敏感肌用の商品はどうやって選ぶ?ドイツのドラッグストア事情

754

View

Wikimedia Commons

海外生活で化粧水や石鹸などを選ぶ際、実際に自分の肌に合うかどうかわからなくて心配だと感じることはありませんか?特に敏感肌の方は気になるところですよね?ここでは、現在ドイツに住んでいる筆者が、ドイツのドラッグストアに関するあれこれや、実際に石鹸や化粧水、シャンプー、コンタクトレンズの洗浄液などを選ぶ際に気をつけるべきポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

ドイツのドラッグストア事情

ドラッグストアはドイツ語で「Die Drogerie」といいます。ドイツにはROSSMANNdmMüllerといったフランチャイズのドラッグストアがあり、これらは、比較的小さな町でもよく見かけます。

どこも店内は明るくて清潔な印象で、通路は広く商品も見やすく配置してあります。シャンプーやハンドクリーム、制汗剤などのミニサイズコーナーがあり、持ち運びにも便利なものが50セントからだいたい2ユーロ程と安価で売ってあるので、試しにいくつか購入してみることをおすすめします。

レジでは商品をミニコンベアの上に素早く並べて、自分の購入したい商品を並べ終えたら、レジ脇に置いてある仕切りを使い、ほかのお客さんと商品が混ざらないようにします。

ちなみに、ドイツではエコバック持参です。エコバックはレジの前にも安く売ってあります。

スポンサーリンク

商品に関する基礎知識

ドイツのドラッグストア

続いて、実際にドイツのドラッグストアで化粧水・ボディクリーム、石鹸・シャンプー、コンタクトレンズ洗浄液を購入する際のポイントをお伝えします。

化粧水・ボディクリーム

ドイツは日本に比べて乾燥しています。たまに朝起きると喉がカラカラしていることも。筆者はべたべたするのが苦手なのですが、ドイツのクリームや化粧水、ボディクリームなどはいい香りがして、あまりベタつきがありません。

敏感肌の人は赤ちゃん用のクリームやケアオイルなどで保湿すると良いでしょう。だいたい3ユーロあれば購入できます。敏感肌用の商品については「敏感肌・繊細な肌」という意味で「Sensitiv」もしくは「für Zarte Haut」などと書いてあります。

筆者は乾燥してヒリヒリしてくるので毎日ボディクリームを塗っています。冬期はあまり陽が照らないのでビタミンE 配合(mit Vitamin E)のクリームがおすすめです。

ノンシリコン、パラベンフリー、自然派の化粧品も日本に比べて種類も豊富、安く手に入るので是非試してみてください。

石鹸・シャンプー

石鹸はドイツ語で「Die Seife」シャンプーは「Das Shampoo(Schampun)」と、それぞれいいます。

筆者は化粧落としはミルクタイプが好きで使っているのですが、刺激が少なく小鼻のわきなどの落ちにくい箇所も綺麗に落ちます。成分のほとんどが天然成分配合で、3〜4ユーロほどで購入しました。

シャンプーはダブやロレアルなどの日本でも見かけるものも売ってありますし、スタイリング剤ですとシュバルツコプフもあります。

個人差はあるかと思いますが、現地の人と比べて髪質が太く油分が多めなので、フケ対策用のシャンプー(Anti Schuppen)ですとべたついてくるのが早く、あまりおすすめできません。

コンタクトレンズ洗浄液

コンタクトレンズの洗浄液などもドラッグストアに安く売ってありますが、使い心地が優しく値段も安いです。違和感なく装用できました。

ソフトコンタクトレンズの人は「All in One Lösung (オールインワンタイプ)」もしくは「Für weiche Kontaktlinsen」、ハードコンタクトレンズの人は「Für hart」と表示のあるものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?慣れない外国での生活はわからないことや戸惑うことも多いと思います。生活に必要なもの、自分に合うものに巡り合うと生活もスムーズになるでしょう。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(5/30締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

cocoma
cocoma

まだドイツに入国して日が浅いですが、2回目の渡独となり、2週間短期留学で発生した失敗を踏まえて準備したつもりですが、今回また、ふとしたミスや大変さを経験したことで、ここはこうしたらスムーズにいく!など新しく知恵が増えてよかったので、有益な情報を提供できたらと思っています。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談