海外留学でホームステイをする良い点と気をつけるべき点

3098

View

Trevor Butcher

海外留学先での生活の選択肢にホームステイがあります。僕が留学したニュージーランドの場合、18歳未満での留学はホームステイが義務付けられていますので、高校1年生から留学した僕は、3年間ホームステイで現地のファミリーとの生活を経験しました。そこで今回は、ホームステイの良い点と気をつけるべき点をご紹介します。

スポンサーリンク

ホームステイの良い点

1.語学力の向上につながる

errors in learning languages-Eng.
<cleverCl@i®ê>

現地の家族の一員となることで、英語のみでの生活になり語学力が向上しやすい。特に、小さい子供がいる家族はお勧めで、難しくない英語の会話から入り、徐々に英語に慣れていくことが出来ます。また、遊びなどを通して本当のお兄ちゃん、お姉ちゃん的存在になることも。

2.文化や風習を学べる

CL Society 444: Maori dance group in Santiago
Francisco Osorio

家庭に入ることによって、その国の食べ物や祝い事、人間性を学ぶこともできます。私の友人はマオリ人(現住民族)の家庭に行きました。会った途端、顔を近づけてきて鼻と鼻をくっつけたのです!これはホンギといい、マオリ人の伝統的な挨拶なのです。こういったことも体験出来るのは留学ならではですね!

3.心のよりどころがある

Family Ties
Linda Stanley

一人で留学。不安で押しつぶされそうな毎日。そんな時いつもあなたを見守ってくれているのは、他でもないホームステイ先の家族です。あなたのことを知ろうと、日に日に理解を深めてくれる人です。本当に寂しいとき、苦しいときは片言の英語でも良いのです。頼ってみてください。きっと心の支えになってくれます。

スポンサーリンク

ホームステイで気をつける点

use caution
greg

1.完璧を求めない

ホームステイ先に完璧を求めてはいけません。現地の家族の一員として招かれているのです。その家のルールもあるでしょう。綺麗好きの人ばかりじゃないかもしれません。お湯を使いすぎると、シャワーは水しか出ないこともあります(基本シャワーは10〜15分以内に済ませなくてはいけません。)また、家は土足で汚いなど、色々と違いがあります。ここは日本ではありません。異国の地で違う生活をおくり、適応しなくてはいけません。

2.ホームステイの当たり外れじゃない。

よくホームステイ先が悪かった、外れたと言う人がいます。しかし、その大半がどこのファミリーに行っても同じ事の繰り返し。私自身そんな人たちを見てきました。確かに、どこの家族も100%素晴らしいとは言えません。裕福で旅行も連れて行ってくれる人もいれば、細々とした家庭もあります。でも、住みやすい環境を作るのはあなたです。人に壁を作らず、信頼関係を築けばどこでもいい環境をつくれます。積極的にコミュニケーションをとりましょう。

まとめ

もちろん違う国で違う家族との生活をともにするわけですから、文化の違いに戸惑ったり不満に思たこともありますが、僕はホームステイで色んなことを学びました。何より、家族の一員として招いてもらい一緒に過ごした時間は、かけがえのない思い出として残っています。留学を検討している人は、ホームステイでの滞在も視野に入れて検討されるのをおすすめします。

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

もぎちゃん
もぎちゃん

高校1年生から大学卒業まで約8年間、南島のクライストチャーチで勉強をしていました。留学はイメージしているものとは限りません。楽しいことがあれば、もちろん悩み、苦しいときもあります。そんな知って得する情報を皆さんに提供できたらと思います。大学をストレートで卒業した経験など、勉強方法、生活、環境など皆様のお役に立てることを発信していきますね!

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)