「どのぐらいの重量あげるの?」は英語で?ジムで使う英語フレーズ5選

3753

View

留学先で体を鍛えたい気持ちはありませんか?ここでは、外国のジムでよく使う英語のフレーズを紹介します。

スポンサーリンク

1.ウェイトの補助お願いしてもいいですか?

Hey can you spot me?

外国のジムに行くと体がデカい人ばかりです。意外とジムでは優しい人が多いので、補助をお願いすればすぐに手伝ってくれます。どんどんジムで声をかけてみてください。

Spot me
⇒ 重たい重量の補助

2.どのぐらいの重量をあげる?

How much you lift?

このフレーズは自分から使う場合も、相手から言われる場合もあります。ジムではよく使うフレーズなので覚えてください。

3.あと何セット残っている?終わったら使っていい?

How many sets do you have left? Can I use it after you?

みんなトレーニングをするので、大学のジムはいつも混んでいます。使いたい器具があれば、使っている人に何セットあるかしっかり聞いてください。そうしないと、いつまでたっても器具を使うことができません。

スポンサーリンク

4.一緒に混じって同じ器具使ってもいい?

Can I work in with you?

他の人が使用中器具を一緒使わせてもらう事ができます。こうすることで待ち時間が減り、一緒にトレーニングしてる人と会話ができるので友達になれます。

Work in
⇒ 混じって他の人とトレーニングする事

5.このジムはいつも何時頃が混んでいますか?

When is rush hour for this gym?

大学のジムでは一番混んでいる時間帯は避けたほうがいいです。混んでいる時間に行くと、器具を使うのに待ち時間が長くなってしまいます。ジムには混んでる時間帯があるので、スタッフに聞いてから行ってください。

Rush hour
⇒ 人ごみのピーク

最後に

ここで紹介したフレーズは毎回ジムで使うので、行く際は覚えておいてください。ジムでトレーニングしている人は感じがいいので、どんどん喋って仲良く筋トレしましょう。

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

tfhawks
tfhawks

横浜出身。アメリカで育ち、現在はブリティッシュコロンビア大学に通っています。スポーツが大好きです。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)