「めんどくさい」を表現する英語フレーズ4選

4163

View

留学で友達の誘いを断りたい時に、「面倒くさい」をよく使います。英語でもいくつか同じようなフレーズがあるので紹介します。

スポンサーリンク

1.Sorry I’m not feeling it today

「Sorry I’m not feeling it today」は「今日はやる気が出ない」の意味です。予定をキャンセルする時にも使えます。

会話例
Do you want to play basketball today?(今日バスケする?)
Sorry I’m not really feeling it today. Next time let me know.(今日はやる気が出ない。次やる時連絡して。)

2.I feel like staying in today

「I feel like staying in today」は「今日は、家で過ごしたい」の意味です。何もやる気がでないので家でゴロゴロしたいと、相手に伝えてます。

会話例
Do you want to go out tonight?(今晩遊ぶ?)
Sorry I feel like staying in today. Have fun though.(今日は家で過ごしたい。楽しんできて。)

スポンサーリンク

3.I’ve been busy all day. Sorry I’m too tired.

「I’ve been busy all day. Sorry I’m too tired.」は「今日一日中忙しかったので、ごめん疲れた。」の意味です。疲れて面倒くさくなった時に使ってください。

会話例
Do you want to go eat after class?(授業終わった後ご飯食べに行く?)
I’ve been busy all day. Sorry I’m too tired to go eat out.(一日中忙しかった。ごめん疲れて外食いけない。)

4.I’m lazy today, there’s no way I will make it.

「I’m lazy today, there’s no way I will make it.」は「面倒くさいから絶対行けない。」の意味です。「lazy」は面倒くさいの意味です。たくさん使うので必ず覚えてください。

会話例
Are you coming to today’s soccer game?(今日のサッカーの試合行く?)
I’m lazy today, there’s no way I will make it.(面倒くさい、絶対行けない。)

最後に

留学先で、言い訳する時によく使うフレーズです。大学では、あまり「面倒くさい」を多く使うと二度と誘われないので注意してください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3036 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4243 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1229 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1679 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

tfhawks
tfhawks

横浜出身。アメリカで育ち、現在はブリティッシュコロンビア大学に通っています。スポーツが大好きです。