シャツやコートはイタリア語で何という?衣類に関するイタリア語18選

755

View

mat's eye

ファッション大国のイタリアで洋服を購入するときなどに活用できる!アウターやトップスなど、衣類(Abbigliamentoといいます)に関するイタリア語をご紹介します。

スポンサーリンク

アウター類

コート
Wikimedia Commons

1.コート ・ジャンパー

コートやジャンパーはイタリア語で「Cappotto(カッポット)」や「Giubbotto(ジュボット)」といいます。どちらかというと真冬に着るようなしっかりとした物はCappotto、お洒落重視の、日本でいうブルゾン、ジャンパー、皮ジャン、スタジャン、薄いウインドブレーカーのようなものはGiubottoといわれることが多いです。

後者は「ジャケット」を意味する「Giacca」という名前が当てられていることもあります。また、総称して「上着」を意味する「Capospalla」という言葉が使われていることもあります。

2.ダッフルコート

ダッフルコートはイタリア語で「Montgomery(モンゴーメリ)」といいます。このタイプのコートを着ていたイギリスの元帥の名に由来する言葉です。

3.ピーコート

ピーコートは英語を使って「Pea Coat(P Coat)」と呼ばれていることもありますし、イタリア語で「海軍のジャケット」を意味する「Giacca(Cappotto) da marinaio」と呼ばれることもあります。

4.トレンチ

トレンチはイタリアでも「Trench」といいます。トレンチは胸(Petto)の前で生地を二重(Doppio)にして着るため、ダブルを意味する「Doppiopetto」という語が併記されていることもあります。ちなみに、スーツのダブルもDoppiopettoといいます。

Pettoは日常生活で割と良く見かける単語で、例えば鶏(Pollo)の胸肉は「Petto di pollo」といいます。

5.モッズコート

モッズコートはイタリアでは「Parka(パルカ)」といいます。Parkaは外来語で、元々は登山家向けの厚手のフード付きの上着全般を指す言葉だったため、ウインドブレーカーやパーカーを指すこともあります。

ウインドブレーカーは「Giacca a vento(風のジャケット・ジャンパーの意味)」ともいいます。

6.ダウン

ダウンはイタリア語で「Piumino(ピウミーノ)」といいます。日本でも人気のライトダウンは「Piumino leggero(Leggeroは"軽い"の意味)」と書かれ、売られています。

7.ブレザー

ブレザーはイタリアでも日本と一緒で「Blazer(発音はブレイザー)」といいます。

8.フリース

フリースはイタリア語で「Pile(ピーレ)」といいます。日本ではパイル地といえばタオル地を指すことが多いですが、フリースを指すのでご注意。イタリアでは日本のパイル地は「Cotone(コットンの意味)」などと書かれ売られています。

スポンサーリンク

トップス類

Tシャツ

9.Tシャツ・カットソー

Tシャツ・カットソーはイタリア語で「Maglietta(マリエッタ)」といいますが、英語で「T-shirt」と書かれていることも非常に多いです。

10.ポロシャツ

ポロシャツはイタリア語で「Maglia a polo(マッリア・ア・ポーロ)」といいます。「Maglietta polo」と言われることもあります。

11.セーター

セーターはイタリア語で「Maglione(マリオーネ)」といいます。また「Maglia」や「Maglieria」と呼ばれることもあります。

コート類の呼び方と一緒で、こちらも人によってさまざまな呼び方をするので混乱してしまいますが、どちらかというと厚手のしっかりしたセーターをMaglione、薄手のセーターやカットソーをMaglia、薄手のニット類をMaglieriaと呼ぶ人が多い印象です。

これらを総称する「Pullover(プルオーバー)」という英語を使うケースもよくみかけます。

12.カーディガン

カーディガンはイタリアでは「Cardigan(カルディガン)」といいます。

13.タートルネック・クルーネック・Vネック

タートルネックは「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」クルーネックは「Girocollo(ジッロコッロ)」Vネックは「Scollo V(スコッロ・ヴィ:スコッロはネックラインの意味です)」と、それぞれイタリア語でいいます。

14.タンクトップ

タンクトップはイタリア語で「Canottiera (カノッティエーラ)」や「Canotta(カノッタ)」といいますが、英語の「Top(トップ)」が使われることも多いです。Topという語は夏用のキャミソールやチューブトップなどにも使われています。

15.トレーナー・パーカー

トレーナーはイタリア語で「Felpa(フェルパ)」、パーカーはフード付きトレーナーの伊語訳「Felpa con cappuccio(フェルパ・コン・カップッチョ)」といいます。「Cappuccio」は頭巾のことで、飲み物のカプチーノと同じルーツを持つ言葉です。

16.ノースリーブ

ノースリーブはイタリア語で袖がないことを意味する「Senza maniche(センツァ・マーニケ)」といいます。応用編で、例えば七分袖では「Maniche tre quarti(3/4袖)」となります。

17.ベスト

ベストはイタリア語で「Panciotto(パンチオット)」ですが、フランス語の「Gilet(ジレ)」が使われることが多いです。

18.シャツ・ブラウス

シャツはイタリア語で「Camicia(カミーチャ)」ブラウスは「Camicetta(カミチェッタ)」といいます。但し両者の境界線はかなり曖昧。男性でCamicettaはまず見かけませんがが、女性の場合はブラウスでもCamiciaだったりその逆もあります。

まとめ

服の名前はメーカーによっても言い方が本当にさまざまで、英語で表記されているものも多いですが、イタリア語を覚えるだけで、体の部位等関連単語も覚えることができるので、お買い物以外のシーンにも活用できるでしょう。是非買い物で、楽しく語彙を増やしてみてください。

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)