南アフリカのスマホ事情は?ケープタウンで携帯電話の契約と注意点

2195

View

Ken Banks

他国へ行く時にいつももどかしく感じる携帯事情。南アフリカでの留学生活にも携帯電話やスマートフォンは必須ですよね。そこで今回は、携帯電話の契約の仕方や利用方法をお伝えします!

スポンサーリンク

南アフリカではプリペイドが一般的

南アフリカではSIMフリーの携帯電話持ち込み、プリペイドで利用するのが一番カンタンで一般的です。もちろん現地で携帯電話を契約することも可能ですが、ケープタウンで携帯を契約するには銀行口座の所有が条件となります。低所得者が多いということもあり、現地の人のほとんどがプリペイドを利用しています。

気になる費用は?

筆者の場合、50ZAR分の通話と3000MB分のデータローミングが出来るプランで初期費用349ZAR(執筆時のレートで約2600円)ぐらいでした。ほとんど通話はしないので通話分はほぼ余ってます。

時々テザリングでPCを使いますがyoutubeなどの動画コンテンツはほとんど利用しません。ネット環境については、時々速度が遅くなることもありますが、全く使えなくなるということは無いです。

プリペイド携帯の契約方法

まず、店頭へ行きプリペイド携帯が欲しい旨を伝えます。すると、幾つかのプランの中からその人に合わせたプランを選んでくれます。プリペイド携帯なので、残高分を使い切ったらプリペイドをチャージします。

筆者の場合は、最初に300ZARチャージして15日ぐらいで上限の3000MBを利用してしまうので、再度300ZARチャージしています。チャージできる金額は各携帯会社によって異なります。

スポンサーリンク

チャージ時の注意点

チャージは各携帯会社の店頭でも、スーパーマーケットなどでも可能です。スーパーマーケットで行う場合、必ず携帯会社の名前を聞かれます。会社名を間違えてしまうと、自分が使ってない携帯会社にチャージすることになってしまいます。またデータローミングで幾ら分なのかを正しく伝えないと、通話料金に加算されてしまうので注意が必要です。

ちなみに南アフリカではチャージすることを「air time」といいます。

ケープタウンにある4大携帯会社

ケープタウンでは有名の携帯会社は「CELL©」「MTN」「vodacom」「Telkom」の4社です。この中で最もシェアを占めているのはvodacomですが、筆者は慌てて契約をしたため、Cell©の携帯を使っています。ケープタウンではCell©は人気がないようですが、今のところ特に問題はありません。でも、ちゃんとリサーチしてから契約した方が良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。各ショッピングモールでもフリーWi-Fiサービスを提供しているところもありますので、そちらも上手に利用しながらプリペイド携帯を使用してみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3021 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4240 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1149 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1678 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Meg.K
Meg.K

全くケープタウンに無知なまま、英語もままならないまま住んでしまっている元美容師。写真、お花、お酒、大好きなものがたくさん詰まったこの街にワクワクが止まらず。黒人さんたちのオシャレさに毎日ドキュンとしている。