世界一物価の高いシンガポールでお得に過ごす3つの方法

968

View

シンガポールといえば「安全で綺麗で国際色豊か」という高い評価ですが、同時に「物価の高さ」も有名です。しかし工夫次第ではシンガポールでもお得に過ごすことが可能です。

スポンサーリンク

1.交通機関をお得に使おう

シンガポールの地下鉄構内

なんでも高い!と思われがちなシンガポールですが、バスや電車などの公共の交通機関は比較的割安です。「EZ-LINK」と言われるプリペイドカードを使ってどんどん利用しましょう。ちなみに、EZ-LINKは「シンガポールの交通機関を活用するために知っておきたい3つのコツ」でご紹介の通り、普通にチケットを購入するより割安になります。

そして、これはシンガポールならではなのですが、バスと電車を連続して使用すると後者の費用がとても安価になります。その理由は現時点ではどちらも国営、つまり同じ会社が運用しているので「乗り換え扱い」になるからです。乗り換えの際はEZ-LINKを使ってスムーズに行いましょう。

また、比較的郊外のショッピングモールなどは無料シャトルバスが運営されている場合が多いです。シャトルバスはモールを利用するために出かける人なら誰でも使用することができます。どんどん利用しましょう。

2.シンガポール国民の台所「ホーカーセンター」を使いこなそう

シンガポールのホーカーセンター

シンガポールでレストランに入ると税金、サービス料も含めて17%以上追加で取られることも少なくありません。そしてアルコール類もとても高額です。そこで、シンガポール国民の台所と言われる「ホーカーセンター」を活用しましょう。

ホーカーセンターとは?

ホーカーセンター(英語: Hawker centre, 中国語: 小販中心,熟食中心)は香港やマレーシア、シンガポール、リアウ諸島州などで、廉価な飲食店の屋台や店舗を集めた屋外複合施設である。典型的なホーカーセンターは公共住宅やバスターミナル、鉄道駅の近くなど人が多く集まる場所に設けられている。

Wikipedia

「ホーカー」は「Hawker(露天商、屋台)」のことです。かつてシンガポールにはさまざまな場所に屋台がありましたが、管理されていなかったので衛生面などに多大な問題がありました。観光業を国の主産業としたいシンガポール政府は衛生面を考慮し、現在のホーカーセンターを作ったといわれています。

このホーカーセンターは大小問わずシンガポール国内にいたるところにあり安価で食事をすることができます。ホーカーセンターでの料理は、中華系、マレー系、インド系が主流。コーヒーやフルーツ、デザートのお店もあり、選択肢も色々。そして飲み物の持ち込みや持ち帰りも簡単にできます。

スポンサーリンク

3.情報をチェックして無料イベントを活用しよう

シンガポールの夜のモール

シンガポールは多くの公園、博物館、美術館がありますが、外国人はチケットが割高になります。しかし、こちらもウェブサイトなどをよくチェックすると無料で入場のチャンスがあります。

たとえば、シンガポールアートミュージアムは金曜日の午後6時から9時までは入場が無料になります。
シンガポールアートミュージアムの詳細

フリーで映画の屋外上映を行なっている会社「MOVIE MOB」のサイトをチェックすれば、映画を屋外で気持ちの良い風に吹かれながら見ることもできます。

ボタニックガーデンやガーデンバイザベイなどの公園では、フリーコンサートやダンスイベントなどが数多く行われています。このような施設は公共の交流の場の役割も担っているので、無料で楽しめるエリアも数多くあり、多くの人がそれぞれのスタイルで楽しんでいます。

シンガポール交響楽団(Singapore Symphony Orchestra)や、ナショナルギャラリーのウェブサイトなどには休日の無料イベントのお知らせが満載です。

終わりに

シンガポールはとても物価が高い国と言われていますし、家賃やレストランなどは本当に高いです。しかし、工夫次第でお得に生活することもできます。ぜひ、お得情報をゲットしてシンガポール生活をお得に楽しみましょう。

関連記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ホーカーセンター
  • 物価
  • お得

この記事を書いた人

Seina Morisako
Seina Morisako

アジアの現代アートと伝統芸能をこよなく愛すシンガポール在住のブロガー。海外子育て中故「子連れ旅」、「教育 in 外国」等少し変わった視点で日々色々なトピックを追いかけています。

http://blog.livedoor.jp/orinchan55/