40代でも遅くない!渡辺謙がやった英語学習法と未知への挑戦

40749

View

Eric

ハリウッド俳優の仲間入りを果たした、日本を代表する映画俳優の渡辺謙さん。今では堂々と海外でもインタビューに英語で答えてらっしゃいますが、もともと英語力はゼロだったらしいです。私は50代の半ばで、渡辺謙さんとは同年代です。同姓からみても魅力的ですし、彼の行動力には見習うべき点がたくさんあります。今でも挑戦し続ける渡辺謙さんの話と、彼が行った英語習得法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

何事も遅すぎることはない

「もうこんな歳だから」とか「今さら、英語の勉強もねぇ」とお思いの方、いらっしゃいませんか?驚くべきことに、渡辺謙さんは42歳まで英会話力はゼロだったんです。今ではニューヨークのブロードウェイでミュージカル「王様と私」の主役を演じるほどの英語力を身に付けています。

42歳の時に英語力ゼロからの挑戦

「ラストサムライ」のオーディションのオファーが来た時には、一度「無理無理!」と断ったそうです。しかし、挑戦すると覚悟を決めて、英語の勉強を開始。ほとんど英語力ゼロから40歳を過ぎての英語学習。しかも、オーディションは5ヶ月後。尋常じゃありません。英語漬けの毎日で全力投球したそうです。

渡辺謙さんが行った英語の学習法は、奈良橋陽子さんによる「ドラマメソッド(R)」です。彼女は渡辺謙さんをハリウッドに紹介したキャスティングディレクターで英語教育家です。

「ドラマメソッド」学習法とは

このやり方は、俳優である渡辺謙さんには最も適した勉強法だったと言えそうです。この「ドラマメソッド(R)」は簡単に言えば「英語劇」なのです。会話を主体にした英語の勉強法として、英語劇(ドラマ)はかなり有効だと言えます。

なぜならドラマは会話で成り立っているからです。アクターが演技力を高めるために練習している方法やイギリスを中心に行われているドラマ教育の手法を、英語教育に取り入れたものが「ドラマメソッド(R)」です。

※ドラマメソッドはモデル・ランゲージ・スタジオ(MLS)の登録商標です

具体的な練習方法

ドラマメソッド(R)は、実際の状況下をイメージし、身体を使って英語を習得します。最初は反復練習により英語の台本を暗記し、次に「Who?(誰が)」「Where?(どこで)」「When?(いつ)」「What?(何をしようといているのか)」と細かい設定をします。

たとえば、インテリ風の人物と不良学生では話し方も変わります。夜中の会話と騒がしい街中では声の調子も変わります。演者同士で細かい状況を設定し、身体を使って演技をして楽しみながら英会話を身に付けていきます。

ドラマを作る過程においても全て英語で話すことで、コミュニケーション能力の向上にも効果があるみたいです。英会話能力のみならず、豊かな表現力も同時に身に付けることを目的としています。

ドラマメソッド(R)では厳密には色々な細かいルールがあるみたいです。しかし、細かいルールは抜きにしても、ドラマの主人公になりきって声を出して、身体で表現しながらだと、テキストを棒読みで単に丸暗記するよりも、確かに英会話がすんなり身に付きそうです。

二人集まればできる英語劇

※ドラマメソッド(R)の一部を取り入れたやり方です

英語劇を通じた英語の学習は、英会話を学びたいメンバーが二人集まるだけでスタートできます。

① 気に入った洋画のDVDを借ります。
② 二人でやってみたいシーンを探します。
③ シーンが見つかれば英語字幕をノートに書き写します。いわゆる台本作りです。
④ お互いが台詞を憶えて演技開始。
⑤ 次は役を交代して演技してみる。

※長いシーンだと台詞を覚えるのが大変ですから、3分ぐらいのシーンを抜粋して台本作りした方がいいかと思います。英語初級者である場合は、子供向け海外アニメーションから始めるのがお勧めです。

