ロンドンで不思議の国のアリスのティーパーティ!ユニークなアフタヌーンティー5選

2049

View

Simply Luxury Travel

不思議な国のアリスの世界に舞い込んだり、ロンドンバスに乗りながらのアフターヌーンティー、夢のような世界に浸れる素敵で個性的なアフターヌーンティーをロンドンから厳選して5つ、ご紹介します!

スポンサーリンク

1.Sanderson Hotelの「Mad Hatter's Afternoon Tea」

Mad Hatter's Afternoon Teaのアフタヌーンティー
finedining indian

あまりにも有名なこのアフタヌーンティーですが、筆者がロンドンに来た10年前には既に人気を集めていましたから、ロングランの人気者です。

ルイス・キャロル作「不思議の国のアリス」の物語に出てくる帽子屋の「The Mad Hatter」が「March Hare」のお庭で開催する「Mad Tea-Party」のシーンは大変印象的ですよね。このホテルでは、そのアリスにちなんだアフターヌーンティ、その名も「mad hatter's afternoon tea」がいただけます。

「drink me」と書かれたボトルに入った液体のデザートや、ティーパーティに出てきた時計のケーキが出たり、トランプやキノコが散りばめられた3段トレイにユニークな食器の数々。アリスの世界を十分満喫できます。

素敵なテラス席があるので、お天気がよい日には開放感たっぷり、のんびりお過ごしください。

基本情報

2.The Berkeleyの「Prêt-à-Portea」

The BerkeleyのPrêt-à-Portea
The Berkeley

こちらもかなり長期に渡り人気を誇り続けるアフタヌーンティーです。ロンドンの「プレタ・ポルテ・コレクション」をテーマに、ドレスやハンドバッグ、夏には水着などをモチーフにしたケーキやスイーツは色とりどりで食べるのがもったいない!まるでミニチュアブティックがプレートにのって運ばれてきたようです。

場所もナイツブリッジにありますから、ハロッズやハービー・ニコラスでのファッションなどのお買い物の後に、ここのアフターヌーンティで一日ファッションを満喫されてはいかがでしょうか。

時期によっては様々な他の限定アフターヌーンティーもあるので、ぜひぜひチェックしてみてください。

基本情報

3.B Bakeryの「Afternoon Tea Bus Tour」

ロンドンを走るAfternoon Tea Bus Tour
Garry Knight

ロンドンといえば、真っ赤なかわいい2階建てのバス!乗りたいな。でも観光もしたいし、アフターヌーンティーもしたいし、どうしよう。時間が足りない!そんなときにこれら3つの願いをかなえてくれるのがB Bakeryによるロンドンバスでのアフターヌーンティです。

B Bakeryはコベント・ガーデンにお店を構ているので、そちらでもアフターヌーンティを頂くことができますが、このバスツアーではアフターヌーンティーを頂きながら、ロンドンの主要な観光地、ビッグ・ベンやロンドン・アイ、ウェストミンスター、バッキンガム・パレス、ハイドパークにロイヤル・アルバート・ホール、ピカデリー・サーカスなど、多くの場所をかわいいロンドンバス(旧式のルートマスターでした)の車上から眺めることができます。

ゆっくりお茶とケーキやスコーンを楽しみながらテムズ川を越えるなんて、とても素敵ですよね。食べ切れなかった分の持ち帰り用のかわいいBOXや、車内で使ったタンブラーも持ち帰り用に用意されていました。

滞在期間が短く効率よく色々試されたい方にはぜひお勧めです!

