格安レッスンの裏ワザ?メルボルンで政府補助のショートコース活用のススメ

1602

View

語学学校やTAFEで開催しているショートコースも良いですが、ローカル地域のCommunity CentreやNeighborhood Centreなど日本で言う公民館的なところが開催しているショートコース(市民講座のようなもの)の活用も視野に入れてみてはいかがでしょうか?語学学校やTAFEとは異なる住んでいる近くの住民と会話ができるチャンスを得られます。

スポンサーリンク

政府の補助を受けている講座が安い

Community CentreやNeighborhood Centreは、政府の補助を受けている講座が沢山あり、値段が安くなっているのが魅力です。補助を受けている講座は、同じ講座でもTAFEの市民向けショートコースの半額以下のものもあります!もちろん指導者は有資格を持っている人なので、しっかりと実践的な内容で教えてもらえます。

また、営利団体ではないのでヨガやダンスなど、健康や趣味の講座もセンターによっては1時間10ドル~13ドル前後(2015年現在)で受けられます。

どんな講座があるの?

ヨガやピラティス、太極拳、ダンス、Meditation、Art、Cooking、Hand-made、英語など健康や趣味の講座のほか、コンピューター技術やネットを活用できるIntroduction Excel & Word、LinkedIn、Wordpress、Event Management、Passways to Employment(就職のための準備コースのこと)など仕事にすぐに役立てられる講座も多々あります。

時々無料のinformation sessionやイベントも開催するので、チャンスを逃さないで参加することをオススメします。ローカルの講座は日本人が少ないですし、10人程度の小さいグループのうえ、講座によってはボランティアの補助指導員さんも入るのでわからないところも質問しやすいです。

スポンサーリンク

ネットワークが広がる

週1回なり同じ顔ぶれで講座を学ぶので、仲良くなりやすいですし、休憩時間におしゃべりも楽しめます。昼間の講座は年配の方が多いですが、夜や週末の講座は働いている世代も参加しています。20代の人は少ないですが、その分知識・人生経験のある人たちと交流できるので、ネットワークを広げたり、長く地域に住んでいる人から地元の情報を得るのにも役立ちます。同じ興味を持ってクラスに参加しているので、会話のとっかかりもつかみやすいですよ。

講座の探し方

地元のCommunity CentreやNeighborhood CentreのWEBサイトで学期ごとのパンフレットをダウンロードできるようになっていることが多いので、まずはウェブサイトを訪れてみましょう。

近くにCentreがあるならパンフレットをもらいに行くのも、施設がどんなところなのか見ることもできてオススメです。地元のセンターがよくわからないという場合はLearn Localで検索してみてください。

地区によっては半年ごとにショートコースガイド冊子を発行しているところもあり、センターのほか図書館や区役所で入手することができます。探してみてください。

ヨガと太極拳(Tai Chi)を希望の人は、フェデレーション・スクエアで無料にて受講することもできるので一案に加えてみては?

Yoga and Tai Chi at Fed Square
Yoga:http://fedsquare.com/events/yoga-at-fed-square
Tai Chi : http://fedsquare.com/events/tai-chi

最後に

ヨガ教室など民間団体(会社)が運営しているコースで初回格安のものや月何回通っても定額なところもありますが、頑張って通わないと高くついてしまうこともあるので、自分のライフスタイルを考えながら、非営利団体運営の講座と比較しつつ選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • ハウツー
  • 習い事
  • ローカル
  • 市民講座
  • ショートコース
  • Neighborhood Centre
  • TAFE
  • Community Centre

この記事を書いた人

ちび
ちび

メルボルン滞在2年目。語学学校を終了後、ローカルの小さなコミュニティーセンターでボランティア活動に携わっています。趣味は、映画鑑賞とカフェ巡り。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学学校の効果
3倍アップ
留学業界の裏事情を全てeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)