海外で外国人から「日本食を作って!」と頼まれたときにできる簡単な日本食3選

4366

View

Jessica Spengler

海外に行くと、周りから「日本食作って!」と頼まれることがあります。最近は特に日本食ブームですし、お寿司、天ぷら以外にも日本食があります。「そんなことを言っても、材料が…」なんて思いますが、ここでは海外(特にヨーロッパ)でも簡単に手に入る材料で、簡単に作れる日本食をご紹介します。

スポンサーリンク

ある程度どの国でも手に入る日本食の食材

以下の食材については、現地のスーパーなどで割と簡単に手に入ります。

  • お米(デザート用、プディングライス)
  • 玉ねぎ
  • 人参
  • じゃがいも
  • 醤油
  • 白ワイン
  • 砂糖
  • 鶏肉
  • 牛肉
  • ツナ缶

お米については炊飯器がなくても大丈夫!フランスでお米を安くおいしく食べる方法でご紹介している通り、デザート用のお米、プディングライスが日本のお米に近いです。また、こちらの記事では、炊飯器がなくてもお米を炊く方法をご紹介しております。

スポンサーリンク

海外で作れる日本食

1.おにぎり

材料

  • お米
  • ツナ缶
  • マヨネーズ
  • 醤油

いたって簡単ですが、最近では日本好きな方はおにぎりを知っています。

お鍋でもお米は炊けるので、お米が炊ければおにぎりは簡単にできます。中の具はツナ缶などでしたら多くの国で販売されているようです。ツナ缶をマヨネーズと醤油でちょっと味付けして、おにぎりの具にして下さい。

2.肉じゃが

材料

  • 玉ねぎ
  • 人参
  • じゃがいも
  • 牛肉
  • 醤油
  • 砂糖
  • 白ワイン

玉ねぎ、人参、じゃがいもをサイコロ型に切ります。牛肉は、薄切り肉がないことが多いので、自分で小さく食べやすい大きさに切ります。

お鍋で軽く油をひいて材料を全て炒め、そこに材料ヒタヒタまで水を入れ、蓋をしないで、中火で煮ます。そして軽く煮え上がってきたら、砂糖、醤油、白ワインを適当にいれます。ちょうど良い牛肉がないときは肉なし肉じゃがをつくることもできます。

甘めがお好きでない方は、砂糖は少な目で。甘めがお好きな方は砂糖の量をちょっと多くしてください。その後お鍋の水分がなくなるまで煮込みます。

3.鶏肉の照り焼き

材料

  • 鶏肉
  • 醤油
  • 砂糖
  • 白ワイン

先ほどの肉じゃがと同じく、砂糖、醤油、白ワインを適当にボールに入れます。

このボールにに食べやすい大きさに切った鶏肉を入れます。ちょっともんで、時間があれば数時間冷蔵庫で放置してマリネにします。ボールを取り出し、フライパンに油をひいて、両面焼き色がつくように鶏肉を焼きます。

まとめ

如何でしょうか。意外と簡単に日本食が作れるものです。ぜひ海外に行ったら、お友達のために日本食を作ってみて下さい。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Coquelicot
Coquelicot

12歳からフランス、イギリス、イタリアに留学し、語学留学、大学留学、大学院留学、と様々な留学を経験。ロンドンの語学学校に務めた後、現在はフランスの大学院で語学学習についての博士論文を書いています。

http://ameblo.jp/vindalsace/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!