日本とは違う?オランダでの年末の過ごし方について

861

View

Stuart Yeates

私はこれまで2回ほど年末年始をオランダで過ごしました。その経験から今回はオランダ人の年末年始の過ごし方についてご紹介します。

スポンサーリンク

クリスマスは家族と過ごし年末は友達と過ごす人が多い

オランダではファーストクリスマスが25日にあり、セカンドクリスマスが26日にあります。2日間のクリスマスは仕事が休みとなる場合が多く、ほとんどの人が家族と過ごしています。

年末はというと、友達と過ごすことが多いようです。私の場合は夕食は彼と彼の家族と過ごし20時ごろ彼の友達の家に行き年越しをしました。日本ではクリスマスが友達や恋人と過ごしお正月は家族と過ごすイメージがありますが、オランダでは逆となります。クリスマスを家族で過ごす際、恋人を連れてくるケースはありますが、基本的にクリスマスは家族でゆっくりし、年末から年始にかけては友達と盛り上がるというのがオランダ風です。

自宅前で打ち上げ花火をする

2014年の12月にオランダに来て、初めて年末年始を彼のお友達の家で過ごしました。その際に一番驚いたのが自宅前で行われる打ち上げ花火です。年末年始は花火をすると聞いていたのですが、まさか打ち上げ花火とは思いませんでした。アムステルダムやロッテルダムなど都市では大規模な打ち上げ花火がありますが、一般家庭の庭先や道路でも打ち上げ花火を行われます。こちらが実際の動画です。

YouTube

スポンサーリンク

お休みは元旦だけ

基本的にオランダ人は12月31日まで働き、翌年の1月2日から仕事となります。彼の働く会社では多くの方が31日に自宅でお仕事されるようですが、おやすみではありません。オランダでは有給休暇が年間で約24日間取ることができますので、多くのオランダ人は2週間から3週間の休暇を取りますが、日本の企業のように冬休みとして例で例えると12月29日から翌年の1月3日まで休みというような休みはありません。クリスマスの休みのほうが2日なので長いです。

最後に

今回はオランダの年末から年始にかけての過ごし方をお伝えしました。また記事を読んでいただき少しでもオランダに興味を持っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 年末年始

この記事を書いた人

Nahoko
Nahoko

はじめまして。現在オランダ人の彼と彼の家族とオランダに住んでいます。趣味は読書、映画鑑賞です。オランダ語と英語を学んでいます。記事を通してオランダのことを多くの方に伝えられたらと思っています。宜しくお願いします。

http://ameblo.jp/ibunkakouryu/