定時に出勤してこない?カナダで働く上で感じる文化の違い6選

2597

View

スポンサーリンク

カナダの病院勤務4年目の筆者が感じる、日本とカナダの働く上で感じる文化の違いについて、実際にあった体験談なども含めてお伝えします。

スポンサーリンク

1.時間にルーズ?

カナダ人は「laid-back」な人が多いです。つまり落ちつきのある、リラックスしたという意味ですが、あまりにもリラックスしすぎた人が多いように感じます。

まず、出社時刻前に職場に来る人は、ほとんどといってもいいくらいいません。10分、15分の遅刻は日常茶飯事です。会議も時間通りには始まりません。また、私が入社してすぐオリエーテーションに参加したときのことですが、開始時刻前に来ていたのは私1人でした。主催者自体も遅刻という、なんとも悲しい現実。

カナダ社会にいると、カナダ人の時間のルーズさに呆れることが多いです。が、日本人として私は一度も遅刻がありません。日本人として誇りをもって、カナダ社会に流されないよう心がけています。

2.休みを積極的にとる

日本だと日本独特の暗黙の了解があり、有休がかなり沢山残っているのに、なかなか長い休みがとれませんよね。カナダだと、皆積極的に休みをとります。夏に1ヶ月以上休む人もいます。それを誰も悪く言う人もいませんし、マネージャー自らも長い休みをとったりします。なので、私も気兼ねなく、毎年日本に約1ヶ月間一時帰国することができます。

3.仕事中に私語が多い

カナダ人は仕事とプライベートをわけないので、仕事中でも私語が多いです。それも長々と、いつまでもしゃべります。そのため、職場の環境としては明るいイメージがありますが、日本人の私からしたら、あまりの私語の多さに、少しイライラしてしまいます。

カナダ人からしたら、日本のように黙々と仕事をする静かな環境だと働き難いようです。要するにカナダ社会では、あまりに静かな人は奇妙がられます。なので、時として会話に入ることも必要です。

スポンサーリンク

4.話が上手

カナダ人はおしゃべりが大好きだからか、話題が豊富で話がとても上手です。廊下でCEOとすれ違うことがありますが、私だったら何を話して良いか分からないし、挨拶だけして冷や冷やしながら、そのまますれ違います。

それに比べて、カナダ人は挨拶だけでなく誰に対しても、自ら積極的に話かけます。スモールトークからプライベートな話までできて、話のもっていき方が上手です。びっくりするくらい柔軟性があり、話題が豊富。そこは見習いたいものです。

5.自己主張が強い

カナダ人は何に対しても自分の意見をもっていて、主張してきます。上司に対しても屈することなく、自分の意見が正しいと思ったら怯みません。日本人の私は、会議で意見を言う時は「I think〜」といって意見を言いますが、カナダ人は「This is what we need to do.」や 「All we have to do is〜」といったような断言的意見が多いです。

注意点としては、カナダ人の強い口調に圧倒されいようにすることです。自分の意見が会社にとっても有利で、絶対に正しいと思った場合は「You might be right, but I really think we should〜」と言って自分の意見を主張しましょう。

それでも相手が喰い下がらないのであれば「 I can't go along with that.」と賛成できない意思を強気で伝えましょう。

6.定時に帰宅する

カナダ人は滅多なことがない限り、残業はしません。定時が5時であれば5時10分前から帰る支度をはじめ、5時ぴったりに帰宅します。カナダ人は、帰宅後の家族との時間をとても大切にしているので、残業をとても嫌がります。

また、自分の仕事が終わったら、例え他の人が仕事していても、さっさと帰ります。皆が皆そうではないですが、日本のように「手伝いましょうか?」という一言をかける人は少ないように思います。

まとめ

ここで挙げた例は必ずしもすべて一致するわけではないですが、筆者の経験上、実感することです。カナダで働く上で、上記にあげた文化の違いを理解し、良い点はどんどん真似していきましょう。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(12/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Satomi
Satomi

トロント在住9年目。トロントニアンの健康志向に影響され、カレッジにて栄養学を専攻。現在は病院にてDiet technicianとして働いてます。趣味は読書、洋裁、ガーデニング、バレーボール、ジムで体を動かす、ラテン音楽を聴くことです。毎日心と身体のケアを心がけ、ストレスフリーの生活を送っています。これから色々なトロントに関する情報を発信していきたいと思います。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談