フランス・パリでアルバイトをするには?気になるパリのアルバイト事情

1018

View

学生ビザやワーキングホリデービザで渡航したからには、一度は働いてみたいと思いますよね。働くメリットはお給料だけでなく、たくさんの人と出会えること、語学の発達が望めることなどいろいろあります。それでは、私のパリでのアルバイト経験をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

フランスの日本人向け掲示板で仕事を探そう

渡航前に現地での部屋を探すため、大変重宝したのがネットの日系掲示板です。部屋だけでなく、物品の売買や仲間の募集も可能ですが、アルバイトを探すのにもとても便利です。私も募集記事を出していた日本食レストランに履歴書を添付したメールを送信し、面接に呼ばれ採用が無事決まりました。

仕事に応募するのは現地で、履歴書(もしくは職歴書)は日本で用意しておくと大変スムーズです。私は事前に日本語・英語・フランス語版をMicrosoft Wordで作成していきました。ネットで検索すればいくつかテンプレートが見つかるので、さほど難しい作業ではありません。

フランスの日本人向け掲示板

就職後は労働管理局へ

労働許可申請書の写真です

仕事に就いたら労働管理局にて、一時労働許可証をもらいます。私の場合は、職場が用意してくれた雇用証明書の原本をパスポートとワーキングホリデービザのコピー、それと一緒に自分の住所を書いた封筒を添えて、労働管理局の営業時間内に持参し、数日後に許可証が郵送されてきました。ちなみに、仕事を辞めた時には特に申請する必要はありません。

スポンサーリンク

フランスのアルバイト事情

ピザ屋で働いている人たちの写真です

日本ほど「お客様は神様」という感覚がないので、必要以上のサービスを要求されることもなく、日本での接客業よりは楽でした。お客さんとジョークのやりとりをしたり、常連さんと「元気?最近どう?」なんて会話をしていると、自分もコミュニティーの一部としてフランスにいるんだなぁと実感できます。日本の食べ物について聞かれることも多いので、そういった知識と最低限説明できる語学力があるとなおいいと思います。

また、時給に加えてチップ制度があるので、その日働いていたメンバーで山分け、1日だいたい1〜2ユーロほどのチップがもらえます。バイト後に仲間とチップで飲みにいくのも楽しみの1つでしたね。

日本とフランスの労働観の違い

私は日系レストランで働いていて、同僚も上司もほぼ全員日本人だったのでさほど両国の違いを感じることはありませんでした。ただ、数名のフランス人の終業後の帰宅の早さはさすがと思います。サービス残業なんて言葉が存在しないのも頷けます。

パリのような大都市だと、日本食レストランがたくさんあるので、職種さえ選ばなければ簡単に仕事は見つかります。また、日本人と一緒に働くとはいえお客さんはフランス人が多いので、語学もそれなりに上達しますし、なにより賄いで日本料理が食べれるのが素晴らしいと思います。

まとめ

ワーホリはもちろん、せっかく現地にいるからには留学先でもアルバイトを経験することをお勧めします。きっと、学校とは違う世界観を見ることができ、よりフランスの良さを感じることができるはずです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

クッキー
クッキー

日本でグラフィックデザイナーとして働いた後、ワーキングホリデービザで芸術大国フランスへ。パリで数ヶ月バイトをして貯めた資金で旅行三昧、現在は念願のリヨンで暮らしています。

http://freu.megabus.com/default.aspx