アメリカで挙げる結婚式の流れ〜準備・後編〜

6963

View

アメリカの結婚式や披露宴は日本と違い結婚する各カップルがやりたい事を尊重して自由に式を行うのが一般的です。けれど、自由の中にも多少の決まり事や慣習があります。今回は「アメリカで挙げる結婚式の流れ〜準備・前編〜」の続編です。

スポンサーリンク

前回の「アメリカで挙げる結婚式の流れ〜準備・前編〜」では、①プロポーズ〜⑤花嫁のドレス選びのステップをご紹介しました。今回は後編として、⑥〜⑨のステップについてご紹介します。

6.ゲストに招待状を送る

結婚式の場所と日付が決まったら、招待したいゲストを決めて招待状を送ります。慣習的には郵送でカードを送り、RSVP(参加の意向)を指定の日までに同封の封筒に入れて返送してもらう方法になります。

最近はメールで案内状を送ったり、二人の結婚式情報のためのウェブサイトを開設し、そこにRSVPをもらうパターンも増えつつあります。大体一ヶ月前にゲストの人数を確定して、ケータリング担当に報告します。

ゲストに招待状を送る
Parekh Cards

7.結婚式に向けて様々なアレンジを決める

結婚式やその後に開くパーティに向けて段取りや料理、音楽、花、フォトグラファー、リセプションのテーマやデザイン、司会者など細々した事柄を決めていきます。 Destination Weddingと言われる遠方で行う結婚式の場合は、現地のコーディネーターを雇い、現地でしかできないことを依頼します。

各テーブルの上に飾るデコレーションやゲストへの小さなギフトも手配します。アメリカではパッケージ型のパーティはあまり無く、各カップルが結婚式のミニスター(教会でいう神父の様な人)、料理を手掛けるケータリング会社、花をアレンジする会社、DJ・・・という風に全て自分たちで手配していきます。そのため全ての手配が完了するのに相当の時間を要します。更に、パーティで最初に踊るファースト・ダンスの練習も必要です。

各テーブルの上に飾るデコレーションやゲストへの小さなギフト

ゲストが確定したら、テーブルの配置とゲストの席順を決めます。通常は両家親族のテーブルは新郎新婦から一番近い場所に配置します。そこから同僚関係、学生時代の友人と順次テーブルと席順を決めていきます。

その他、遠方のゲストのためにホテルを予めブロックし、予約が取れる様にアレンジして案内状を送ります。Destination Weddingの場合であれば、自分たちやゲストの宿泊先の手配も必要となります。

正直、凝り出すと際限がありません。加えて一つ一つの手配に細かな注意が必要で、この準備期間は最も頭を悩ますプロセスとなります。準備があまりにも大変なため、この間に最低一回は婚約カップルが大喧嘩をすると言われています。

テーブルの配置と各ゲストが座る席順を決める
John Hope

スポンサーリンク

8.Bridal Shower(ブライダルシャワー)

結婚式の前に、新婦の友達が集まって女性のみで行うお祝いパーティを「Bridal Shower(ブライダルシャワー)」といいます。メイド ・オブ・オーナーとブライズ・メイドが中心となって手配をします。同じように新郎側も、男性の友人が集まってパーティを行います。これを「Bachelor's party(バチェラーズ・パーティー)」といいます。

ブライダルシャワーは、新婦によっては一緒に旅行に行くなど大掛かりなものもあれば、ブライズメイドの家でお茶会をするなど様々ですが、参加ゲストは新婦へのギフトを持ち寄って楽しくお祝いをします。

新郎新婦は、「Wedding Registry」または「Bridal Registry」といって自分たちが結婚祝いに欲しいギフトを予め選んでリストにしておきます。そのため、お祝いギフトはリストから選んで購入するシステムが通常です。しかし、最近ではギフトの代わりに、オンラインで新婚旅行や新居への資金を集めるなど、レジストリーのスタイルも様々なパターンが増えています。

Bridal Shower(ブライダルシャワー)
ceng design

9.リハーサル・ディナーの手配をする

結婚式の前日に両家親族とブライズメイドなどウェディングに関わる人たちが集まって食事をすることを「Rehearsal Dinner(リハーサル・ディナー)」といいます。この慣習は、教会で式のリハーサルを行った後にみんなで食事を行ったことが由来ですが、現在は教会で結婚を挙げないカップルもリハーサル・ディナーを主催して親族同士、顔を合わせの場とすることが多いです。

リハーサル・ディナーは、レストランの一部分を貸し切るなど和やかに行われます。そのため、結婚式に参加する家族や招待されたゲストは結婚式の前日までに現地に到着する必要があります。この時、新郎や新婦から感謝を述べるスピーチ、家族を代表した短いスピーチと乾杯が行われます。

リハーサル・ディナーの手配をする
BrianKhoury

最後に

これにて新郎と新婦の結婚式当日までの準備は終わりを告げます。通常の慣習として、結婚式の前夜は新郎と新婦は別々に宿泊先を手配し、結婚式当日のウェディングドレスお披露目まで会わない場合が多いです。次回はいよいよ結婚式当日編をお伝えします。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2780 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20936 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5201 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5483 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ハウツー
  • 準備
  • 結婚式
  • リハーサル・ディナー
  • Wedding Registry
  • バチェラー・パーティー
  • レジストリー
  • ブライダルシャワー
  • Destination Wedding
  • Bridal Registry
  • 招待状

この記事を書いた人

Katie M
Katie M

18歳での留学をきっかけに渡米しはや20+年。アメリカの州立大学を卒業後、ニューヨークに渡りアメリカ企業に勤める事14年。去年(やっと)結婚した後、旦那の転職によりサンフランシスコで新しい生活を始める。