バンクーバーから海外旅行!バンクーバー発ハワイ旅行の計画の立て方

3646

View

ビーチリゾートとして、バンクーバーっ子にも人気のハワイ。バンクーバーからハワイまでは、直行便で約6時間20分。日本の成田空港からは7時間20分ですから、実はバンクーバーからの方がちょっと近いんです。ここでは、バンクーバー発のハワイ旅行の計画の立て方についてご紹介します。

スポンサーリンク

はじめに

マウイ島の海沿いの景色

9月下旬がお勧め

バンクーバーからハワイは、直行便で約6時間20分(帰りは6時間弱)。夏のピークシーズンは値段がかなり高くなりますが、9月下旬になるとやや下がるので、この時期を狙うのがおすすめです。

バンクーバーと時差は3時間

バンクーバーとハワイの時差は3時間。例えば、バンクーバーの朝9時はハワイの朝6時です。この時差を利用し、滞在中早寝早起きをキープするようにすれば、早朝からたくさんのアクティビティができます。

実際、私は毎日ほぼ朝6時に起床し、7時からサーフィンやスノーケルをしていました。早朝の海は波も穏やかで、風もないので、ウォータースポーツやアクティビティに最適です。

航空券の手配

マウイ島の夕日の様子

バンクーバー発、オアフ島、マウイ島などの各島への航空券は、時期にもよりますが、往復400ドル前後から購入が可能です。

これだけは知っておきたい!海外航空券の賢い買い方」の記事でご紹介したSkyscannerなどの航空券比較ウェブサイトを利用して、安い航空券を探します。可能であれば、安心・安全な航空会社のウェブサイトから直接予約をしましょう。

バンクーバー発の直行便の場合、フライト自体はほぼ夕方〜夜間発で、現地の夜に到着するものがほとんどです。滞在先がホテル以外の場合は、レイトチェックインが可能かどうか事前に確認しておきましょう。

レンタカーの手配

私は9月下旬に2週間マウイ島に滞在しました。レンタカーは、時期が近くなるとどんどん値段が上がってしまうので、早めに予約するのがポイントです。私の場合、その年の2月に予約をし、フルカバーの保険込みで500ドルの比較的安いレートで予約できました。

ほとんどの場合、大手レンタカーショップは、空港までの無料シャトルを提供しているようです。マウイ島の場合、空港のすぐ外にレンタカー各社のシャトル乗り場があるので、シャトルでレンタカーショップまで連れて行ってもらい、自分の車をピックアップすることになります。

スポンサーリンク

滞在先の手配

マウイ島でたくさん見ることができるカメ

ハワイには、ホテル、B&B、Airbnb、バケーションレンタルなど、様々なタイプのアコモデーションがあります。旅行の予算と、どのような滞在をしたいかによって、自分にあったスタイルの滞在先を選ぶと良いと思います。

私は2度ハワイに行ったことがありますが、どちらもバケーションレンタルを選びました。主な理由は、ホテルより料金が抑えられること、キッチンがついているので自炊ができること(何度か夕飯を作るだけでも、かなり食費を節約できます)がありました。

バケーションレンタルの予約ウェブサイトには、VRBOVacation Rentals.comなどがあります。Airbnbにも、バケーションレンタルが多く掲載されています。アコモデーションも、レンタカーと同様に、できるだけ早くに予約するのがおすすめです。

ハワイの方が税率が安い

ハワイの税率は約4%。アメリカドルとカナダドルの両替レートにもよりますが、バンクーバーの税率は12%ですから、衣服、家電製品、日用品など、ハワイの方が安くつく品物は数多くあります。かさばらず、重量の軽いものであれば、ハワイでのショッピングは見逃せないポイントです。

まとめ

今回は、バンクーバー発のハワイ旅行についてご紹介しました。やっぱりみんな大好きなハワイ。バンクーバーからのホリデーを計画する際に、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。