アメリカでの携帯電話の購入方法 オススメ携帯会社は?

5720

View

アメリカでの留学生活に携帯電話やスマートフォンはもちろん必須!今回は、携帯電話の買い方やオススメの会社を紹介します!

スポンサーリンク

アメリカ留学における携帯電話事情についてはアメリカ留学で携帯電話を使うには?アメリカで携帯電話を使う前に知っておきたいことも合わせてご覧下さい。

日本のケータイって使えないの?

残念ながら日本のキャリア(docomo、au、Softbankなど)で購入・契約した携帯電話やスマートフォンは、SIMロックがかかっています。アメリカを含む海外で通常は使えません。SIMフリー(Unlocked)機種であればアメリカを含む海外で一部使用が可能です。

アメリカでの携帯電話の購入方法

実際にアメリカで携帯電話を買うには、どんな方法があるのでしょうか?

主に「正規契約方式」と「プリペイド方式」に分かれます。留学生はプリペイド方式で携帯電話を購入することが多いです。年数縛りや違約金がないため、短期留学生や時々日本に帰る学生にとって大変便利です。

プリペイド方式で携帯電話を買う方法

プリペイド方式で携帯電話を購入するのはとっても簡単です。

1. 本体を購入※
2. プラン(電話時間、テキスト数、データ通信量など)を選んでSIMカードを購入
3. その後の支払いはオンラインのマイページで行う

以上の3ステップです。
本体やSIMカードの購入時にIDなどの提示も必要なく、スムーズに契約ができます。

※プリペイドの場合は、どのキャリアでも本体の購入代金は一括購入が基本です。

正規契約で携帯電話を買う方法

正規契約で携帯電話を購入することも可能です。日本のように2年契約の縛り、契約期間中の解約は違約金が発生します。正規契約はプリペイドより良いサービスを受けられます。

1. 本体を選ぶ
2. プランを選ぶ
3. IDやソーシャルセキュリティの提示※
4. 契約

以上の流れで契約します。
契約自体は複雑ではありません。むしろ日本よりは簡単かもしれません。本体購入時に料金の割引などサービスがあります。

※ソーシャルセキュリティがない場合、契約時に$500程度のデポジットを求められる可能性があります。デポジットは契約から1年後に申請すると返還されます。

スポンサーリンク

どんな携帯キャリアがあるの?

アメリカには、いくつかのキャリアがあり値段もサービスも様々です。

近年のランキングベスト4は、上から「Verizon Wireless」「AT&T」「Sprint」「T-Mobile」です。プリペイド専門キャリアでは「Metro PCS」や「Virgin Mobile」もあります。

最安の携帯会社は?

単純な最安値であればVirgin Mobileのプリペイドです。

本体を一括購入し、月額使用料は$35(通話300分、テキスト無制限、データ通信無制限4G含む)から使用できます。しかし、問題点として郊外では電波が全く入らないこともあるので、大都市圏以外の留学生にはあまりお勧めできません。

単純な最安値であればVirgin Mobileのプリペイド
Virgin Mobile

オススメの携帯会社は?

僕個人としてのオススメはT-Mobileのプリペイドプランです。

T-Mobileはランキングこそ4位ですが、通信環境が悪くない上にプランが安いため総合的に良いです。月額使用料$50(通話無制限、テキスト無制限、データ通信無制限※)から使用できます。テザリングも無料で使用できるため、ラップトップとの併用にも大変便利です。

※ $50のプランの場合はデータ通信量1GBを超えると速度制限がかかります。(高速データ通信が3GB、7GBなどのプランもあり)

オススメの携帯会社T-Mobile
T-MOBILE USA, INC

まとめ

携帯電話の料金は多種多様で選択に悩むと思います。自身の生活拠点、生活スケジュール、滞在期間などを踏まえた上で、しっかり情報収集をして自分に合ったキャリア、プランを見つけることが大切です。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Yusuke
Yusuke

同志社大学を中退後、単身渡米。現在はカリフォルニア州サンフランシスコ近郊にあるコミュニティカレッジ、College of San Mateoに在学。専攻は建築。サンフランシスコ郊外で絶賛一人暮らし中、現在在米2年。

https://yusukeshinozaki.wordpress.com/