外国語ができるから通訳できるわけじゃない!通訳を仕事にする上で重要なこととは?

4747

View

スポンサーリンク

「英語ができるから通訳ができる!」と思ったら大間違い!筆者はたまに仕事の商談で通訳をしなければいけない状況になることがありますが、そこでいつも思うのは「外国語の能力と通訳の能力」は比例しないということです。ここでは、通訳の仕事を志している人や、仕事などで通訳を頼まれる方に向けて、通訳をする上で重要なことをお伝えします。

スポンサーリンク

バイリンガルでも通訳はできない

私の友人で、家庭の環境のお陰で日仏バイリンガルの人がいるのですが、本人曰く、通訳はできないとのこと。フランス語でも日本語でも同じ話はできますが、聞いたことを通訳するというのは全く別のことだと言います。

私もいくつかの語学ができますが、通訳は得意ではありません。自分が経験してきた仕事に関連したことであれば、既にその業界や会社の知識はあるので、ある程度通訳ができます。しかし、知らない分野の通訳だと、単語力がなかったりして、あまりうまくできません。

つまり「複数言語ができる=通訳ができる」わけではないのです。

通訳の仕事で最も大事なことは語学力ではなく、きれいな言葉を使える能力

英語の発音がとても上手な日本人留学生の友人が現地の人と英語で話しているところを見ると、彼の話し方がスラング混じりで、正直きれいな英語とは言えるものではありません。

彼は同年代の若い学生たちと多くの時間を過ごしているので、話し言葉としてはナチュラルな英語かもしれないのですが、若者言葉のままのようです。これは日本語でも同じで、きちんと敬語ができる人とそうでない人がいますが、それと同じことが言えます。

通訳に必要な能力とは、外国語と日本語に関する理解と同時に、読解力、言葉のきれいさも重要になります。仕事で通訳をお願いすることが多い、とある企業の社長さん曰く、仕事ができる通訳の特徴は「日本語がきれいなこと」とのことです。

スポンサーリンク

通訳の仕事には特殊な技術が要求される

通訳には複数言語に関する読解力や言葉のきれいさが必須ですが、その他にも技術が必要となってきます。まず、当然ですが複数言語に関するかなりの語学力(語彙など)が必要になります。

また、逐次通訳(話者の話を数十秒〜数分ごとに区切り順次通訳する方法)にしても、同時通訳(リアルタイムで通訳する方法)にしても、語学以外の他の技術が必要です。

逐次通訳に関しては、聞いたことを訳していくときに、今聞いたことを忘れてしまってはいけないので、短期記憶の技術に長けていないといけません。むしろ記憶というより、今聞いたインプットをそのままアウトプットしていくという技術です。

同時通訳に関しては、聞いたことをそのまま発していくので、耳で聞いたことをそのまま口にする、そんな特殊能力を鍛える必要があります。同時通訳の練習として、聞いた英語をそのまま繰り返していく、シャドウィングという訓練がありますが、これがなかなか難しいものです。

ちなみに、発音に関してはネイテイブのように聞こえるかではなく、いかに聞きやすく、きちんと話しているかが重要になります。発音がネイテイブ並みとは言えないものの、きちんと丁寧に話すことのほうが重要です。

海外在住歴20年の人でも通訳ができない?

通訳は慣れもあるので、仕事としてではなく、ボランティアや、他の仕事の中でたまたま通訳をする機会があったり、さまざまなところで経験を積んで通訳になる人もいます。

通訳でもさまざまな分野があり、得意・不得意の分野があります。それが仕事や興味に関係していたり、何かの分野に特化しているほうが通訳しやすいでしょう。

先日、ある展示会で通訳業務の応募があったので、面接に行ってきたのですが、そこには他にも多くの応募者の人たちがいました。

通訳や日本語のテストをしてみて分かったのが、今までどれだけ通訳の仕事をしてきたか、ただ外国語を使って生活をしてきたか、ということに大きな差があるということでした。

そこには海外滞在歴20年以上の人もいましたが、海外滞在が長いだけで、通訳の仕事をしたことがない人は全く通訳ができていませんでした。

逆に、滞在期間が短くても、既に通訳としての仕事をしたことのある方は、問題なく通訳のテストをこなしていました。

通訳はやはり特殊技術職なのです。

まとめ

以上、通訳を仕事にする上で重要についてお伝えしました。まとめると以下の通りです。

  • 外国語ができる=通訳ができるわけではない
  • 言語に関する正しい理解ときれいな言葉遣いが重要
  • 通訳は特殊な技術で訓練が必要
  • 得意分野の方がやりやすい
  • 発音は重要ではなく、いかに聞きやすく、きちんと話しているかが重要
  • ボランティアでも経験を積んでおくのが良い

仕事で外国語を使うのと、仕事としての通訳は全くの別物となりますので、外国語を使った仕事に興味のある人は、このことを忘れないようにしましょう。

語学力だけじゃダメ?実は色々ある通訳のお仕事6選【体験談】通訳仕事の具体的な業務内容と注意点とは?では、通訳に関するさまざまな仕事をご紹介しています。合わせてチェックしてみてください。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 通訳

この記事を書いた人

Coquelicot
Coquelicot

12歳からフランス、イギリス、イタリアに留学し、語学留学、大学留学、大学院留学、と様々な留学を経験。ロンドンの語学学校に務めた後、現在はフランスの大学院で語学学習についての博士論文を書いています。

http://ameblo.jp/vindalsace/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談