英語とフランス語の二ヶ国語が公用語のカナダにおける両言語の扱い

1191

View

カナダは英語とフランス語の二ヶ国語が公用語となっておりますが、その扱いとは一体、どのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

カナダは英語とフランス語の二ヶ国語語が公用語

カナダでは英語とフランス語の二ヶ国語が正式に公用語として定められています。

日本ではもちろん日本語のみですが、海外では他にも二ヶ国語、もしくはそれ以上の複数の言語が公用語とされている国も存在します。しかし建前上とか、公式な発表などではこの言語が用いられる、といったこともあり、なかなか難しい問題が生じているようです。

カナダではフランス語圏は、ケベック州のみで、他の州では基本は英語です。にも関わらず、英語とフランス語が対等に扱われおり、徹底されています。

スポンサーリンク

どこに行っても英語とフランス語が見られる

例えば、公共放送局でも同じ番組を双方の言語で流すといった配慮がされていたり、ケベック州はもちろん、そのほかのすべての州でも役所には必ずフランス語が話せる人が勤務していたりして、両方の言語で対応できる体制が整っております。

選挙前に候補者たちの演説がテレビで流れますが、彼らはあえて自ら英語とフランス語交互に用いて話したり、巧みに二ヶ国語を操っている姿が印象的でした。

カナダに住んでいる人は、政府から届くお知らせや郵便物などにおいて、英語かフランス語かの言語を選択できるようになっています。

街のいたるところの看板も、英語とフランス語の二ヶ国語表記になっています。またスーパーなどに買い物に行くと食品や飲料のパッケージもすべて英語とフランス語の二ヶ国語表記になっています。

必要に迫られてでは合ったとはいえ、その実現が表面上だったり、不完全な形でなされているのではなくカナダのその現在の完全なる徹底振りには非常に驚かされます。

まとめ

フランス語と英語のアナウンス、表記が日常に完全に溶け込み、それが当たり前になっているこのカナダ。そうした歴史的、文化的な角度からカナダを見てみるとまた違ったカナダの魅力に気づくことができます。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

春野真理
春野真理

Haruこと春野真理です。普段は、外国人向けには日本語を、逆に、日本人向けには英会話を教えたり、発達障害児や不登校児の学習支援サポートをしています。日本語と英語のどちらもこよなく愛するがゆえに、日本人特有の英語の間違えや日本とカナダとの違いなど日々面白くご紹介できればと思っています♪

https://www.facebook.com/mari.haruno