ミネラルウォーター=炭酸水?ドイツの水事情

1340

View

ドイツといえばビール!ですがドイツ人はお水もたくさん飲みます。私は水に関しても日本と文化の違いを感じました。ここではそんなドイツの水事情についてお伝えします。

スポンサーリンク

ドイツの水道水は飲める!

蛇口から水が流れる様子

旅行が好きな方は経験済みかもしれませんが、水道水が飲めない国は世界中にたくさんあります。そのような国では、ペットボトルのお水を買うのが普通です。

しかし、ドイツの水道水は飲むことができます。ひとつ日本と違うのは、日本では水道水は軟水ですが、ドイツの水道水はほとんど硬水です。硬水は軟水に比べ、カルシウムとマグネシウムが多く含まれています。

ただし、軟水に慣れている日本人には少し飲みにくいかもしれません。少し鉄っぽい味がすることも。そんな人にはスーパーなどで売られているポット型の浄水器(独:Wasserfilter)を使用すると良いでしょう。

 
Amazon.co.jp【高除去12項目で2ヵ月交換】 ポット型浄水器 BRITA(ブリタ) アルーナ XL
Amazon.co.jp【高除去12項目で2ヵ月交換】 ポット型浄水器 BRITA(ブリタ) アルーナ XL

「ミネラルウォーター」は「炭酸水」を指す

ドイツの炭酸水のペットボトル

レストランやスーパーで水が欲しいときは少し注意が必要です。日本語や英語で「ミネラルウォーター(英:mineral water)」といえば普通のお水ですよね。

しかし、ドイツで「ミネラルウォーター(独:Mineralwasser)」と言って注文すると炭酸水が出てきます。また、スーパーでペットボトルの水を買う際、ラベルに「Classic」や「Still Wasser」と、書かれているものは炭酸水になります。

レストランで普通のお水が欲しい場合、「stilles Wasser, bitte(スティレス ヴァッサー ビッタ)」と伝えましょう。

逆に炭酸入りの水が欲しいときは「Mineralwasser bitte.(ミネラスヴァッサー ビッタ)」や「Wasser mit Kohlensäure bitte.(ヴァッサー ミット クーレンザウアー ビッタ)」と、注文しましょう。

ちなみに、ドイツ人は英語が話せる人が多いので、ドイツ語はちょっと難しいという方は英語で「Water with carbonation please」や「Water with gas(bubble) please」と言えば伝わるでしょう。

スポンサーリンク

硬水はいいことづくしではない?

シャワーヘッドから水が出ている様子

硬水にはミネラルが含まれていて体に良いと言われておりますが、私は日常生活で少し困ったこともありました。

なんと、硬水でシャワーを浴び続けていたら髪がギシギシになってしまったのです。また、硬水で髪を洗うとシャンプーが泡立ちにくいこともあります。現地の人と日本人は髪質が違うので、特に女性であれば、ヘアケア用品を持ってくるのも良いかもしれません。更に、私は元から敏感肌なので、硬水で肌が荒れることもありました。

肌が弱い方は、軟水変換用のシャワーヘッドを購入することをおすすめします。日本であれば家電量販店、日本を発っているならばAmazonなどでも売っています。

 
Amazon.co.jp 海外配達OK!【ionac】イオナックシャワーヘッド本体
Amazon.co.jp 海外配達OK!【ionac】イオナックシャワーヘッド本体

まとめ

いかがでしたか?水は私たちにとって毎日必要不可欠なものですよね。その生活の基本と言える部分でも私はドイツで文化の違いを感じました。ドイツでの生活を考えているならば、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 炭酸水
  • 硬水
  • ミネラルウォーター
  • 水道水

この記事を書いた人

Mizukiny
Mizukiny

はじめまして!ドイツ在住中のみづきです!高校生の頃から海外移住を夢見て、高校卒業後は在日米軍基地内にあるアメリカの大学へ進学。去年卒業し、現在はドイツでのんびり生活しています。ドイツに関する役立つ情報をお届けします!

https://www.instagram.com/minu1221/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!