基本情報

スポンサーリンク

4.Bea’s cake boutiqueの「Bea’s Full Afternoon Tea」

Bea's Cake Boutiqueのアフタヌーンティーセット
Bea's Cake Boutique

Bloomsburyの本店から始まり、今やロンドン内にも支店を展開するほど人気になったこのお店。ロンドンの大衆紙、TIME OUTなどでもアフターヌーン・ティー特集によく登場します。

昔ながらの伝統的な、クラシックなものをイメージされていくと戸惑われるかもしれません、ここの目玉はカップケーキなのです。そう、カップケーキ・アフターヌーンティーがこのお店ではいただけます。

好きなカップケーキをひとつ選び、その他にブラウニーやメレンゲ菓子、マシュマロなどが3段目に当たるケーキのトレイにサービスされます。

また、サンドイッチも伝統的な、日本では食パンと呼ばれるようなものを使ったティーサンドイッチの形ではなく、ブリオッシュパンを使ったりとユニークです。

筆者が訪れたセント・ポールのお店はとてもモダンな内装、食器も個性的でいつも行くような田舎や地元のティールームと比べると、凄く斬新だなと感じたのを覚えています。

今のところロンドン市内では本店のBloomsbury、セント・ポール寺院近くのSt Paulsで楽しめ、予約のお客様に限るとのことです。かわいいカップケーキをほおばりながら、一味違うアフターヌーンティもたまには面白いかもしれません!

基本情報

  • 名称:Bea’s cake boutique(Bloomsbury店)
  • 住所:44 Theobalds Road, London WC1X 8NW
  • 営業時間:【月〜金】7:30〜19:00、【土〜日】10:00〜19:00
  • 電話番号:0207 242 8330
  • 公式サイトURL:http://www.beas.london/

5.biscuiteersの「London Afternoon Tea」

biscuiteersのアフタヌーンティーセット
@BiscuiteersLtd

イギリスといえばシュガー・クラフト。イギリス発祥であるアイシングでビスケットやケーキなどをかわいくデコレーションするこの技術、日本からもイギリスに学びに来られる方も多いとの事です。

映画のロケ地になったり、マーケットなどでも有名なノッティングヒルに、そのシュガークラフトが美しい夢のようなビスケットが店内にぎっしり溢れるお店があります。

お店の外観もまるでおとぎ話に出てくるように可愛らしく、もう絶対に素通りはできません。中に入ると更に心を奪われるディスプレイに商品の数々。ヘンゼルとグレーテルの御菓子の家の世界が広がります。

そのお店のカフェでいただけるのが、その素敵なビスケットがサービスされるLondon Afternoon Tea。可愛らしくアイシングされたビスケットの数々に、ユニオンジャックをモチーフにしたケーキやマカロンたち。もちろんスコーンにティーサンドイッチもついてきます。

優雅にホテルで豪華な雰囲気を楽しみたいというよりは、地元の方やイギリスに住むローカルの人々に混じり「可愛い!」と声を上げながら気軽に楽しむ、これも素敵なカフェやティールームでのアフターヌーンティーの醍醐味なのです。

カップケーキやチョコレートなどもあり、またプレゼント用にはパーソナルメッセージを入れてくれるサービスがある商品もありますので、ぜひお土産にもいかがですか。

余談ですが、オンライン販売もされています。海外発送も商品によっては可能なようですよ。

基本情報

  • 名称:Biscuiteers(Northcote Road店)
  • 住所:13 Northcote Rd, London SW11 1NG
  • 営業時間:【月〜土】10:00〜18:00、【日】10:00〜17:00
  • 電話番号:0207 924 5488
  • 公式サイトURL:https://www.biscuiteers.com/

まとめ

いかがでしたか?これからもロンドンの素敵なお店や場所をたくさんご紹介していきますね。皆様がロンドンで素敵なときをすごされるお手伝いができたらうれしく思います!

関連記事

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • アフタヌーンティ
  • 不思議の国のアリス
  • おすすめ

この記事を書いた人

モモグラモ
モモグラモ

イギリスのロンドンはウィンブルドンに住んで9年目です。元ハリーポッターに出演していた夫(南アとオランダのダブル国籍です)と二人暮らしです。私がいっぱい涙が出るくらい恥ずかしい思いをしつつ経験してきた生活の知恵、英語の言い回し、イギリスの穴場やこぼれ話をお届けできたら嬉しいです。またBAFTAの試写会でのセレブリティーの写真もご紹介できたらと思います。