カップル同士では過ごさない?アメリカのクリスマス事情

675

View

筆者がアメリカ生活で体験した、日本とは違ったアメリカでのクリスマスの過ごしかたをご紹介します。

スポンサーリンク

カップル同士では過ごさない?

赤い服を着た家族の写真

日本では、クリスマスイヴ・クリスマスと言えば、カップル同士での一大イベントですが、アメリカでは違います。

Thanksgiving同様、家族や親戚で集まって祝うのが基本です。もちろん、大事なパートナーにプレゼントを買ったりしますが、クリスマスイヴ・クリスマスは一緒に過ごすことはありません。

25日の朝に家族みんなでプレゼントを開けて、それから恋人を家に呼んで一緒にお互いへのプレゼントをあげるのが一般的です。

もし、あなたにアメリカ人のパートナーがいる場合は、パートナーの実家に呼ばれる可能性がありますが、プレゼントは気張る必要ありません。続いて、そんなプレゼント事情をお伝えします。

アメリカのクリスマスプレゼント事情

プレゼントの箱

あげる相手との関係にもよりますが、プレゼントは本当に「気持ち」です。

例えば、そこまで近くないけれど、プレゼントをあげたいな、という場合はチョコレートやソックスなどで十分です。友達や家族、大事な相手であれば、あなたがあげたいものをあげるといいでしょう。私は去年、彼の両親からたくさんの細々したプレゼントの詰め合わせをもらいました(チョコレート、歯磨き粉、バスソルト、パウダードリンクなど)。

私が一番びっくりしたことは、プレゼントの開け方です。日本では丁寧に開けますが、アメリカではビリビリッ!と、豪快に開けます。ラッピングはまったくもって凝る必要ありません。

また、プレゼントをAmazoznなどで頼む場合があるかと思いますが、クリスマス前の配達はとても混雑し、間に合わないこともあります。なので、早め早めにプレゼントを調達するのが良いでしょう。

ThanksgivingのあとのBlack Fridayなどの時期あたりからコツコツ集め始めるのがオススメです。

スポンサーリンク

教会へ行く

教会に人が集まっている様子

クリスマスイヴに教会へ行くアメリカ人は多いようです。教会ではクリスマスに特別なプログラムが用意されております。カトリック、プロテスタントなどによって、どの教会に行くかによって多少異なるようですが、私は今年カトリックの教会へ初めて行きました。

教会ではパイプオルガンの伴奏に合わせてみんなで賛美歌を歌いました。私が行った教会の各イスには本が置いてあり、それに歌の歌詞が乗っていたので、一緒に歌うことができました。

また、牧師さんはみんな頭を剃っていますが、日本語で言うスキンヘッド(Skin head)は教会で使ってはいけないと彼が教えてくれました。スキンヘッドは、こちらでは「ナチス」のイメージと関連しているようです。

もし、どうしても牧師さんの頭について何か言いたかったら「shaved head」と言いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事がアメリカ生活でのクリスマスに役に立つと嬉しいです。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

かーちす
かーちす

アメリカ、ボストン在住4年目。エンターテインメイト関係の勉強を頑張っています。遊びに、勉強に、いろんな経験に….毎日全力投球で頑張ってます!

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)