ジャンクフードの多いシドニーで私がやってる太らない方法

2233

View

オーストラリア人の4分の1近くが肥満という環境での暮らし。色んな食べ物の誘惑あり、つい食べるのに夢中になってしまいます。そんな中、私が体重を維持するためにやっている工夫や方法をご紹介します。

スポンサーリンク

食文化が優れた街・シドニー

食文化が優れた街

シドニーほど各国の料理が充実している都市はないんじゃないでしょうか。さすが多国籍国家だけあって、外食には本当に困りません、笑。日本料理も美味しいし、中華は言うまでもありません。韓国料理も、タイ料理もシドニーには美味しいお店があります。

こんな環境で好きに食べ飲みしてたら恐ろしいことになります。私の友達は好きな物を食べて飲んでの生活を3ヶ月した結果、15キロも太っていました。

太る以外に他ない飲み物

アイスコーヒーを飲む日本人も少なくない思いますが、実はオーストラリアでアイスコーヒーを頼むと、激甘スイーツが出てきます。日本から来た人たちがよくしてしまうミスです、笑。

シドニーのアイスコーヒー

こんなもの太る以外に他ない飲み物でしょ?私も知らなくて一度ミスしました、笑。ブラックの冷たい「日本のコーヒー」が飲みたい時は「iced americano」と注文しましょう。

スポンサーリンク

シドニー太らずに暮らす方法

自炊をする

食べ物、飲み物についてこれほど誘惑が多いシドニー生活では、むしろ太らないほうが難しいかもしれません。そんな環境の中で、私がやってる太らない方法は「自炊を心がけること」です。時間がある時はヘルシーで美味しそうなものを自分で作り、食べたり、作り置きするなど工夫してます。

環境を作る

食べる物に気を付けるだけでなく、運動できる環境に身を置くことも意識しています。

環境づくり

実はシドニーのCITYでフラットシェアを探すと、ジム、プール、サウナ、スパが無料で使える部屋が多いです。それもフラットなので安い家賃でマンション(apartment)にあるこれらの施設を利用できます。実際、私はこの環境を活かして二日に一回はジムに通っています。日本だったらジム通いがなかなか大変ですが、シドニーでは住む場所を工夫するだけで意外と作りやすいのでお勧めです。

まとめ

留学はたくさんやる事があるように見えますが、自分の環境を工夫する時間は割と捻出できるはずです。自炊を心がけたり、日常的に運動するなど体に気をつかいながら、素敵な留学にしてください♪

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

大豪
大豪

19歳の大豪です。いろんな経験ができればなと思いワーホリ中です☆

http://ameblo.jp/imanakadaigo/