イタリアで携帯を使うには?イタリアの気になる携帯事情携まとめ

1266

View

Johan Larsson

日本では料金プランを決めたあと、毎回引き落としされるのが一般的な携帯料金ですが、イタリアはどうでしょう?日本とイタリアの携帯事情についてお伝えします。

スポンサーリンク

日本から持参した携帯電話は使えるの?

基本的にできませんが、simフリー端末なら使うことが可能です。

しかし、まだまだ日本ではsimフリー端末は知名度が低く、そもそもsimについて知っている人があまりいないですよね。なので、基本的には現地で機種を購入するのが一般的です!(iphoneのsimフリー端末は日本国内にあるAppleストアで購入可能です)

Simカードとは?

Simカード
Quinn Comendant

Simカードとは、簡単に言うと携帯電話で電話機能やインターネットを使うためのカードです。このSimカードを携帯電話の中に装着することで、端末に電話番号が付与されます。

Simカードは、アンドロイド機種とiphoneでサイズが異なるので、買う時にお店の人に一緒に使う端末を聞かれます。

Simフリー端末とは?

Simフリー端末とは携帯電話に入れるSimカードの会社など規定がない、つまりSimロックが掛かっていない端末のことで、日本の携帯ショップで購入するスマートフォンはこのSimロックが掛かっています。例えば、auのお店でiphoneを買うとauのSimカードしか入れられないようになっています。

イタリアの携帯電話キャリアとは?

イタリアの携帯電話キャリアはTim、Wind、Vodafone、Treの4つです。

Tim

Tim
Wikimedia Commons

Tim Webサイト

Wind

Wind
Wikimedia Commons

Wind Webサイト

Vodafone

Vodafone
Wikimedia Commons

Vodafone Webサイト

Tre

Tre
Wikimedia Commons

Tre Webサイト

筆者はTimを使っていますが、個人的に見たところイタリアではWindを使っている人が多い気がします。

イタリアの携帯キャリアの違いとは?

Timは料金は少し高めですが、少し田舎の方に行っても電波が入ります。そしてアプリの使い心地もいいのでオススメです。また、Simカードを買って、入れればそれで終わりです。その使い勝手の良さもいいです。

Windはとにかく安いです。それが推しです。筆者も使って見たことがあるのですが、住んでいるエリアのネット接続があまり良くなかったのと、一回Simカードを取り出してしまうと、また初回入れるときも設定を行う(PinとPasswordなどを入力)必要があり、少々面倒だったので現在はTimを使っています。

Vodafone、Treについては筆者の周りでもあまり使っている人がいないので比較しにくいですが、結局のところは住んでいるところの電波状況や個人的な趣味やですね。そこは日本と一緒です。

スポンサーリンク

Simカードを買うのに必要なものは?

Simカードを買うには、パスポートもしくは滞在許可証が必要です。もし取得していればCodice Fiscaleも聞かれます。

Simカードを買う前にすることは?

料金プランはよく見る必要があります。お店の人と相談するのが一番良いでしょう。少し電話ができて、インターネットを使えるプラン、と伝えればこれがいいんじゃない?とお店の人が勧めてくれます。

先日(2016年5月現在)、3000分の通話と2GBのインターネットが付いて月々10ユーロというプランをTimで見ました。かなりお得ですよね。また、少し前(2015年10月現在)ですが、Windでは3GBのインターネット、電話料金は別で月々8ユーロというプランを見ました。

ちなみに買うときには初回一回だけ10ユーロ(Simカード本体の料金)、買った月の分のチャージ料がかかります。つまり、月々10ユーロのプランにするとすると、初回のみ20ユーロかかります。

Simカードを買ったらすることは?

ここでは携帯電話本体 Simフリーのものが手元にある設定で話を進めます。

Simカードを買ったら、携帯電話の本体にSimカードを入れます。Timの場合は、以上でやることは終わりです。30分もすれば電話もインターネットも使えるようになります。Windの場合はSimを入れた時点でPinとPasswordを入れることになります。

月々の支払いはどうするの?

イタリアでは携帯電話料金の支払いはチャージ制になっています。Suicaみたいな感じです。お金がチャージされていれば使えるし、されていなければ使えません。そのチャージの仕方を「Ricarica」といいます。

基本的にはチャージの仕方は2つりあり、一つ目は「Tabacchi」という日本でいうコンビニみたいなお店で店員さんに伝えると、電話番号、使っているキャリア、チャージする料金を聞かれるので答えればできます。こちらも15分くらいすると反映されます。

Tabacchi
Patrick Morgan

またはオンラインでクレジットカードでもチャージすることができますが、イタリア語を全く知らないと難しいので、Tabacchiでチャージするのをまずはお試しあれ!TabacchiのTの文字を探してくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?イタリアで新生活を始める方には一番必要になってくる情報ですよね。携帯電話が使えればイタリア人とのコンタクトも取れるようになりますし、日本の家族とも連絡できるようになったりいろいろメリットがあります。ぜひ携帯電話をイタリアでも使いこなしてくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

きゃろらいん
きゃろらいん

こんにちは、高校卒業と同時に単身ローマに来て早1年経ちました。まったくわからぬ言葉の壁も文化の違いも、面白いと自分の中に吸収して留学生活を楽しんでおります。なるようになるし、なるようにしかならないイタリアが好きです。どうぞよろしくおねがいします。

https://www.instagram.com/carolineternal/