スポンサーリンク

英語劇による学習法のメリット

① 一人じゃないから楽しんで学習できる。
② ドラマ設定でのトーク練習なので、実際の同じ状況下ですぐに英語が出てくる。
② 自分の台詞を覚えないと相手に迷惑をかけるので、サボれない。
③ 最後まで上手くできた時には、相手と達成感を共有できる。
④ 友達との絆が深くなる。

最初は二人で始めて、次第に参加者が増えてサークル状態になるかもしれません。

渡辺謙さんの挑戦は終わらない

渡辺謙
Eric Chan

今年、渡辺謙さんはニューヨークのブロードウェイで、ミュージカル「王様と私」で主演を演じるという新たな挑戦に挑みました。そして、なんとアメリカ演劇界最高の栄誉とされる「トニー賞」にノミネートされました。主演男優賞は逃したものの、4部門で栄冠に輝きました。

ミュージカルは映画とは違い、100ページに及ぶ英語の台本を覚え、観客に届くように表現しなければいけない。更に厄介なのがミュージカルにつきものである「歌」です。独特の「韻」を踏んで表現する歌唱法は、英語圏の役者ですら難しいと言われています。

やり直しのきかない生の演技を英語でするのは、とてつもないプレッシャーだったと思います。当初、「英語が聞き取れない」などの酷評がニューヨークタイムズ紙に掲載されたらしいのですが、最後は「客を呼べる俳優」と高い評価を得たそうです。

下記の動画は、2014年ハリウッド版の「GODZILLA」に出演した時の渡辺謙さんのインタビューです。決してネイティブな発音ではありません。しかし、40歳過ぎに英会話を始め、カメラを前にこんなに堂々と英語をしゃべるのは、誰しもができる芸当ではありません。

YouTube

私と同世代の方達へ

若い頃は、経済的な安定もなく、やみくもに働いて、今では子供も独立。「そろそろ老後の事を考えるかぁ」も正しいのですが、英会話を習得するなど新たな楽しみを見つけてみるのもいいと思います。

これからは地位や名誉の為ではなく、自分自身の精神的な充実を求めるにふさわしい時期が訪れたのではないでしょうか。機は熟した、今からだからこそ行動だと思います。

渡辺謙さんからのメッセージ

とりあえず来てみたらと思うんです。やみくもにでも。僕だって『うわぁ、これ本当に何もできないや』と55歳にして思ったからね。そういう自分の中で突きつけられるような環境を求めていかないと得られるものはないよね。そういうことをもっとトライして欲しいと思いますね

NHKクローズアップ現代(2015年6月8日放送「未知の世界へ飛び出せ~渡辺謙・55歳の挑戦~」)より

最後に

渡辺謙さんは、NHKの番組の中で「最も大切なのは世界に飛び込む勇気」だと、おっしゃってます。この記事を読んでいただいて、少しはモチベーションがアップしていただけたのであれば幸いです。

さらには、我が子を海外に送り出す親御さんもいらっしゃるかと思います。もし時間が許されるならば、子供さんと一緒に英語にトライされるのもいいかと思います。最近では親子留学も流行っているようですから。

【参考サイト】
英語勉強法・英語学習法相談室『ドラマメソッド(R)』
英語ができない人のための通信講座『素人からたったの5ヶ月で英語を習得した渡辺謙の最速英語勉強法とは?〜娘の杏さんも英語がペラペラ?〜』

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ハウツー
  • 語学
  • 英語学習
  • 親子留学
  • ミュージカル
  • 奈良橋陽子
  • ドラマメソッド(R)
  • 王様と私
  • ハリウッド
  • 俳優
  • 渡辺謙
  • トニー賞
  • NHKクローズアップ現代
  • ブロードウェイ

この記事を書いた人

ケン
ケン

日本の大学を卒業後に、フランス、イギリス、アメリカを渡り歩き、気がつけばセブで生活をしている50代半ばのオッサンです。酒とビリヤードを愛する男。セブでは、日本人よりフィリピン人のほうが友達は多いです。ちょい悪オヤジになりきれない、か弱いオヤジ。今までの経験を通して、私らしい情報発信ができれば幸いです。