2026年冬季五輪閉会式が行われるVerona(ヴェローナ)の名物料理5選

1293

View

スポンサーリンク

Wikimedia Commons

北イタリアの都市Verona(ヴェローナ)は、シェイクスピア作「ロミオとジュリエット」のモデルとなった街。2026年の冬季五輪では、閉会式の会場となっております。ここではそんなVeronaで、絶対ハズせない名物料理をご紹介します。

スポンサーリンク

定番の郷土料理!Bollito con Pearà

Bollito con Pearà(ボリート・コン・ペアラ)は、北イタリア名物の茹でた子牛の肉(Bollito)に、パン粉と胡椒などから出来たVeronaのご当地ソース(Pearà)をかけていただく料理。特に冬になるとあちこちで提供されます。脂身が少ないので時差ボケで疲れた胃にも優しいですよ!是非旅行者の皆様もお試し下さい。

トマトソースでいただく!Gnocchi

Gnocchi(ニョッキ)はイタリア全土で様々なレシピが存在します。Veronaはトマトソースのものが定番。また、古くからカーニバルの時期に食べる風習があり、この日はPapà del Gnoco(パパ・デル・ニョッコ)という人が、街で無料でGnocchiを振る舞う習わしになっています。

伝統的な馬肉料理!Pastissada de caval

Pastissada de caval(パスティッサーダ・デ・カヴァル)はVeronaに伝わる馬肉の煮込み料理です。Pastissadaは「長時間煮込んだ」という意味、Cavalは馬のことです。その昔、戦の最中に飢えた兵士たちが戦死した馬たちを調理して食べたことに由来する料理。

誕生秘話については、少々恐ろしいものですが、味は絶品。家庭ではなかなか作れない料理なので、イタリアにお住まいの方も、是非Veronaに来たら食べてみてください。

スポンサーリンク

日本人の口にも合う米料理!Risotto alla tastasal

Risotto alla tastasal(リゾット・アッラ・タスタサル)は豚肉のミンチ(tastasal)入りリゾットです。イタリアでも日本と同じように稲作文化があり、特に秋頃からは新米が出始める季節。この時期米どころのVeronaに行った方には是非食べてほしい一品です。

お肉の塩気がお米と絡んでとても美味しく、日本人にも食べやすい料理の一つです。

定番スイーツ!Pandoro

Pandoro(パンドーロ)はクリスマスの時に食べる大きなパウンドケーキ。日本でも 最近売られるようになったパネトーネの、具無しバージョンのようなものです。今ではクリスマスの時期になるとイタリア全土で簡単に買えるようになりましたが、Veronaが発祥。Veronaの誇る最も有名な名物の1つなので、現地ではクリスマス以外でも買うことが出来ます。

菓子パンのようなミニサイズもあるので、是非小腹がすいたらお試しあれ。

まとめ

冬が長く厳しいVeronaでは比較的冬にぴったりの名物が多いです。ということで、ますます冬季五輪開催が楽しみですね!特にヴァレンタインの時期は世界中からたくさんの観光客が訪れ最高に盛り上がります。是非機会があったら行ってみてください。

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

「3週間の留学」を無料プレゼント中(2020/1/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「3週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「3週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談