ヨークから片道3時間!?まるで別世界の美しい景色が広がるスコットランド旅行オススメ3選

463

View

Moyan Brenn

ヨーク大学に1年間留学していた時、冬休みを利用してスコットランドとハイランド地方を訪れました。エディンバラに1泊後、ハイランド地方に3泊4日のバスツアーに参加しました。ヨークからイギリスの北部へは電車一本で行けるため、非常にアクセスがいいです。今回は、ヨークから長期休暇を利用して行けるスコットランドのお勧め旅行先を3つご紹介します。

スポンサーリンク

1. Edinburgh(エディンバラ)

スコットランドにはバグ・パイプを吹くおじさんが街中にたくさんいます。

エディンバラは、ヨークから電車で3時間ほどの場所にあります。以前、スコットランドの首都であったエディンバラは、その影響で今でも商業の中心地としてとても栄えています。

街の中心部は旧市街と新市街で構成されています。古い街でありながら、ヨークとは全く異なった雰囲気の街でとても素敵です。

旧市街はエディンバラ城など古い街の面影が残っています。迷路のように入り組んでいますが、坂や階段をうまく使うことで近道ができます。まるでハリーポッターの世界に迷い込んだような街が広がっています。

エディンバラ城

荘厳な雰囲気が漂うエディンバラ城

エディンバラ城は、イングランドとスコットランドの兵士が戦った場所であり、近寄りがたい雰囲気が漂っています。大砲も残っていて、当時の戦いの激しさが伝わってきます。

城内には、イングランド軍との戦いに関する資料も展示されています。当時のイングランドとスコットランドの王室の関係性についてなど、私が高校で習った世界史の授業では学ぶことがなかった事実を、この資料を通して知ることができました。

お城からの眺めはとてもよく、エディンバラの新市街側をのぞむことができます。自分がお城の主人になった気分に浸れてお勧めです。

エディンバラ城に関する情報
住所:Castlehill Edinburgh EH1 2NG
入場料:子ども £9.90/ 大人 £16.50
時間:4〜9月 9.30am〜6pm/ 10〜3月 9.30am〜5pm
電話:+44 131 225 9846
URL:http://www.edinburghcastle.gov.uk

The Elephant House(エレファント・ハウス)

世界中のハリーポッターのファンで賑わうエレファントカフェです。
Alf Melin

エディンバラにはハリーポッターの作者 J・K・ローリングが本を執筆した際によく利用していた「The Elephant House(エレファント・ハウス)」があります。このカフェからのエディンバラ城の眺めはとても美しく、いつも世界中のハリポタファンで賑わっています。

また、カフェの中のトイレにはローリング氏へ向けたファンからのメッセージがたくさん書かれています。今では書くスペースがほとんど残っていないほどです。

カフェのトイレにはローリング氏へ向けたファンからのメッセージであふれています。
Caitlin Bonnar

(↑トイレに書かれたファンからのメッセージ)

The Elephant House(エレファントハウス)の店舗情報
住所: 21 George IV Bridge Edinburgh EH1 1EN
時間: 月〜木 Mon 8am - 10pm/ 金 8am - 11pm/ 土 9am - 11pm/ 日 9am - 10pm
電話: +44 131 220 5355
URL: http://www.elephanthouse.biz

Calton Hill(カールトン・ヒル)

夜景の綺麗なエディンバラです。カールトンヒルから撮影しました。
Raphaël Chekroun

新市街は、流行のファッションのお店が立ち並び、ホテルもたくさんあります。街のはずれには「Calton Hill(カールトン・ヒル)」という観光名所があります。エディンバラ城を含む旧市街と新市街の両方を一度に見ることができ、エディンバラの街の時代の移り変わりを感じることができます。ここからの夜景は特に綺麗です。

2. Glencoe(グレンコー)

空・川・山のコントラストが美しいグレンコー
Maman Voyage

グレンコーは、エディンバラから更に北西に向かって5時間ほどの場所にある小さな村です。川が澄んでいて、ハイキングやトレッキングにとても適した場所です。この場所の見所は「空」「川」「山」の幻想的なコントラストです。グレンコーで見た風景は私の価値観を変えてしまうほど素敵な景色でした。

年間を通して雨や雪が多い地域のため、訪れた時に晴れていたらとてもラッキーです。私が訪れた時はあいにく雨でしたが「同じ景色は二度と見られないのだから晴れにこだわらなくていいじゃない」と思えたほど美しい場所でした。

また、近くにはウイスキーの醸造所もあり、グレンコーは日本人がスコットランドに対して抱くイメージにぴったりの場所です。

スポンサーリンク

3. Isle of Skye(スカイ島)

海岸線と山が美しいスカイ島。
asands

スカイ島は、グレンコーから更に北西に車で5時間ほど走ったところに位置します。「天空の島」と呼ばれるほど晴れた日はとても美しい島です。

島内には、小さな漁師村が点在しています。1日あれば島内を1周できるほど小さな島ですが、険しい崖や美しい海岸線を見ると、自然の壮大さを感じられます。

私は夜ごはんを地元のパブで食べたのですが、小さな村であったため地元の人との距離がとても近く、交流できました。スコットランドで話されている英語と、イングランドの英語は全く異なるので、コミュニケーションが難しかったこともありましたが、とてもいい経験になりました。

最後に

いかがでしょうか。スコットランドにはイングランドとはまた異なる魅力がたくさんあります。

私はバスツアーに参加して、今回ご紹介した各地に旅行しましたが、同じツアーの参加者たちとの交流もとても面白い経験でした。アジアやヨーロッパ、中東からのツアー参加者との出会いによって「一期一会」の意味を本当に分かった気がします。

イギリス留学で人気の都市であるロンドンからスコットランドへは電車で片道6時間ほどかかります。しかし、ヨークからであればその半分で行けてしまいます。ヨークやイギリス北部に留学中、または留学を予定している人は、ぜひスコットランド、ハイランド地方に足を運んでみてください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリスに留学するには?歴史と伝統に溢れるイギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Mari
Mari

東京出身で、大学在籍5年目です。2015年の夏から約10ヶ月イギリスのヨーク大学に留学をしていました。趣味は留学中に始めたバイオリンと手芸です。よろしくお願いします!

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!