コーヒーはイタリア語で何という?ドリンクメニューのイタリア語13選

4472

View

スポンサーリンク

ここでは定番ドリンクのイタリア語名をご紹介します。飛行機・電車のドリンクサービス時もお役立ち!旅行者の皆様も必見です。

スポンサーリンク

コーヒー(アメリカン)

コーヒー類はイタリア語で「Caffè americano(カッフェ アメリカーノ)」といいます。イタリアでいわゆる日本のようなコーヒーを飲みたい場合「Americano(アメリカーノ)」の1フレーズがとっても大事!これがないとエスプレッソコーヒーが出てきてしまいます。

ちなみにブレンドコーヒーとアメリカンコーヒーを区別する店はまず見かけません。アメリカンコーヒーを頼むとエスプレッソのお湯割りが出されます。

アメリカンコーヒーを頼むと「Ha bisogno di zucchero e latte? (アイ ビゾンニョ ディ ズッケロ エ ラッテ:砂糖とミルクは要りますか?)」と聞かれる場合がありますので聞かれたら「Si(シー:はい)」「かNo(ノ:いいえ)」で答えましょう。

コーヒー(エスプレッソ)

エスプレッソコーヒーはイタリア語で「Caffè(カッフェ)」といいます。イタリア人にとって「コーヒー」と言えばエスプレッソコーヒーのこと。「エスプレッソ」の一言がなくとも通常はエスプレッソコーヒーが出されます。

ちなみに、エスプレッソコーヒーを頼んだ場合は砂糖が付いてくることがほとんど。イタリア人の多くはエスプレッソコーヒーに砂糖をたっぷり入れて頂きます。

紅茶

紅茶はイタリア語で「Tè(テ)」といいます。言えばたいていの場合は紅茶が提供されますが「Tè」は本来「お茶」という意味なので「Tè nero(テ・ネーロ:黒いお茶の意)」というと確実です。なお、緑茶はイタリア語で「Tè verde(テ・ヴェルデ:緑のお茶の意)」といいます。日本発着の飛行機などの場合、緑茶があるコトも。

紅茶を頼むと「Ha bisogno di zucchero? (アイ ビゾンニョ ディ ズッケロ:砂糖は要りますか?)」と聞かれることがありますので「Si(シー:はい)」「かNo(ノ:いいえ)」で答えましょう。イタリア人は紅茶にミルクを入れないので聞かれるのは稀です。

オレンジジュース

オレンジジュースはイタリア語で「Succo d'arancia(スッコ ダ ァランチャ)」といいます。「Succo(スッコ)」がジュース「Arancia(アランチャ)」がオレンジの意味なので「アランチャ」だけでも通じます。

オレンジジュースはレストランなどの場合、通常タイプ以外に「生絞り」タイプがあることも。生絞りタイプは「Spremuta d'arancia(スプレムータ ダ ァランチャ)」といい通常価格の1.5倍程しますがとても美味しいです。

トマトジュース

トマトジュースはイタリア語で「Succo di pomodoro(スッコ ディ ポモドロ)」といいます。トマトジュースを頼んだ場合「Hai bisogno di sale e pepe?(アイ ビゾンニョ ディ サレ エ ペペ:塩と胡椒は要りますか?)」と聞かれる場合がありますので「Si(シー:はい)」「かNo(ノ:いいえ)」で答えましょう。

りんごジュース

りんごジュースはイタリア語で「Succo di mela(スッコ ディ メーラ)」といいます。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターはイタリア語で「Aqcua(アックア)」といいます。頼むと「Naturale(ナトゥラーレ:炭酸なし)」か「Frizzante(フリッザンテ:炭酸水)」と聞かれるので、好みに応じて答えましょう。

ボトルのサイズを「Grande(グランデ:大)」「Medio(メーディオ:中)」「Piccolo(ピッコロ:小)」で聞かれることもあります。

スポンサーリンク

赤ワイン

赤ワインはイタリア語で「Vino rosso(ヴィーノ・ロッソ)」といいます。

白ワイン

白ワインはイタリア語で「Vino bianco(ヴィーノ・ビアンコ)」といいます。

スパークリングワイン

スパークリングワインはイタリア語で「Spumante(スプマンテ)」といいます。

ビール

ビールはイタリア語で「Birra(ビッラ)」といいます。瓶ビールが多いですが生ビールがある場合「Birra alla spina (ビッラ アッラ スピナ)」と書いてあります。

牛乳

牛乳はイタリア語で「Latte(ラッテ)」といいます。飛行機などで提供してもらえる場合が多く、たいていは「冷たい(Freddo:フレッド)」ものがワゴンに積んであります。

コカ・コーラ

コカ・コーラはイタリアでも「Coca Cola(コカ・コーラ)」です。たいていノーマルとゼロカロリーの2種類あるのでゼロカロリーの方が良い時は「Zero(ゼロ)」と言い添えてください。

その他

その他、ファンタ・ペプシ・ジンジャエール・シュウェップスなどがソフトドリンク類の定番メニューで、いずれも商品名を言えば通じます。

日本では定番だけれどもイタリアではほとんどみかけない2大ドリンクが「アイスコーヒー」と「アイスティ」です。どちらもほとんど見かけません。アイスティの場合あったとしてもたいてい砂糖入りタイプです。

まとめ

以上、ドリンクメニューのイタリア語をご紹介しました。

なお「〇〇はありますか?」と聞きたい場合は「Avete 〇〇?(アヴェテ 〇〇)」と尋ねれば答えてくれます。〇〇の部分はイタリア語がわからない場合、英語でも通じる(海外製品の場合商品名を言えば通じる)場合が多いので是非聞いてみてください。

イタリアのMarocchinoって何?イタリアで定番のカフェメニュー4選ではイタリアのカフェで定番のメニューをご紹介しています。合わせてチェックしてみてください。

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

「1週間の留学」を無料プレゼント中(1/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談