知っておくと安心!海外でお会計をカードで支払う手順とやり方

6080

View

Luxt Design

慣れない通貨での支払いは、最初のうちは少々緊張するもの。ここでは、お店やレストランで、デビットカード、クレジットカードでの支払いについて、詳しくご説明します。

スポンサーリンク

カードの支払い端末

デビットカード、クレジットカードでの支払い時に使う端末は、「Pinpad」と呼ばれます。画面の下に数字のテンキーがついており、レストランで支払うチップの額や、カードのPIN(暗証番号)を入力するのに使います。

Pinpadの例
Verifone

スーパー、レストラン、商店など、私が住むバンクーバーのほとんどのお店は、この「Pinpad」での支払いが可能です。

海外でカードを使用すると、「Credit or debit?」と聞かれることがあります。最初は「?!」と戸惑うかもしれませんが、単純にクレジットなら「Credit」、デビットなら「Debit」と伝えれば大丈夫。日本のように「○回払」などはなく、聞かれることもありません。

カードで支払う際の手順・操作方法

スーパーで買い物した場合を想定して、具体的な手順と操作方法を説明します。

  1. 店員が商品バーコードのスキャンを終える
  2. デビットで払う場合は「On debit」、クレジットの場合は「On credit」と伝える
  3. 店員が「Pinpad」を準備
  4. 「$20.45 OK?」のように金額の確認が画面に表示されるので、「YES」を選択
  5. たまに「Do you want cash back?」と表示されるお店もある。現金化のサービス(「YES」を選択して額を入力すると、その額を現金でカードから引き出せる)。必要なければ、「NO」を選択
  6. 「Enter PIN」と表示されるので、自分のカードのPIN(暗証番号)を入力
  7. 処理中は、「Do not remove card」と表示される。決してカードを抜かないように
  8. 「Approved. Remove card」と表示されたら、カードを抜く

*レストランの場合は、上の⑤のステップで、「Add tip?」と表示されるので、ここでチップの支払いをします。たいていの場合、パーセント(%)で払うか、具体的な額(Amount)で払うかのどちらかを選択して、数字を入力します。

スポンサーリンク

タッチでの支払う機能も

カナダの金融機関が発行するカードには、「Contactless payment(タッチでの支払い)」の機能が備わっています。30ドル以下の買い物、飲食であれば、カードをマークの上にかざすだけで支払いができます。PINの入力不要で、とても便利です。

Contactless payment
GreedyRates.com

まとめ

私も初めて海外に行ったときは「Cashbackって、お金が返ってくるの??」「Debitって何??(まだデビットカードが普及していない時代でした)」と謎だらけで、支払い時に戸惑うことが多かったです。こちらの記事で、少しでも多くの人が安心して海外での支払いができる助けになれば幸いです。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(1/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)