏事情を全てeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)