動詞+前置詞「on」を使った英語のイディオム8選

2798

View

「~の上に」「~(日時)に」「続ける」など、たくさんの意味がある前置詞「on」。今回は、動詞+前置詞「on」を使ったイディオムをご紹介します。

スポンサーリンク

1.take on

「take」+「on」で、「(仕事など)引き受ける」「(性質などに)なる」「人気を得る」などという意味になります。

例)He is expected to take on the leading role.
訳)彼は、主要なな役割を引き受けることが期待されている。

2.go on

「on」の重要な意味の一つとして、「ある状態や動作が続く」という意味があります。「go on」は、「進む」「続ける」「話し続ける」、他にもおなじみの「起こる」「~に行く」など、たくさんの意味があります。

例1)We can not allow this behavior to go on.
訳1)我々は、このふるまいが続くのを許すことはできない。
例2)Think about what's going on in the world right now.
訳2)今世界で何が起こっているのか、考えてみなさい。

3.turn on

「スイッチをオンする」の「on」の用法です。「(テレビなどを)つける」「(水などを)出す」という意味です。口語では、「(人)を興奮させる」という意味で使われることもあります。

例)Turn on the oven. We'll have pizza tonight.
訳)オーブンをつけて。今晩はピザを食べるから。

4.fall on

直訳すると「~上に落ちる」という意味。ここから転じて、「降りかかる」「(祝日などが日曜日などに)当たる」「重なる」」という意味になります。

例)February 14 falls on a Saturday after all.
訳)結局のところ、2月14日は土曜日に当たる。

スポンサーリンク

5.carry on

2と同様に、「on」の持つ動作や状態の継続の意味を用いたイディオムで、「進める」「続ける」という意味になります。

例)I'll strongly encourage my successor to carry on this work.
訳)私は、継承者に、この仕事を続けるよう強く勧める(つもりだ)。

6.put on

「put」+「on」で、「(服を)着る」「(服飾品を)身に付ける」という意味の他に、「(化粧を)する」「(速度を)出す」などという意味もあります。

例)She help them put on their clothes.
訳)彼女は、彼らが服を着るのを手伝った。

7.get on

おそらくいちばん使用頻度が高く、一般的なのが「(バスなどの乗り物に)乗る」という意味でしょう。他にも、「(仕事などが)はかどる」「勧める」「続ける」などの意味があります。

例)It was just difficult to see her get on that plane.
訳)彼女がその飛行機に乗るのを見るのは、本当に辛かった。

8.come on

今回紹介した中で、一番おなじみなのが、こちらの「come on」ではないでしょうか。多くが命令形で、「急いで!」「さあさ来い!」「頑張れ!」などの意味になります。それ以外には、「(夜などが)やって来る」「進む」「(電気などが)つく」などの意味があります。

例)A sprinkler comes on in a neighbor's yard.
訳)お隣さんの庭でスプリンクラーが回っている。

まとめ

他にも、自動詞+「on」で、その動詞の表す動作や状態が継続する、という意味を表すなど、たくさんの動詞+「on」の形をしたイディオムがあります。「on」の基本の意味を掴むことができれば、これらのイディオムの理解も進むでしょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。