多義語「as」を使った英語のイディオム8選

3059

View

「~と同じくらい」「~として」「〜のように」「〜につれて」など、たくさんの意味がある単語「as」。今回は、この「as」を使ったイディオムをご紹介します。

スポンサーリンク

1.as for

「as」+前置詞「for」で、「〜に関するかぎりでは」「〜についてと言えば」などという意味になります。よく文頭で使われる表現です。

例文:As for Syria, Russia is the main supplier of weaponry.
訳文:シリアについて言えば、ロシアが兵器類の主な提供者である。

2.as of

「as」+前置詞「of」で、「〜時点で」「〜現在で」という意味になります。

例文1: As of now, the app can only be used with an iPad.
訳文1:現時点で、そのアプリはiPadでのみ使用可能である。

例文2: As of November 2014, the rate was only 0.3 percent.
訳文2:2014年11月現在で、その割合はわずか0.3%であった。

3.as opposed to

「〜とは対照的に」「〜に対立するものとして」という意味の熟語になります。口語でも意外に多く使われる表現ですから、ぜひ覚えておきましょう。

例文:Teachers might ask why this novel was selected as opposed to others.
訳文:教師たちは、他(の小説)に対立するものとして、どうしてこの小説が選ばれたのかと尋ねるかもしれない。

4.as it is

直訳すると「それが(そう)あるように」という意味。ここから「現状でも」「今のままでも」「実情は」という意味になります。

例文: The course is hard enough as it is.
訳文:そのコースは、今のままでも(もう)十分に大変だ。

スポンサーリンク

5.so as to

「so that」「such that」などと同じ意味で、「〜するように」という意味になります。

例文: I think he partly invited us so as to talk to you about her.
訳文:彼は、君に彼女のことについて話すために私たちを招いたんだと思うよ。

6.as if

「if」の後に節(主語+述語)を導いて、「まるで〜であるかのように」という意味になります。学校英語の文法では「仮定法」の用法として教えられますが、実際には、導かれる節の中では、過去形の他に現在形も使われます。

例文:This makes the viewer feel as if they are participating in it.
訳文:これは、観客にまるで彼ら(=観客自身)がそれに参加しているかのように感じさせる。

7.as such(難易度高め)

「as」を使ったイディオムの中でも、おそらくいちばん意味がつかみにくいイディオムでしょう。この「as」は前置詞として使われています。その前の文の内容を受けて、「そのようなものとして」「それ自体」という意味になります。文頭で使われることが多いようです。

例文:There were 34 participants, of whom 29 completed both pre- and post workshop tests. As such, analyses were conducted for these participants.
訳文:34人の参加者がおり、このうち29人がワークショップの事前・事後試験を完了した。そのようなものとして、これらの参加者(=29人)について分析が実施された。

8.as long as

「as」の副詞としての用法で、「〜さえすれば」「~する限り」という意味になります。この条件的な意味の文脈で「と同じくらい長く」なんて訳さないように注意です。

例文: We would welcome hearing alternatives " as long as those solutions don't include increasing taxes.
訳文:それらの解決策が増税を含まない限り、我々は代替手段を聞くことを受け入れるだろう。

まとめ

たくさんの意味、用法がある「as」を使ったイディオムについてご紹介しました。もし知らないものがあれば、この機会に確認しておきましょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2780 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20936 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5201 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5483 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 語学
  • 英語
  • 英会話
  • as opposed to
  • so as to
  • as
  • as such
  • as of
  • as it is
  • as if
  • as for

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。