オランダと日本の治安の違い〜私がやっているオランダ生活での安全・防犯対策〜

4083

View

オランダに来て半年が経った私が、オランダ生活で日々行っている安全・防犯対策を紹介します。この記事が少しでも多くの方に、安全に楽しい海外生活や旅行ができるヒントになれば嬉しいです。

スポンサーリンク

荷物を置いたまま離席できる日本は特別

やはり、世界で日本以上に安全な国は少ないです。オランダは日本より小さな国ですが、日本より治安が良いとはいえません。私も日本に25年住んでいたので、オランダに来て日本は安全な国だと改めて思いました。

落し物が中身ごと戻ってくるのは日本くらいとも言われています。カバンを置いて離席できる国はとても珍しいです。もちろん過敏になる必要はありませんが、やはり海外での生活は日本とは違う、ということを意識していただけたらと思います。これから場面ごとに紹介します。

外出・買い物の安全対策

バッグの種類

普段は肩掛けのショルダーバッグを使っています。常に体の近くにあり、手持ちバッグに比べて引っ張られても盗られるリスクが低いです。テーブルに置くこともないので、常に意識していなくても防犯対策になります。

リュックや手持ちタイプも良いですが、、チャック付きのモノが安全です。男性だとカバンを持たない人もいますが、必ず前ポケットにお財布や鍵を入れましょう。後ろポケットだと盗られても気づかないことがあります。オランダ人の彼も前ポケットにお財布や鍵を入れています。

パスポートは首から掛けられるパスポートケースに入れています。カバンを盗られてもパスポートは守れます。必要な時以外はカバンを持たず、パスポートだけ持ち歩くようにしています。

現金について

買い物にいく時、必要な金額しか現金は持ちません。日本から持ってきた財布もありますが、普段はポーチにお金を入れています。お財布に見えにくい、カード類をたくさん入れないようにできる、そして出し入れしやすいので便利です。

オランダではバンクカードやクレジットカードでの支払いが一般的です。なるべくカードで支払うことで、現金を持ち歩く必要がなくなり、安全対策にもなります。

外出の時間帯

私はオランダに来た際、オランダ人の彼から夜は1人で歩かないでと言われました。オランダの夏は22時を過ぎても明るいため夜でも安全のように感じます。これから旅行される方や留学される方は、外が明るくても時間を確認してから外出することをお勧めします。

カフェ・レストランの安全対策

オランダだけではなくヨーロッパや他の国では、日本と違って椅子やテーブルにカバンを置いたまま、注文しに行ったり、トイレに行ったりなど離席することはありません。日本では席に戻ってもカバンはちゃんとありますが、他の国では盗まれてしまうことが多いです。

私はカバンを肩に掛けたままでいるか膝の上に置いています。ヒモは腕に通しておきます。荷物が大きい時は下に置くこともありますが、必ず足の間に置きます。隣の椅子に置く場合は、通路側には置きません。オランダではオープンカフェも多いので、テラス席に座る場合は特に気をつけます。

席を離れる時は必ずカバンを持って行ってください。もしくは同席している人に見てもらうようお願いします。夏は観光客も多く服装も薄着なので、荷物や持ち物が目立ちます。

日本ではテーブルにスマートフォンを置く人もいますが、オランダを含め海外では置かないほうがいいです。盗られる可能性があります。

スポンサーリンク

電車・観光地の安全対策

電車内もレストランと同様に荷物の意識はとても大切です。隣の席が空いている時はつい荷物を置きたくなりますが、必ず自分の膝や足の間に置いてください。混雑時は自分の前で抱えるように置きます。発車間際に電車内に入りスリをする人もいます。自分の荷物は必ず目の届く所で、常に体に触れる状態で管理しましょう。

観光地では、現地の人から見て観光客であることがすぐに分かってしまいます。目的地は事前に決めて団体行動で移動しましょう。もし単独行動をする場合は、事前に目的地を決めて、移動中ではあまり立ち止まらないようにします。美術館などつい作品に見入ってしまうことが多いので気をつけましょう。

安全・防犯対策に役立つモノ

私が実際に使用している持ち物や、安全対策に有益な情報を紹介します。

1.ショルダーバック

これは日本から持ってきました。出掛ける時はこのカバンを使っています。肩から掛けられて便利です。サイズも小さいのであまり負担になりません。

ショルダーバック

2.パスポートケース

色んなパスポートケースが売られています。かわいいキャラクターモノも良いですが、首から掛けられるパスポートケースが1つあると、人混みの移動や夕食で外出する際に便利です。

パスポートケース

3.お財布

私は日本から持ってきた財布とは別に、ポーチをお財布として使っています。現地の人の多くが長財布などを使っていますが、私としてはカード類をたくさん入れずに済むので、スーパーなどに行く時に便利です。

お財布

4.在留届の申請

留学やお仕事で長期滞在する方は、現地の日本大使館でパスポートや個人情報を登録すると、その国で緊急事態が起きた時に知らせてくれるサービスがあります。パスポートを紛失した際に問い合わせがスムーズにできます、と日本大使館の職員から教えていただきました(参考:外務省「ORRネット」)。オランダの日本大使館はデン・ハーグにあります。(参考:在オランダ日本大使館

最後に

今回はオランダでの安全・防犯対策を紹介しました。特に難しいことはないと思います。ぜひこれらの安全対策を意識して、オランダでの留学やお仕事、旅行を楽しく過ごしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3618 view
  • 「diet」が国会?同じ形でも全く違う意味!英語の同形異義語まとめ

    同形異義語とは、同じ形でも全く意味が違う単語のペアのこと。見た目は同じなのですが意味は異なり、発音は意味によって同じだったり違ったりします。ここでは、イギリス英語とアメリカ英語の違いという観点ではなく、「英語内での同形異義語」に注目して、まとめてみます。

    eplm 5759 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 3024 view
  • なぜフィンランドと台湾の2ヶ国へ留学!?ーートビタテ!留学経験者インタビュー Vol.2 前編

    トビタテ!留学JAPAN日本代表としてフィンランドと台湾に留学した大学生。日本と海外の社会における女性の立ち位置や役割の違いを比較し、これからの日本をより良くしたいと語る彼女の留学を2回に分けて紹介していきます。今回は、どうしてフィンランド?なぜ台湾?といった「Why」について紹介していきます。

    運営チーム 541 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Nahoko
Nahoko

はじめまして。現在オランダ人の彼と彼の家族とオランダに住んでいます。趣味は読書、映画鑑賞です。オランダ語と英語を学んでいます。記事を通してオランダのことを多くの方に伝えられたらと思っています。宜しくお願いします。

http://www.naho-blog.com/