セレブ都市シンガポールの年末年始カウントダウンパーティってどんな感じ?

890

View

スポンサーリンク

Wikimedia Commons

最近は日本でも年末年始のカウントダウンのイベントが各地で開催されており、TVなどでも各国からの新年を祝う様子が中継されますが、シンガポールのカウントダウンの様子はどのようなものなのでしょうか?ここでは、シンガポール在住の筆者が、シンガポールのカウントダウンイベントについてご紹介します。

スポンサーリンク

シンガポールのカウントダウンパーティ

シンガポールのカウントダウンパーティ

日本ではお正月を迎えるために、12月31日は大晦日で大忙しとなる1日ではありますが、ここシンガポールではいたって気楽な1日です。敢えて言えば、新年を迎えるためにカウントダウンパーティのイベントが催されたり、ホームパーティなどを開催したり、楽しく過ごす人も多いといった形です。

シンガポールで一番も盛り上がるカウントダウンのイベントは、国の中心地、マリーナ・ベイで行われるカウントダウンでしょう。ここでは、新年を迎えるための花火があがるので、ベイ・エリアでは多くの人で賑わいます。

マリーナ・ベイ(Marina Bay)の打ち上げ花火

マリーナ・ベイでは、1月1日午前0時を迎えると同時に花火があがります。この花火を見るために、この時期のマリーナ・ベイ沿いにあるホテル(Marina Bay Sands、Ritz Carlton、The Orientalなど)は、どこも満室になります。半年前くらいからの予約が必要になるのではないでしょうか。また、周辺のレストランも満席状態になります。

どこへ行っていいかわからない場合は、まず海側に足を運んでみましょう。ただし多くの人が訪れるため、大変な混雑が予想されます。

スポンサーリンク

その他のカウントダウンイベント

カウントダウンイベントの様子

セン・トーサ島のシロソ・ビーチでは、新年を迎えるイベントが大々的に開かれていますので、現地ローカルの人や外国人と混じって、ワイワイ過ごすのも楽しいでしょう。

イースト・コースト・パークでは、地元の人たちがのんびり散歩して、新年を迎えている様子も見られます。時には海に船舶しているタンカーから、非常灯などに使う花火が打ち上げられたりするなど、静かなムードで過ごすことができます。

また、ホテルによっては(大きなホテルに限りますが)、ホテルでカウントダウンパーティを行う場合もあります。たくさんのご馳走、エンターテインメント、そして新年を迎える午前0時には、カウントダウンが始まり盛り上がります。

ホテルでのパーティは、ほぼ参加者がドレスアップをして集まります。女性はカクテルドレス、男性はタキシードもしくはスーツといった具合です(参加費は若干高め)。

その他、クラブやレストランなどでも、カウントダウンパーティは行われます。地元の人とワイワイしながらシャンペンで迎える新年も悪くないものです。但し事前に予約や確認をするのを忘れないでください。

まとめ

いかがでしたか?ちなみにシンガポールでは1/1の元旦は祝日ですが、翌日は仕事始めで通常営業に戻ります。ここは、日本とは違う点ですので、合わせて覚えておきましょう。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(5/30締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • カウントダウン
  • マリーナ・ベイ

この記事を書いた人

Coolme
Coolme

20年近く海外勤務生活。中でも東南アジア、シンガポールに長く滞在。好きなことは旅行、ヨガ、そして様々な場所に出現する猫を撮り続けること。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談