男性から女性にプレゼント!タイのバレンタインデー事情

485

View

タイにもバレンタインという習慣はあります。日本とは少し異なりますが、日本ブームの影響もあって、甘いスイーツを渡す習慣が少しずつですが定着してきております。バンコクのショッピングモール各店でもバレンタイン商戦が繰り広げられます。タイのバレンタインとはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

タイのバレンタインでは男性からクマのぬいぐるみと薔薇の花束をプレゼント

タイのバレンタイン商戦で販売されているバラの花束

日本では女性から男性へチョコレートをプレゼントするのが一般的ですが、タイでは男性から女性(または彼女)に、クマのぬいぐるみとバラの花束を渡すのが一般的です。日本でバラの花束とぬいぐるみを渡すなんでかなり勇気がいるのでは?と思うところですが、タイではこれが普通のことだそうです。

タイのバレンタイン商戦で販売されているクマのぬいぐるみ

この時期になると各ショッピングセンターはバレンタイン商戦となり、さまざまなアイテムと取りそろえたバレンタインコーナーが展開されます。最近では、日本と同じくマカロンやチョコレートも登場してきました。

タイのバレンタイン商戦で販売されているチョコレート

バンコクでバラの花が買える場所「Pak Klong Market(パーククローン花市場)」

Pak Klong Market(パーククローン花市場)
Wikimedia Commons

バンコクの街中にもたくさんの花屋さんがありますが、バンコク市内には、Pak Klong Market(パーククローン花市場)という巨大な花市場があります。ここには、タイ全土から色とりどりの花々が集まってきます。市場に入ると花の良い香りが漂ってきます。

市場ですが個人でも買うことができるので、女性のためにバラの花を買いに来るタイ人の男性が多いそうです。ちなみに、バレンタインの時期になるとバラの値段が高くなります。

Pak Klong Market(パーククローン花市場)の詳細情報

  • 住所:Chakphet Rd, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Bangkok 10200
  • 時間:24時間、年中無休
  • アクセス:MRTフアンランポーン駅からタクシーで10分〜15分。またはチャオプラヤエクスプレスでYOD PIMAN RIVER WALK下船後すぐ裏手。[/item]

スポンサーリンク

タイのバレンタインで渡してはいけないプレゼント

花とぬいぐるみだけじゃちょっと。ということで、小さなプレゼントを考えている方もいるかと思いますが、タイではバレンタインにあげてはいけないプレゼントもあります。あげる相手が日本人の女性だったり、きちんと理由を説明すれば問題ないかと思いますが、何も言わずにわたしたらタイ人は驚いてしまうかもしれません。

ハンカチ

ハンカチは涙を拭くための物である感覚があるため、誤って渡すと「悲しいことがおきますように!」という意味になってしまうのでご注意を。日本では定番商品ですがタイ人はもらっても喜びません。

ガラス製品

割れてしまったら「全てがおしまい」という意味があるため喜びません。

ブローチ

ブローチの針が痛みを与えると信じられています。

香水

香りが消えるとともにその恋も終わりを告げるという意味合いがあります。

黒い服

喪服の意味合いがあり、喜ばれません。

ホワイトデーや義理チョコの文化はない

ちなみにタイにはホワイトデーという習慣はありません。また、タイでは義理チョコの文化もありません。しかし、日本ブームが続くタイですので、もしかすると近い将来、ホワイトデーや義理チョコの文化が入ってくるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?国が変わるとバレンタインの事情も変わります。男性の皆様、この機会にバラの花とクマのぬいぐるみでアプローチしてみては?

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

すだめ
すだめ

2015年4月にタイ・バンコクに仕事のため着任しました!まさかの事情によりタイで転職活動をすることになり最近やっとあたらしい職場をみつけ落ち着いたアラサー女子です。韓国、中国、フィリピンと留学し(中国とフィリピンにおいては短期)20代の最後をなぜか まったく自分の人生プランには描かれていなかった タイ バンコクでの海外生活をスタートすることになり奮闘中です。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)